カレンダー

カテゴリー

最新のエントリー

 

アーカイブ

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

検索

LKM512
メイトー
協同乳業研究所

07/24
羽田に戻る!?

昨日は山形県鶴岡市でお仕事。

私の研究をご存知の方は、「なるほど」って場所への出張でしょう。

向かうは庄内空港。
ところが出発前にANAがちょっと気がかりな放送をしていたのです。
「庄内空港付近は雲が厚く、着陸できない場合は羽田に引き返す条件付きフライトです」
って。

そうは言っても大丈夫だろうと根拠のない自信を持って搭乗しました。
普通に着陸態勢に入り、しばらく経ってからのことです。
ガクンっと揺れて、
「視界が悪すぎで着陸できないので、再び上昇します」
と放送。
着陸用に出ていた翼が引っ込み、確かに上昇していきます。
(私は着陸時の翼を観察するのが好きで、必ず翼の後ろの席を予約します)
窓の外は確かに真っ白。
雲の中というのは誰が見てもわかる状態。

暫く旋回して着陸のチャンスを待つという放送。
でも、きっちりと羽田に引き返す選択肢も最後に付け加える見事な仕事っぷり。

雲の中を旋回すること30分間。
映画じゃないので大丈夫ってわかっていながらも、
燃料が十分あるのか不安になる私。

何とか着陸出来ましたが、
地上寸前まで何も見えず、
機長さんの技術の高さに驚いた私でした。

他人事と思っていた条件付きフライトのレポートでした。

07/23
メロンパンのメロンパン

広島空港でメロンパンじゃないメロンパンを発見した。

土産物店をうろついていると、常連っぽい方が2つ掴んでレジに。
「何や?」とみると、メロンパンって書いてあるが、何か変なメロンパン。
すぐ売り切れるようで、店頭品のみという表示。
1日10個程度が広島空港に届けられ、すぐに完売するようである。

おそらく、初めて買う人は確実にこう思うだろう。
「変な形のメロンパン」

なぜなら、こんな形をしているから。

20150723-1.JPG

ラグビーボールっぽいが、底は平らである。

次に手に取ってみると誰もが思うに違いない。
「えっ、何? 重っ!!!」

ずっしり感が凄まじい。
同じサイズでこの重さのものは、申し訳ないが、「ウンコ」しか思い出せない。
ウンコと比重がほぼ同じメロンパンである。

型破りなメロンパンで、食品企業の人間としては、思わず裏面を見てしまう。

製造者は...、呉市の(有)メロンパンという会社である。
つまり、メロンパンのメロンパンっぽくないメロンパンである。

そもそも表面が、いわゆるビスケット生地ではなく、しっとり。
割ってみると重い理由がわかった。
カスタードクリームがたっぷり詰まっているのである。

20150723-2.JPG

しかし、このカスタードクリーム、生クリームと卵がたっぷり本格派ではなく、
小麦粉たっぷりなのか、安っぽくて、こしあん感すらする代物である。
そのためか、常温で1週間以上保存可能なのである。
でも、不味いわけではない。

値段は150~160円程度。

レジの方に聞くと、広島では相当有名なメロンパンで、
本店まで行っても売り切れていることが多いようである。
おそらく、殆ど県外には出ていないのではないかということ。

ネタとしてはレベルが高い商品なので、
広島に行かれた時は、購入してみる価値はあると思う。
但し、結構稀少なので、事前に販売されている場所等を確認しておくことをおすすめする。

07/15
とんだ広島出張(予想)

台風11号が日本に向かっております。
金曜日、土曜日に広島出張なのですが、
天気予報によれば、
台風と息ぴったりのタイミングで広島に滞在しそうな雰囲気。

土曜の午前に、ある会合で講演頼まれているのです。

台風直撃でもやるのかな???

