カレンダー

カテゴリー

最新のエントリー

 

アーカイブ

2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

検索

LKM512
メイトー
協同乳業研究所

02/05
書籍がでました!(腸内微生物叢最前線) (続編:綺麗な図)

昨日紹介した「腸内微生物叢最前線 ~健康・疾病の制御システムを理解する~」
の図についての余談を少し書く。

昨日紹介した通り、執筆にあたり綺麗な図が要求された。
そこで私は3つの図を作成したが、図2として載せている以下の図は、週末返上で2日間パソコン前に座って作成した力作である。

20210205.JPG
(著作権等の問題があるので、本ブログでは敢えてはっきり読めないように載せている。悪しからず)

この図は、編集部から「非常に美しく仕上がっているので、編集部としては改変・編集を一切入れずに掲載させて頂きたい」といわれた(自慢)。

「ポリアミンの動脈硬化予防機構」とした本図は、何年間も私のウンコ色の脳内にしか存在せず、何かあるごとにアップデートし続けていた複雑なメカニズム(一部推測を含む)を具現化したものである。

ポリアミン(polyamine)を生体に供給すれば、なぜ、動脈硬化が予防できるのか?
主として、以下の4つを図で解説している。
1.血管内皮細胞と血管平滑筋細胞内でポリアミンによりオートファジーという現象が促進され、それら細胞の健常性が維持できる。特に血管内皮細胞が健常であることは血管柔軟性の維持に繋がる。
2.悪玉コレステロールが血管組織内侵入すると、それを退治するために免疫細胞が血管組織内に入ってくる。これが動脈硬化のスタートであるが、ポリアミンは免疫細胞が血管組織内に入るための接着因子の発現を抑える。血管内を流れている免疫細胞が血管組織内に入るには、一旦、血管壁にくっつかねばならないが、くっつくための手を出さないようにするのである。
3.抑え切れず血管組織内に免疫細胞が入ってきた場合、多量に存在する悪玉コレステロールと戦うためにさらに仲間を呼び寄せる(伝令物質を作る)が、ポリアミンはその作用を抑える。(際限なく侵入してくる悪玉コレステロールとそれを退治する免疫細胞との終わりなき戦いは、悪玉コレステロールを細胞内に溜め込んだ多量の免疫細胞の死骸を量産し、それがプラーク(塊)となり、その結果、血管内腔が狭く、且つ血管壁が硬くなる。まさにこれがアテローム性動脈硬化である。)
4.プラークが形成された場所が破裂すると、その部位に血小板が集まり、それが固まり血栓となる。ポリアミンはここでも活躍し、この血小板の凝集を抑える作用がある。

つまり、ポリアミンは、一つの作用ではなく、二段、三段、四段構えで動脈硬化を予防するのである(一部、証明されておらず確認中の箇所がある)。

ふ~っ 図の自慢をするだけのつもりが、少々熱く書いてしまった。
ご参考まで。

02/04
書籍がでました!(腸内微生物叢最前線)

腸内微生物叢最前線
~健康・疾病の制御システムを理解する~
内藤祐二編集
診断と治療社

が、先日(2021年1月10日)に発行された。

私は、
各論V 心・腎・血管系疾患と腸内微生物叢の関連
の箇所で、
「腸内微生物叢の代謝産物と動脈硬化」
というタイトルで執筆した。

腸内細菌が作る物質(代謝産物)と動脈硬化に関する最新知見、その中でも近年注目されているポリアミン(polyamine)の作用を解説し、それを利用してどのように予防するのかを紹介した。

他の先生方も最新知見を惜しみなく紹介されている。
罹患者の多い一通りの疾病と腸内細菌の関連性について、専門家が初学者向けにやさしい表現で解説している。そして、全ての項目で、カラーの分かりやすい図が掲載されており、理解が深まる。何しろ、わかりやすい図を用いての解説は編集部の強い意向であったため、全編を通して綺麗な図が並んでいる。

本体価格5000円。
この分野は日進月歩につき、最新知見は常にアップデートせねばならない。
この価格で最新知見が一通り得られる一冊、お薦めです!
自身が絡んでいなくても、おそらく見つけ次第購入したであろう逸品である。
20210204.JPG

01/21
寒いんです

年末年始は帰郷も自粛し、1月4日から黙々と働いている。
研究所の外部での仕事の機会が激減し約1年、開き直って、集中が必要な仕事ができるチャンスと捉え、研究業(実験すること、執筆すること、調べること)に励んでいる。
個人的には、かなり仕事がはかどっていると満足している。

そのような年始に困ったことが発生している。
年明け初日から、エアコンの調子が非常に悪い。
たちが悪いのは、完全に壊れているのではなく、寒い時間帯にエラーが出て働かないという点である。室外機が寒さに負けて働かないようだ。「準備中」と表示される。寒い朝は、室内の温度計は6℃を示していた。
しかし、11:30頃~15:00頃、おそらく外気が10℃近くに上昇している間はよく働く。
それでは困る。
電気ヒーター等で対処しているが、頻繁にブレーカーが落ちて、我々を満たすパワーでの使用はできない。暖かいというレベルにはなかなか到達しない。
しかも、修理が1月末までできないと・・・。

とにかく寒い。

おかげで足の指先は、しもやけになった。
ここでも開き直って、久しぶりのしもやけの痛痒さを楽しんでいる。

今年もよろしくお願い致します!

