カレンダー

カテゴリー

最新のエントリー

 

アーカイブ

2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

検索

LKM512
メイトー
協同乳業研究所

02/05
俺の梅、開花!

今朝、一輪咲いたのを確認しました!

昨年より2日早い開花です。
今日は雪が降るというのに頑張っていますね。

20150205.JPG

毎年、梅を見る度に私は思います。
「研究はちょっと他人と異なることをしないといけないな」と。

その理由はこういうことです。

梅が寒い時に咲くのは、生き残り戦略だと私が信じているからです。

もし、多くの植物が開花する3月後半に咲くとすると、
受粉を手伝ってくれる虫達は、他の植物との取り合いになります。
だから、殆どの植物がまだ花を咲かせないこの季節に咲くのでしょう。
こんな寒いと虫達はいないと思われるでしょうが、実はこの季節でも結構います。
つまり、梅は虫達を独占することができるのです。
また、この季節は、蜜だけ奪って花を根こそぎ破壊する(=受粉しない,盗蜜と表現される)ようなクマバチの仲間等もいませんしね。
リスクも減らせるというわけです。

また、虫達もこの季節は殆ど花が咲いていないので、
遠くからでも梅を求めてやって来ます。
梅は自家受粉(同じ木の花同士での受粉)では結実できない種類が多いので、
これは好都合。
早く咲かせるだけで、遠くの梅の木の花粉をわざわざ運んで来てくれるという訳です。

つまり、
研究も流行の研究に少し違う要素を1つ入れるだけで、
美しく咲き誇ることができるかもしれないということです。

02/04
訳わからんくらい、忙し過ぎる

研究って仕事は年に何回かとてつもなく忙しくなる。
色々重なって追いつめられるのである。

今はその時期。
昨晩は5時就寝、6時起床。
今朝と言うべきか。

本当は寝ている場合ではないが、
ちょっと寝ると大分体力が回復する。

別に体はしんどくない。
気を張っているからであろう。
書き物って、私にとっては芸術作品を仕上げているようなものなので、
職人が作業場に籠っているようなものだろう。

じっくりブログを書いている暇はないので、
ぼちぼち終わります。

Twitterで「エリーの趣味:見合い潰し? #マッサン」って呟きたいが、
そうしている時間もない。

ということで、今日は誰も話しかけて来ないように。
もちろん電話も。
特に私より目下の者は特にリスクがありますよ~


02/03
まめぶ汁の味のポテトチップス

まめぶ汁、覚えていますか?
聞いたことがあるけど思い出せないという方も多いのではないでしょうか?

『あまちゃん』で有名になった"あれ"です。
あんべちゃんが売ってた"あれ"です。
「おかずかおやつかわからない微妙な食べ物」と表現されていた謎の食べ物です。

そんな謎の食べ物"まめぶ汁"味のポテトチップスを頂きました!
いわゆるご当地お菓子ってやつだと思います。
2015020301.JPG

食べましたが、微妙です。
表現できない微妙な味をわざわざ付加したポテトチップスとしか表現できません。
本物のまめぶ汁の味を知らないので、再現レベルが高いのか低いのかも謎です。
ただ、微妙な味であるということは、まめぶ汁味なのかもしれません。

考えても仕方ないので、原材料チェックをしようと裏面へ
そこでびっくり!
2015020302.jpg

春日野部屋の元小結・栃乃花の二十山親方の名が!!!!
「まめぶ」と親方が合体してまちおこし・・・
久慈まめぶ部屋(笑)
そういえば、毎年、春日野部屋は久慈市で合宿を行っているのを思い出しました。

まめぶ汁と私の距離が少し縮まった瞬間でした。

02/02
萎れても復活

虫好きの私には植物は餌でしかなかった。
大学も農学部だったが興味を殆ど持てなかった。
自分で育て始めたのも、5年程前に畑を始めてから。
未だ、独学であまり知識もない。
だから、動物とは異質のその生命力には、度々驚かされる。

1週間程水やりを忘れてこんな状態になっていた観葉植物のスパティフィラム。
2015020201.JPG

触るとフニャフニャであった。
まるで引っこ抜いて暫く放置しておいた雑草のように。
虫なら死を待つだけの状態と言っても過言ではない。
いや、死んでいると思われる。

ほぼ諦めていたが、ダメ元で水を与えると・・・
6時間後にはこの通り!
2015020202.JPG

何も無かったかのように活き活き状態に。
光沢まで甦った。
動物ではあり得ないことが起こるものである。

ちなみに、このスパティフィラムは100円ショップで売っていた小さいものが、
巨大化したものである。
私の育て方が上手過ぎるのか?
こいつの生命力が凄すぎるのか?