ANAからは、「飛行機飛ばないかも」メールが届きました。
正式には「台風11号による運航への影響について」というメールです。
たぶん飛ばないぞって間接的な連絡と、変更・キャンセル方法等が親切に説明されてあります。
もう少し台風情報を見守りたいので、そのまま放置しております。

今後の流れを予想してみます。
①明日、飛行機をさっさとキャンセルして新幹線で来て下さいって頼まれる。
(私はじっと座っているのが嫌いなので、新幹線4時間は考えるだけで禿げそう)
②当日、仕方なしに向かうものの、新幹線も大阪辺りでストップ、或いは大幅なスピードダウンで5時間以上車両内で過ごすことになる
③(新幹線が動いた場合)なんとか嵐の広島に着き、主催者に朝に最終判断が出ると言われる。
④土曜朝、結局その会合が中止になり、当然講演もなし。
⑤交通機関麻痺で帰れない俺。嵐のため飲みにも行けない俺。
⑥お土産だけ買い、台風が通り過ぎた日曜日に帰京(厳密には帰玉※)
⑦3連休の土日が潰れてしまう。しかも、帰ってきたら猛暑。

以上、リスク管理の観点から悲しいシナリオを想定して出張に備える私であります。

※埼玉の玉

07/09
予約して予約に気付く

先日、平和な6月が終わり、沖縄を皮切りに出張が再開したと書きました。
その通り、今週末から特に激しくて、土日も仕事が入っています。
大相撲の初日も千秋楽も仕事です。
(気付いた時はウンコ漏らしかけました。)

7月4週目も5週目も飛行機移動があるので航空券を予約していた時に驚きました。
予約後に確認しようと予約済みフライトリストを見たら、
リストに別のフライトが・・・

来週やん?????

思いっ切り忘れてた

あぶな~

一時期、手帳が行方不明になっておりまして・・・
その期間に決まったスケジュールは・・・

はい、ご想像の通りです。

未来にご迷惑をかけるかもしれない皆さまへ
まっことに申し訳ございません。

m(*д*)mお許しを...

07/07
データ整理ができません

整理すべきデータが沢山あり過ぎて、
「やらねば、やらねば」と思いつつ、
後回しになるデータがあるんです。

ウィークデーは忙し過ぎるから、
土日に自宅で集計しようと思っても、
結局できないデータがあるんです。

新幹線の中でやろうと思っても、
飛行場や機内でやろうと思っていても、
講演用ノートパソコンには入れていないデータがあるんです。

整理できていないくせに、
毎日そのデータファイルは開いています。

それは何かといいますと、
ウンコ回数のデータで~す。

2015年も折り返し地点を突破したいので、
今年のウンコペース確認したい欲マックス。

07/06
『香り爛漫』頂きました!

生粋の秋田人から純米大吟醸「香り爛漫」を頂きました!
美酒爛漫ブランドの秋田銘醸㈱(秋田県湯沢市)の作品です。

秋田酒こまち100%使用
酵母は「こまち酵母スペシャル」
「えっ?」となるふざけたネーミングですが、
調べると、2012年に生まれた秋田県産の清酒酵母で、
極めて華やかな香りを産生する特徴を持っている一押しの酵母の一つのようです。

確かに、フルーティーな香りがしました。
それをイメージしてなのか、このラベル !(゚O゚)!
一瞬、あやしい洋酒かと思ってしまいました(笑)。
20150706.JPG

フルーティーな香りがする日本酒らしく飲みやすく、
かといって軽いのではなく日本酒らしい重さもあり、美味しかったです!
秋田人がわざわざ送って下さった理由がわかりました。
2回に分けて750mlを大切に飲みました。
ごちそうさまでした!

ちなみにこの秋田人、協乳の社員のお父様です。
どういう経緯でお酒を頂ける関係になったのかは忘れましたが、
お礼に奈良名物・柿の葉寿司を送るのが慣例化しています。

07/02
昼飯を逸する

10時ごろに空港に着き、
10時50分に搭乗。
11時過ぎに離陸
極めて順調
のはずでした。

ところが、何時に着くのかチケットを見てびっくり。
13:40分着

昼飯は•••
そんなに遠いの?

普段の飛行機利用は、長くても1時間40〜50分程度。
1時間以内のフライトも多々ある。
国際線はもちろんもっと長時間であるが食事が出る。
従って、飛行機に食べ物を持ち込む感覚が欠如していた。

機内では多くの人が弁当持ち込みではないか。
私はプレゼン用パワーポイントを作りながら耐えるのみ。

さらに、那覇空港周辺で混み合っていると放送があり、
なかなか着陸しない。
結局30分遅れ。

当然、講演までの時間も迫り、空港で食事も出来ず慌てて会場へ移動。
腹が減っては90分も話せないので、何とかコンビニおにぎり購入。

「ポーク玉子(油味噌)おにぎり」

201507021.JPG

味は•••
沖縄に行ったら食べてみて下さい。

07/01
どこまで制覇したのか?

