カレンダー

カテゴリー

最新のエントリー

 

アーカイブ

2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

検索

LKM512
メイトー
協同乳業研究所

05/31
「わきが」のはなし 3

ブログ400回記念 スペシャルゲスト企画
出来尾 格 先生(英国健康保護局感染症センター 訪問研究員・島根大学医学部皮膚科講師)
さて今回は、わきがの化学の話をします。

アポクリン汗より皮膚常在菌が作るにおい物質の多くは、プロピオン酸や酪酸などの無害な酸で、
これらは酸っぱい系のにおいです。
不快度は高くありません。

しかし、わきがの人の場合は、
皮膚の常在菌の構成が変化しており(特にコリネバクテリムという菌が多い)、他の物質が作られます。
わきがのにおい物質は、「タマネギやキッチンのにおい」と言われる3-メチル-3-スルファヘキサノールや、「チーズのようなにおい」と表現されるメタンチオールといった揮発性の物質です。
「タマネギやキッチンのにおい」や、「チーズのようなにおい」がする人が身の周りにいらっしゃいますか? 
あまりいないとは思いますが、もしいらっしゃったら、わきがかもしれませんね。

ところで、体臭とは異なりますが、
ヒトの脇の下と外陰部から出るアポクリン汗には、異性を惹きつける「フェロモン」が含まれていると古くからいわれています。
そのため汗からヒトのフェロモンを見つけ、香水として商品化しようという研究が行われています。
今のところ、さまざまな候補はあるのですが、フェロモンと断定された物質はありません。
しかし、その候補のいくつかは性ホルモンの親戚(構造が似ている)で、
なんと、脇の下に棲む菌が、アポクリン汗にわずかに含まれている性ホルモンから作っているといわれています。
脇の下のにおいは皮膚常在菌が作ることを述べてきましたが、フェロモンも菌が作っているなんて素敵だと思います。

400回記念のわきがシリーズ、おしまいです。

05/30
「わきが」のはなし 2

ブログ400回記念 スペシャルゲスト企画
出来尾 格 先生(英国健康保護局感染症センター 訪問研究員・島根大学医学部皮膚科講師)

「わきが」
は、脇の下が異常なにおいを発している状態のことをいいます。
正式には「腋臭症(えきしゅうしょう)」といいます。
「腋」という字は、脇の下の正式名称「腋窩」からきています。
脇の下は、誰でもにおいを持っています。
このにおいは、皮膚の常在菌が汗を分解することで発生します。
脇の下にたくさんある「アポクリン腺」からでる「アポクリン汗」は、分泌されたばかりでは無臭ですが、しばらくすると常在菌に分解されてにおい物質を出すのです。

皮膚常在菌の構成は、人それぞれ大きく違っているので、においも違ってきます。
においについての敏感さには大きな個人差がありますし、
また、においの良しあしには基準はありませんから、
わきがの客観的な定義はありません。
つまり、このにおいが異常かつ不快に感じられると、わきがと呼ばれます。

さて、お分かりのように、「においの評価に客観的な基準がないこと」は曲者なのです(笑)

よくある例①: 
他人は不快だと思っていないのに、自分には自分の脇の下のにおいが不快に感じる、というものです。
つまり、気にしなくていいのですが、きれい好きな性格のため自分のにおいに耐えられないのです。
そのような患者さんが診察室にいらっしゃった場合、鼻を近づけてくんくんにおってあげ、
「大したにおいではないし、不快ではない」と安心させてあげます。

よくある例②: 
他人は不快だと思っているのに、自分にはにおいが不快に感じられない、つまり①の逆です。これは困ったことになります。
このような方は診察室に現れませんので、私には手の施しようがありません。

たまにある例③: 
他人にも自分にもにおいが不快、または他人が不快に思っていることを本人が知っている場合です。
この場合、患者さんが診察室に入った途端ににおいます。そして治療をします。
常在菌を抑えるスプレーの購入を勧めたり、ローションを処方します。
よほどの場合には、手術でアポクリン腺を取ってしまう方法もあります。