どんどん増えるので、すでに3、4回株分けし、一部は研究室にも持って来た。
ただ、世話を任せていたパートのおばちゃんは真の放置プレーを実行し、
こんな強い植物を枯らしてしまった。
上には上がいるものである。

01/29
ウンコ回数を祝って頂きました!

先日、チーム内の新年会と新築祝いを兼ねまして、
助手A♂の建てたばかりの家で飲み会を行いました。

やはり、新しい家は素敵でありました。
絶対に汚さないように、座って放尿せざるを得ない気分になりました。

実は、私は当日18:00まで絶食試験を実施していたので、
ゆっくりお酒を飲み始めたのですが、
途中から調子が出て来ました。

ビール500mlを12本位、
日本酒4合瓶
日本酒1升瓶
シャンパン1本
位を空けて酔っぱらって来たので(記憶は定かではない)、
デザートタイムになったのですが、
突然現れたのが、これです!

20150129.JPG
年間ウンコ回数512回を祝ったケーキです!
(年間ウンコ回数に関するブログはここ→発表! 2014年 年間ウンコ回数
びっくりしました!
酔っぱらっているので、撮影の時には除けばよいものが沢山写っていますが(苦笑)
今気が付きましたが、ロウソクが5・1・2と並んでいます。

甘いのは苦手ですが、イチゴに酸味があり美味しかったです!

世界広しといえども、ウンコ回数を祝ってもらえる人物は私位なものでしょう!
自慢 (`⌒´)!!

ただ、頂いておいて文句をいうのは気が引けますが、苦言を・・・。
何故、文字の書かれた板チョコにこんなにスペースが余っているのに、
「ウンコ」という文字が入れられなかったのでしょうか?
「512回おめでとう」では意味がわからんではないか!
音符はウンコの絵にならなかったのか?
これらの点が、本当に残念で仕方ありません。
これらが完璧なら講演等にも使えたのに...、そして間違いなくウケるのに...。

恥ずかしいという気持ちがあるなら、まだ修行が足りません。
まだまだ「ウンコ」に対する誇りが持てていないのでしょう。
もっと鍛えねばなりません。
(ケーキ屋で「ウンコ」って書いてと頼む方が、一般人としての心を失っているという説もありますが・・・)

とはいえ、
「サンクソ ベリー ウンチ!」

01/27
ケツが切れた理由を考察する

とにかく切痔が痛くて、それ以外のネタが思い浮かばん訳で、連日の切痔ネタ。

昨日のブログを読んでいない方は、先にそちらを読んで下さい。
参照ブログ:ウン小話43

絶食試験により、朝食による排便刺激がなく、ウンコ滞留時間が長くなり、
ウンコ水分含量が減少し、硬いウンコになり、肛門が裂ける
というメカニズムは先にも報告致しました。
参照ブログ:絶食スパイラル

しかしながら、多くの人は1日ウンコしなかった位で、
便意があるのにウンコが出せないレベルでウンコが劇的に硬くなり、
こんな悲惨な事態にはならないはずです。

こういう仕事しておりますので、
排便が3日おきの方は沢山いるのを知っています。
48時間毎にウンコする人も沢山います。

では、何故、私の場合は、たった1日の排便を飛ばした位でこんなことが起こるのか?
色々思考してみたのですが、
おそらく私の大腸の水分吸収能力が非常に高いのです。
大腸の主な役割が水分の吸収であることは小学校か中学校の教科書でも習ったと思います。
その吸収力が他の方より強いということです。

実は、私は日常生活で殆ど水分を摂取しないのです。
(酒は飲む時は飲みますが...)
そのため、私の大腸は貴重な水分を猛烈な勢いで吸収するようになっていると考えられるのです。

朝起きて、小さいコップに1杯(100~120 cc)。
朝食時に、同じコップに1杯(100~120) cc
昼食時に小さい湯呑で1杯(80~100cc程度)
寝る前にコップに少し(20 cc程度)
これだけ。
あとは、食事に含まれている水分を足せば総摂取量です。

飲まない理由は、めんどくさいから。

もちろん、運動した時と酒を沢山飲んだ後は、意識的に沢山飲みますが、
仕事中に喉が渇いて飲むことは滅多にありません。

今回の絶食試験中ですら、一滴も飲まない有様です。
欲しくないのです。
昨日の絶食中は意識的に水分補給をしようと、
朝一でコップに100 ccほどの水を用意していたのですが、
(水を飲むのはOKの試験)
結局、一口も飲まず。
帰り際にコップを除くと埃が浮いていました。