何故か出張が少ない6月を終えた途端、出張が復活します。
今日は、なんと、沖縄県に講演に行きます。

遠過ぎるやろ・・・

5月に鹿児島に行った時、周囲には
「遠いところまで進出しているね~」
と言われたのですが、それを遥かに飛び越え沖縄です。

ここまで来ると、仕事で、どれ位の都道府県を制覇したのか知りたくなりました。

そういう訳で日本地図を印刷して塗り絵。
行ったことがある都道府県に色を塗ってみました。

20150701.JPG
(島は塗っていませんが悪しからず)

これは通過しただけの場所は含んでおりません。
仕事の目的地として訪問した都道府県です。
もちろんプライベートでの訪問も含んでおりません。

半数位かなと思っていたのですが、軽く半数を超えていましたね。
現在、30都道府県を制覇して、残り17県です。

未踏の県で意外なのが群馬県。
弊社の工場もあるのに行ったことがありません。
岐阜県も機会があってもよさそうなものですが、ありません。

他の未踏の県は、「なるほど・・・」という感じがします。
これらの未踏の県を制覇するのは、至難の業でしょうね。

06/29
不要なおつり

もう死語になっているのだろうか?
便所でもらう「おつり」。

汲み取り式便所(いわゆるボットン便所)で、
ウンコが肛門から排出され、ウンコ槽に落ちた時に、
溜まっているウンコ(厳密にはウンコ槽の水分)が跳ね返ってきて、
尻に付く現象である。

今朝、頂きました!
(「!」を付ける必要はないと自分でも思う)

キュウリやナスを収穫していたら、突如便意をもよおし、
畑に設置されている簡易トイレで「おつり」をもらったのである。

しかし、このトイレ、汲み取り式ではあが、
いわゆる真下のウンコ槽がフルオープンのものではなく、
直径10cm程度の蓋が付いていて、
上にウンコや小便が溜まるとその重さでパコッと沈んでウンコを落とす仕組みである。
普段はウンコ槽を眺めることはできない。

パコッの時間は僅か1秒足らず。
よく考えると、「おつり」がお尻に跳ね返って来るというのは、
相当凄い。
奇跡である!
と思いませんか?

排便でウンコが落下し、蓋が空いた瞬間に始まるこの物語。
重力加速度を得ながら落下していくウンコ。
水面に与える衝撃で飛沫が生じる。
円状に四方八方に飛ぶ滴。
その内、真上方向に跳ね上がった1滴が、
閉まりかけていく蓋の隙間を通り抜けて、
私の尻に到達するのである。
この間、1秒足らず。
書いていることがわからん人は、この解説図を見ながらもう一度読んで頂きたい。
(15分もかけて作成した)
20150629.gif

まるで映画でよくあるシーンのように、
例えば、インディージョーンズで、遺跡内で仕掛けられた大きな石の扉が降りてきて、
閉じ込められそうになるがギリギリ滑り込み脱出するように、
この奇跡の一滴は私の尻に飛んできたのである。

そういう訳で、「他人のウンコが尻に付着した」という早朝から起きた悲劇を、
凄いことが起こったように解釈し、前向きに今日を乗り切ることにしたのであります。

06/26
講演で初めて花を頂いた

今日は青梅市の私立幼稚園の父母会連合会に声を掛けて頂きまして、
青梅市民会館で1時間ほど講演をして来ました。
よくわかりませんが、他にも青梅市教育委員会との共催でした。

以前、父母会連合会の代表者の皆様が工場見学に来られたことがあり、
その時の私の講演が印象に残ったらしく、
他の保護者の方々にも聞かせたいという依頼でした。

いつも通り、ギリギリまで準備し、
直前に気持ちを高めていざ本番。
まあまあ、75点位のできでしょうか。
悪くは無かったと思います。

驚いたのはその後です。
司会「では、楽しいお話をして頂いた松本さんに花束の贈呈を行います」
オレ「えっ...??? なんで???」

よくわからないまま頂きました。

夏っぽい立派な花束です!

20150626.jpg
花束を立てているのが実験用ジョッキですいません。

舞台の上で花束をもらったのは初めてです。
といいますか、花束をもらったのも卒業式以来ですね。

いつも、他人が花束をもらうのを見る度に、
ギャグでプロレスラーみたいに振り回したら面白いのにって思っていたのですが、
いざ、自分がもらうと絶対にできないことに気付きました(笑)

           
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104