05/27
「わきが」のはなし 1

ブログ400回記念 スペシャルゲスト企画
出来尾 格 先生(英国健康保護局感染症センター 訪問研究員・島根大学医学部皮膚科講師)

こんにちは。皮膚科医の出来尾です。

近頃、博士のブログがかなりさわやか路線ですね。
今回、栄えある400回記念ということで博士から原稿のご依頼をいただきましたが、
さわやか博士のさわやかブログ(?!)に前回の「消化管の出口のはなし」のような下ネタはちょっとまずいかなぁ・・・と悩んでいました。

そこで
「博士、何を書いたらいいですかね?」
と相談したところ・・・

「"わきが"で。」

とリクエストをいただきました。
ほんとに博士ったら、しょうがないなぁ~。
腸内細菌とは関係ないんですが、いいんでしょうか?
幸い、わきがの主役は常在菌なので、細菌学の話題という意味ではこのブログに合った話題なのかもしれません。

では今回は、前回より多少ばかり格調高く、わきがの話をいたします。
明日から2日間、わきの下の細菌が大活躍いたします。

05/26
明日は400回記念

今日はこのブログ399回目です。

ということで、明日はスペシャルゲストの登場です。
再び、出来尾格博士です!
250回記念ブログとして
「消化管の出口」のはなし1
「消化管の出口」のはなし2
「消化管の出口」のはなし3
を書いて頂いたのですが、前回書き足らなかったということなので、今回もお願いしてしました。

出来尾さん(通称デッキー)の紹介は249回で書きましたのでこれを参照にして下さい
→「スペシャルゲスト行方不明」
そうです、皮膚の常在細菌の研究をしているデッキーです。
昨年出会った時は、
皮膚常在菌ネタでNHKの「あさイチ」に出演し、有働アナウンサーの皮膚を調べたとか何とか言って自慢していました。
(他人の自慢はすぐに忘れる私...)

現在、デッキーは英国健康保護局感染症センターの訪問研究員として研究をしています。
噂では、渡航前にロンドン検定なるもので相当勉強し、地元の人よりロンドン市街に詳しいとか。
今回はイギリスから、前回と同じく皮膚科医ならではのネタを送ってくれました。
明日から3日間、お楽しみに!

私はブログ書かなくて良い安らぎの3日間を手に入れました。
400回か~。
4万円位、ブログ手当て欲しいなー。

05/25
2011年5月大相撲技量審査場所の感想

どうなるのか想像がつかなかった15日間は終わりました。
私のこれまでの大相撲への接し方や生活スタイルでは、NHKの中継がないのはやはり痛かったです。
「受信料を返せ!」と抗議したい気分です。
可能な限りニコニコ動画で観戦しましたが、幕内の全取組の2割程度しか見られていないのではないかと思います。
だからいつものようにコメントできません。

でも、もしかしたら、
千秋楽結びの一番(白鵬-魁皇戦)と、
LKM512入りヨーグルトを差し入れして、食べてもらっていた栃ノ心関の優勝争いへの参加と敢闘賞受賞で、心は満足しているのかもしれません。

千秋楽、魁皇凄かったですね!
いつも心の中で
「白鵬さん、強いのだから一度魁皇に右上手取らせてから相撲を取ってよ。どうなるのか見てみたい!」
と思っていたのですが、まさにその展開。
右上手とったら強いですね。鳥肌が立ちました。
場所前は気力の低下で、途中引退もあるかもしれないと聞いていただけに良かったです。
何度も書いていますが、私は魁皇と同学年。応援してしまいます。
来場所はついに通算勝ち星数で千代の富士を抜いてしまいますね。

大関のかかっていた稀勢の里の8勝7敗も"期待を裏切るだろう"という期待通りでしたね。残念ですがネタにはなります。

なんというか総括しても、まとまりません。何か心がモヤモヤしています。
来場所から無事通常開催されることだけを願っているというのが、私の感想の締めですね。

緊急企画した「春日野部屋力士の食べていたヨーグルトプレゼント」はまあまあの反響があり、よかったです。来場所以降も何か仕掛けて行きたいですね。
20110525.JPG
春日野部屋マネージャーさんから栃乃若関十両昇進時の記念品を頂きました。
これで焼酎飲むぞ!