体に悪いと言われることもありますが、
もし温暖化が進み、水不足の状況下になったら結構優位なボディーです。

ただ、このケツの痛さは辛いので、
次の絶食試験の機会は頑張って水を飲んでみようと思います。

01/22
新幹線トラブルでトラブル

今日は大阪出張なのですが、とても大変なことになっています。

大阪ー京都間の沿線火事で、始発から上下線ともにストップ。
気が付いたのは6時のNHKニュース。

経験上、予定通り大阪に着くことはほぼ絶望的であることは瞬時に察知しました。

打ち合わせなら延期できるのですが、
今日は講演です。
数ヶ月前から決まっており、50〜60名の方が待っています。

恐らく殆どの新幹線利用者が、不安なまま成り行きを見守っている間に
速攻、飛行機へ変更。
ナイス判断で予約完了。

ホッと一息。

ところが、空港へ行く途中に在来線がトラブルに。
30分近く遅延。

何とか次の飛行機に変更しましたが、少々遅れそう。

更に新幹線でやるつもりだったパワーポイント作りはまだやし。
しかも新幹線電源を頼りにしていたのでバッテリーが20%位しかないし。
慌ててたのでメガネ忘れてるし。
どうなることやら...


空港でおにぎり食べながらブログ

01/21
都会のおいしい空気

奈良県と長野県で生きてきた私が、
16、7年前に就職で東京に住み始めた時、
その空気の悪さで鼻毛が異常なスピードで伸びたものです。

今日は、その汚れた都会の空気も、条件次第ではおいしく感じるという話です。

昨日は学会のため久しぶりにラッシュアワーの電車に乗りました。
ギュウギュウ詰め。

都心への上り電車は、既に満員に思えても、次の駅のホームには
「こんなに乗れるわけないやろ」って人数のサラリーマンが悠然と並んで待っています。
そして殆ど全員が乗り込みます。
駅員さんもドンドン押して詰め込みます。
あの瞬間は乗客をヒトではなくモノとして詰め込んでいる気がします。

そんなこんなで詰め込まれた車内では、皆さん沈黙状態。
時々、慣性の法則に従って、電車の進行方向或いはその反対側に強い力が働き、
集団でバランスを崩しかけては、個々が踏ん張り、何とか将棋倒しを防ぎます。
これを只々繰り返すだけ。

慣れているサラリーマン達は、
平気で携帯電話いじったり、新聞や本を読んだりと余裕です。
一方、不慣れな私は限界です。
暑い。
くるしい。
酸素が足りん。
で、深呼吸すると、
めちゃ臭い。
ゲロ吐きそう。
これが後15分間続くと考えるだけで脂汗がたくさん出て来ます。

そんなこんなで駅に着いてホームに降りた直後の一呼吸目は最高です。

都会にも、おいしい空気があるようです。

01/20
絶食スパイラル

金曜日に紹介したように、実験で夜9時から次の日の夕方6時まで絶食した。
参照→絶食なう

1. 朝飯を食べない
2. 腸管への食物の刺激が無い
3.ウンコが出ない
4.でも、その状況には殆ど気が付かない
5.(その頃、大腸内では)腸内常在菌が腸管内容物をいつも以上に分解し腐敗産物が増加中
6.従って、知らない間にウンコ臭気増強
7.(同じく)腸管内容物中の水分がドンドン吸収される
8.(不思議なことに)午後6時に食べ物を摂取しても便意生じず(生活リズムが大切なのか?)
7.次の日の朝食刺激で強烈な便意をもよおす
8.慌てて約48時間ぶりの排便
9.水分含量の低下で硬くなっていたウンコが勢い良く肛門通過
10.ウッと思った時は手遅れ、肛門裂傷。いわゆる切痔に
11.自分の不注意を後悔している内に、いつもの10倍程の臭気に襲われる

恐るべし、絶食

01/16
絶食なう

今日は実験の関係で何も食べておりません。
昨晩9時の食事以降、何も食べておりません。
水だけ少々飲んでいますが。

ちょうど16時間経過(午後1時現在)。
予定では21時間の絶食を行います。
つまり今日の午後6時まで。

無性に腹が減っております。

何をやってるの?
と聞かれそうですが秘密です。
ダイエットではありません。
研究に関することなので秘密なのです。

辛いことはやる前から容易に推測できますが、
実は私自ら率先して被験者をしているのです。
理由はたった一つ。
初めての実験だから。

実験プロトコールを作成するにあたり様々な角度から考えるわけですが、
正確な結果を得るためには、これ位の絶食は必要だという結論に達したわけです。

しかし、いきなり他人様に
「前日夜9時までに食事を終わらせて、次の日の午後6時までは食事禁止ね。お茶もコーヒーもガムも禁止。水だけね。」
なんて言えません。

まず、その大変さがどの位なのかを体験しておく必要がありますので、
率先してやっております。

           
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106