12/28
タンブラーを試す

島津製作所さんに記念タンブラーを頂きました!

20201228.JPG
質量分析計(MS: Mass Spectrometer) 50周年だそうです。
すごい!

質量分析計とは名前の通り、物質の質量を測定する装置です。
試料中の分子をイオン化して質量を測定するのですが、とても頭が良い方が開発された分析機器ですから、簡単には原理を説明できません。私はこの質量分析計を使ってウンコ等を詳細に分析しているユーザーという立場にすぎません。

タンブラーを頂いたものの、そもそも私は、アルコールが入っていない飲み物にはあまりこだわりが無く、喉が渇いた時に身体が求める量の水やお茶を水分として摂取するだけです。
当然、コーヒーや紅茶を楽しむ習慣はなく、また、体が欲することもほとんどなく、タンブラーに温かい飲み物を入れて飲むという行為自体をやったことがありません。
また、水やお茶も水分として摂取するだけですから、温度帯は気にしておりません。
一方で、アルコールが入った飲み物は、温度帯は極めて重要と思っておりますが...。

こんな私ですが、折角タンブラーを頂いたので紅茶やコーヒーを入れて飲み始めました!
長時間、飲み物が温かいのは想定以上に良いですね!
コーヒーを飲むと、気分転換になり、本当に眠くならない!
デスクで万が一コップが倒れても、蓋があるので被害が最小限に抑えられそうです。

唯一の問題点は、使い慣れていないので、蓋側にある小さな飲み口から熱い飲み物を飲むたびに勢いよく流れ込み、口腔内の上側の上前歯の少し奥側(英語のLの発音をする時に舌先があたるエリア:歯科用語では「硬口蓋」という場所)を火傷しまくることです。
最近は無理をせず、蓋を外して飲んでおります。

10/08
書籍が出ました(ヒトマイクロバイオーム Vol. 2)

ヒトマイクロバイオーム Vol. 2
~解析技術の進展とデータ駆動型・ターゲット機能型研究最前線~
が㈱エヌ・ティー・エスから出版されました。

服部正平先生の監修で、国内の腸内細菌の研究をリードされている先生方が執筆され、624ページにもおよぶ一冊になっています。
腸内細菌について、基礎から応用まで、幅広く日本語で網羅的に勉強されたい方は、これがベストな書籍と思われます。

20201008.JPG

4年前に発刊された『ヒトマイクロバイオーム研究最前線』から大幅にアップデートされております。

私も
第6編 応用研究:食品とマイクロバイオームの第3章「健康寿命延伸を目指した腸内マイクロバイオームの代謝制御によるポリアミン産生食品の開発」
を執筆させてもらいました。

価格が49,000円(税抜)とやたらと高いのですが、研究室に一冊置いておくには丁度と思われます。

私は付箋を挟みながらじっくり読むために個人所有したかったので、執筆料と相殺で購入したいと伝えたら、執筆料では全然足りず、数万円の追加請求がありました(苦笑)
誰にも貸したらへんで~

08/31
新規プロジェクトに参画します!

面白いお話を頂きまして、当社も参画することになりました。

『高齢者の健康づくり等をテーマにした地域コホート研究』
山口県、山口市、山口大学、㈱島津製作所、花王㈱との6者連携で行います。

詳細はココ→https://www.meito.co.jp/news/20200819.html

今は、あらゆる場面で「健康寿命の延伸/伸長」という言葉が使われますが、私が健康寿命をターゲットに研究をやり出した時(2008年-2009年)は、「なにそれ? 漠然とし過ぎている。何がしたいかわからないし、うまくいくわけがない」とバカにされたものです。
確かに、研究としては、何を調べたらよいのかすらわからず、手探りの環境でした。
本気で寿命を伸ばそうと大量にマウスを飼育し始めた時は、周囲は「こいつ、頭がいかれている」と思ったことでしょう。

それでも、細胞を元気にする物質としてポリアミンに賭けて、
「腸内細菌にポリアミンを作らせる!」
「マウスの寿命を伸ばしてやろう! 記憶力を良くしてやろう!」
と実験を繰り返し、論文を積み重ねていけば、こういう企業間の壁を越えた、産官学の大きなプロジェクトに声を掛けてもらえるようになるのですね~

一連の研究で開発したヨーグルトも使ってデータ取りを行います。

将来、面白い報告ができるよう、そして山口県の皆様の健康寿命延伸に少しでも貢献でき、声を掛けて下さった方に恩返しできるよう、全力で協力するつもりです。

08/28
7週間ぶりです

1ヶ月以上、なんと7週間、本ブログの更新をさぼってやりました。
史上初ですね。

更新が途絶え、重病説、会社辞めた説でも起これば面白いと思っていましたが、
そんな話をすると、
「時々Twitterで呟いているので、心配してくれるようなレベルのファンが仮にいたとしても、そんなこと思わないでしょう」
といわれました。