05/24
お世話になっている実験器具・機器シリーズ2 ―メスピペット Messpipett(プラスチック,ディスポーザブル)―

前回と同じメスピペットですが、プラスチック製のディスポーザブルのメスピペットを紹介します。
ディスポーザブル(Disposable)とは"使い捨ての"という形容詞ですね。
研究室では略して"ディスポ"って呼ぶことが多いです。
「ディスポのピペットまだ倉庫にあった?」
というような使い方です。
これはあまり中学校、高校、あるいは大学の学生実験でも使わないのではないでしょうか?

20110524.JPG
このように1本ずつ個包装されており、滅菌(ガンマ線などで完全に殺菌)されています。
ガラスと同様に色々なサイズがあり、適したものを使用します。
左から1 ml, 2 ml, 5 ml, 10 ml, 25 ml用です。
色分けされており綺麗でしょう。

これは細胞培養あるいは核酸(DNAやRNA)実験など、微生物学的あるいは化学的コンタミを絶対に避けなければならない実験に使用します。
口で吸い上げるのではなく(まさにコンタミの原因)、写真右側にある専用の機械(吸い上げボタンと放出ボタンが付いている)で液体を定量します。
そして名前の通り、1度の使用で捨ててしまいます。

これを使い始めると、便利で安全で安心で、何度も洗浄し繰り返し使うガラスピペットには戻れなくなります。
1本5-30円程度(メーカーとサイズにより様々)するので贅沢品で勿体ない気がするのですが、それは間違っています。

ピペットのコンタミによる実験失敗リスクが完全に無くなり、
洗浄の無駄(時間と水)が削減できるわけですから、
贅沢なようで、実はトータルのコスト削減には必須のものです。

05/23
ウン小話13

家には私一人。
便意(もちろん"大")をもよおし便所に駆け込み、
排便後ウォッシュレットで洗浄して終了。
快便!

1時間後、再び便意(しつこいが"大")をもよおし便所に駆け込み、
座ろうとした時、便器に1 cm程度のゴミのような物体が付いているのに気付く。
「あれれ、先程のウンコがこびりついたのか?」
と覗き込むと・・・
なんとミズナの葉そのものw(゚o゚)w

野菜を食べ過ぎて、殆ど未消化で排泄されているようである。
ミズナは、さすがに黒っぽい緑色に変色してるが、完全に原型を留めている。
おそらく前日に収穫後大量に食べたものでしょう。

これはウンコなのか?
それとも肛門から出てきたものの植物体なのか?

未だ私の中で結論は出ていない。

ただ、
「こんなウンコが研究サンプルとして提出されることがありませんように...」
と願うばかりである。

おしまい。

05/20
緊急企画 『春日野部屋の皆さんが食べているヨーグルト無料プレゼント』

先日の春日野部屋の皆さん登場は、それなりに反響がありました。
(http://lkm512-blog.com/2011/05/17/) 
(http://lkm512-blog.com/2011/05/18/)
「同じの食べてみたーい!」
というようなメッセージも頂きました。

ということで、
春日野部屋に差し入れしましたヨーグルトをプレゼントする企画をゴリ押ししました。
できることになりましたので、どうぞご応募下さい!

対象者:大相撲ファン(特に春日野部屋ファン)

数量:1箱(100gのヨーグルト12個入り)

プレゼント数:栃ノ心関の今場所の勝ち星数(12勝3敗なら12名が当選)

応募方法:ツイッターで@Dr_lkm512にメッセージを下さい。
       混乱を避けるため #sumoyogurt を付けて下さい。
       ※申しわけございませんが、ツイッターのみの限定企画となります。

当選:人数が多い場合は、LKM512プロジェクトメンバーにて厳正に抽選致します。
当選はツイッターDM(ダイレクトメール)でお知らせ致します。

商品特徴:休場している大関が食べているものより酸味が少なくクリーミーなヨーグルトです。
       スーパーやコンビニでは販売していない商品です。
       特定保健用食品に認定されています。
       便通が良くなり、臭いが軽減し、ウンコが黄色くなる人が多いです。

そのヨーグルトを夢中で食べている栃ノ心関です。
20110520.jpg
小さく見えますが、普通のサイズのヨーグルトです。

一人でもプレゼントできる人が増えるよう、そして栃ノ心関が三賞とれるよう応援しましょう!
どうぞ、ご応募下さい!

最後に書くが、連敗している栃煌山関が心配だ...。

05/19
2011年版 野菜作ってます9

一昨日、昨日と大相撲に夢中になっていたら、野菜達はどんどん生長してますね。

はい、レタス! 手前のサニーレタスは既に食べ始めています。
201105191.JPG
高さ、直径共に30 cmを超える大物で、もう食べ切れない事必至。
向う側の結球するレタスも小さい玉ができ始めています。

そして、ダイコンも間もなく収穫です。
201105192.JPG
いままで紹介を忘れていましたが、昨年からこのダイコン用に土作りをやってましたので、良いものがとれると信じています。

最後はまだかわいいモロヘイヤ。
201105193.JPG
油断していると真夏には私の背丈を超える程になるのですが、まだ親指程度の大きさです。

仕事も忙しいのに、畑も忙しい。
でも、私の仕事は、室内に籠ってするタイプの研究なので、
朝や休日に開放的にお日さまの下で作業するのは、かなり晴れやかな気分になれるので良いのです。

と言っていられるのも今の内。
既に朝でも太陽のパワーがかなり強烈になっています。
暑くて苦痛になるのですね。

05/18
そして関取登場!!!!!

今日は昨日の続きで、LKM512入りヨーグルトを食べる関取達の写真です。

10日目を終わって9勝1敗。全勝の横綱白鵬を追走し、今場所の主役に躍り出ようかという栃ノ心(とちのしん)関です。
201105181.jpg
昨日は十分の左上手を取る相撲で全勝の魁聖に完勝でしたね。
録画で見ましたが興奮しました。
いやー、LKM512ヨーグルト効いてますね(このブログの中ではそうしておこう)。

大ベテランの栃乃洋(とちのなだ)関。
201105182.jpg
私は、何が何でも左差し(左腕を相手の右腕の内側に組むこと)にこだわるこの関取が昔から大好きです。
左さえ差せば、曙や武蔵丸、そして朝青龍などにも時々勝っていた関取です。
現在5勝5敗。なんとか勝ち越して欲しいです。
是非、このヨーグルトで腸から若返ってもらって、長く相撲を取って頂きたいと願っております。

そして木村山(きむらやま)関
201105183.jpg
私が春日野部屋さんとコンタクトをとるようになったきっかけは、ツイッター上でこの関取を題材にした大喜利でした。
お題は「千秋楽に理事長室に呼び出された木村山、何を言われた?」
確か私の作品は、
「しこ名に"栃"が入ってないけど、部屋でいじめられていないのか?」
だったと思います(春日野部屋の力士の殆どはしこ名に"栃"が付くという背景がある)。
これで賞を頂きました (^o^)v
少しどうでもよい事を書きましたが、現在6勝4敗。このまま勝ち越して頂きたいものです。

さて、今日から終盤戦。
終盤戦用のヨーグルトも差し入れし、春日野部屋を中心に大相撲を楽しみましょう。

           
1 2