たしかに・・・

07/09
想定外のコロナ禍の影響

7月6日月曜日 午前8時半頃、なんと5ヶ月と11日ぶりに電車に乗った。

コロナ禍で全てのシンポジウムや学会が中止になり、
打合わせはWeb会議で行われるようになり、
飲み会もなくなり、
私は、1月26日の春日野部屋の千秋楽祝賀会以来、2月、3月、4月、5月、6月と、丸5ヶ月と11日、公共交通機関を仕事でもプライベートでも全く使用していなかった。

久しぶりに電車に乗っての仕事であった。
ニュース等で聞いてはいたが、電車内の人の多さには驚かされた。
現在の日本では、経済活動と感染予防の両立は不可能であることを痛感した。
それに、この状況で感染拡大しないわけがないとも・・・。

しかし、それ以上に驚いたのは、私の踵の衰えである。
正確には、踵の最後尾、足底から3cm程上部の骨が少し出っ張った部位の皮の軟弱化である。
久しぶりに履いた革靴での徒歩、僅か数分間で靴擦れになってしもうたわけである。

私の踵は少々特殊で、後方への出っ張りが大きい。
入社して数年間は、たまの外出で革靴を履く度に靴擦れに陥った。
しかし、革靴を履く頻度が徐々に増え、それを繰り返すことで皮は硬く厚く強靭に変化していった。
その強靭さは驚くべきレベルで、全ての靴下は爪先ではなくピンポイントでこの部位から穴が開き、普段履くカジュアルな靴、運動用シューズ、そして畑用の分厚い長靴までもが、この部位と擦れる箇所から繊維が崩壊しダメになる。
その強靭だった部位が、徒歩僅か3分で痛みを感じ、徒歩10分で激痛に、目的地に着いた時には水ぶくれができていた。

ショックである。
そして、次に革靴を履く時はどうすべきか悩んでいる。

06/10
ポリアミンヨーグルトの配給!

研究所・技術開発グループの冷蔵庫の中はこんな状態である!

20200610.JPG

ポリアミン、ポリアミン、ポリアミン・・・
なかなか壮観な眺めである。

従業員の健康維持のため、会社から全従業員に1日1個のヨーグルトが提供されている。
約1週間分がまとめて配布されるので、冷蔵庫はこんな状態になる。
ちなみに上段に僅かに残っているのは、かぼちゃプリンの試作品である。

もし新型コロナウィルスに感染した場合、免疫力を維持して戦える身体を作っておこうという狙いで提供されている。


コロナ禍の外出自粛による運動不足で太ってしまった方は多数いると思うが、
肥満化は動脈硬化症リスクを確実に上昇させている。
予防のためには、動脈硬化症の第一ステップである血管内皮機能の低下(血管のしなやかさの低下)を抑える、あるいは回復させることが重要だが、
腸内で産生されるポリアミンには血管内皮機能を上昇させる(血管のしなやかさを回復させる)効果がある。
つまり、外出自粛の運動不足による健康悪化の予防にも有用なのである。

ヒト試験の解説⇒ https://www.lkm512.com/contents/20190612.pdf
この研究論文⇒ https://www.mdpi.com/2072-6643/11/5/1188

ちなみに、5月中旬には、休日などプライベート活動時に装着するマスクも50枚ずつ全従業員に対して配布された。

ありがたいことである。

05/29
書籍が発刊されました(医薬品開発におけるオミクス解析技術)

分担執筆した書籍が発行されました。
コロナ禍で混乱していた3月最終週の発刊でしたが忘れていました。

書籍名:医薬品開発におけるオミクス解析技術 ~ゲノム・トランスクリプトーム・プロテオーム・メタボローム~ 
出版:情報機構
価格:45,000円+税 

驚異的な値段・・・ 
とはいえ、出版社は、この価格でも購入する限られた専門家、大学や企業の研究機関のみをターゲットにしており、ビジネスとして成り立つのでしょう。

20200529.JPG

メタボローム解析の章の「腸内環境研究へのメタボロミクスの応用」の箇所を担当しました。
何度か説明しておりますが、メタボロームとは「代謝産物の集合体;全代謝物」という意味です
実験手法テキストのような本を作るので、私のウンコ中の代謝産物のメタボローム解析を中心に紹介して欲しい、と頼まれて執筆したものです。
ここに紹介した、考え抜いて構築したウンコ解析法は、「正しいとわかっていても真似できない」と言われることが多いですが、できる・できないは、ウンコデータに賭ける執念の違いだけだと思います。

もちろん、メイトーの機能性ヨーグルトは、このこだわりのウンコ解析データを最大限利用して研究開発したものです。

他の先生方が担当された内容も含む本書籍パンフレットはこれです。
https://www.johokiko.co.jp/publishing/BA200301.pdf

医薬品分野というタイトルですが、食品関係の研究者の方も、実際に糞便メタボローム解析を検討中の方、やってみたがまともなデータが得られなかったという方に参考にしてもらえれば嬉しいです。

           
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109