カレンダー

カテゴリー

最新のエントリー

 

アーカイブ

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

検索

LKM512
メイトー
協同乳業研究所

06/04
再度、気象予報に物申す

気象庁はじめ、気象予報をしている方々へ
率直に述べますが、
まだ、関東地方は梅雨入りしてないですよね?

先週の水曜日、関東地方にも梅雨入り宣言がありました。
平年より10日程早く、史上3番目、記録的な早い時期の梅雨入りって聞きました。

それから雨降りましたっけ?
1日位チョロっと降ったかな。
他は、快晴、快晴、快晴。1日位曇っている日はあったかもしれませんが。
梅雨どころか、通常よりむしろ雨の日が少ないと思います。
畑は、梅雨入り1週間経ったにも関わらずカラカラ。
この季節でこんな状態は初めてですから、明らかに例年より雨が降っていません。

梅雨の定義は知りませんが、経験的に梅雨とは程遠い状態であることはわかります。

気象予報は、人工衛星等、非常に高額な研究費を使って、何十年間も研究されてきました。
しかし、
国民の多くが気にする梅雨入りすら間違う精度の予測しかできない研究成果なら、
ボチボチ研究費を削減すべき時期に来ているのではないでしょうか。
国の予算を他の自然科学の研究に回すべきです。
あるいは予測できない大雨が来た時の防災の研究にお金を回す方が良いでしょう。

以前にも書きましたが、気象予報は公共の電波を使って宣言している以上、
それは受け手が自己責任で判断すべき情報という性質のものではなく、
ある程度の信頼性があるものとして我々は受け入れています。
ですから、間違いは仕方ないとしても、間違った場合は、きっちりと訂正すべきです。

なぜ、それができない?
今朝のお天気コーナーでの気象予報士のセリフは、
「太平洋高気圧の勢力が弱まって前線が下がっています。梅雨の中休みです。」

???
だから、その状態は梅雨じゃないって。

中休みというのは、何かの事象の途中の中断で、始まってない場合は使えません。
来週辺りに本当に梅雨に入るまで、このまま中休みにして誤魔化すつもりですね。

アナウンサーがフォローのつもりで、
「カラっとした晴れなので、梅雨に入る前に冬物の洗濯やってしまいましょう!」
ってニコニコ言っていましたよ。
絶妙な嫌味!?

梅雨入り宣言を聞いて、
雨を計算に入れて蒔いた私のオクラは十分に発芽しなかったです。

プロの農家は深刻でしょう。
「雨が少ない」と注意を促せば対策を取れるのに、
真逆の梅雨入り宣言ですから、後手後手になっている方も多いでしょう。

傘をたくさん仕入れた店舗も在庫が沢山で困っているはずです。
他にも目に見えない被害は色々あるでしょう。

私は気象予報に納得いかんようで、過去にこんなブログも書いていました。
ご参考までに⇒スノーロールケーキ

06/03
このままじゃまずいなー 気持ちを盛り上げるために今日は書きます

以前に少し紹介したが招待講演が近づいてきた。
発表するのはGordon Research Conference、知る人ぞ知るゴードン会議である。
そのポリアミン部門への参加である。

2年に1度開催される会議で、
チェアマンの許可を得た専門家のみが世界各国から参加できる。
そして、学会のルールとして、会議で発表されたこと、議論されたことはここだけの話であり、外部で口外してはならない。
アメリカ・ニューハンプシャー州のド田舎リゾート地に1週間泊まり込みで、
驚くなかれ、朝から夜の9:30位まで会議をやる。
つまり、専門家が最新の研究成果に関して意見をぶつけ合う恐ろしい会議である。
詳細は2年前に参加した時に紹介したので、それを参照

ゴードン研究会議 ―クローズド会議―

ゴードン研究会議 ―脳ミソ整理編―

実は2年前に初めて参加した。
その時は、勉強になったけど、色々と嫌な気分になったので、
もう2度と来ないと思ったのに...。

声がかかったのは昨年の6月。
Invited speakerとしてのオファーであった。

迷った。

非常に名誉なことであるが、
ポリアミンの研究者の殆どは我々の研究を認めようとしていないからである。

我々は、ポリアミンは健康維持、特にアンチエイジングに効果的と考えている。
事実、そのようなデータが我々のグループ以外からも出てきており確信を持っている。

一方、多くの研究者は、少なくとも2年前は、ポリアミンは悪者と信じていて、
我々の研究を否定したのは事実である。

「You are crazy 凸(`ヘ´メ)」

ポスター発表中に嫌悪感丸出しで言われたのを鮮明に覚えている。

だから、「ポリアミンと健康長寿の話」をしてくれと頼まれた時は罠かと思った。
今でもその可能性は否定し切れず不安である。
しかし、逃げるわけにはいかない。

この2年の間に我々の論文以外にも、ポリアミンの保健効果に関する論文が複数発表され状況は変わりつつあるのかもしれない。

事実、「Polyamines in New Arenas of Biology: Stem Cells, Aging and Therapy」というセクションを作り、ポリアミンの新しい機能について議論するようである。
私もこのセクションで話す。

Gordon Research Conferencesホームページ
(残念なのは初日の夜が私の発表日ということである。
英語にも慣れもできず、時差ボケ状態でのスピーチはしんどい)

実は、『彼らを見返してやろう』という気持ちを忘れないように、
私の職場コンピューターの背景は、ゴードン会議ポリアミン部門の会場である
Waterville Valley Resortの写真にしている。

20130603.JPG

お気に入りの「チョウを食べているカマキリ」の写真から変更して丸2年。
出勤日は毎日、私のウンコ色の脳ミソはその写真の刺激を受けてきた。

ということで、来週の週末にはアメリカに乗り込む。

でも、まだ準備ができていない。
日本語ならなんぼでも喧嘩できるが、英語はとても苦手である。
発表用PowerPointは余裕を持って事前に作っておきたい。

あと、実質10日間。
その内半分は外出、出張、会議、講演が入っているが、それ以外の日は準備をしたい。

気持ちを奮い立たせるために、今日はウンコ抜きで真面目にブログを書いた。

いや、失礼。
読み返すと、無意識でウンコ色の脳ミソって書いてたわ。

05/31
ふ~ん

五輪の追加競技にとりあえずレスリングが残ったようですね。
マスコミは「よかった、このまま残ってくれ」という雰囲気。
でも、野球・ソフトボールも残っています。
「レスリングが残る=野球・ソフトボールは落ちる」
こういうことですよね。
野球・ソフトボールが競技から外れた時は騒いでいたのに、
今はレスリングの方が重要なんですかね?
一貫性の無さ、全くわからん。
透明性に欠けるIOC理事会の謎のパワーもわからん。

大関稀勢の里が、来場所綱取り場所で、14勝以上なら昇進の可能性があるそうですね。
せめて先日の千秋楽に勝って、結びの一番まで優勝が決まっていなかったのなら、
来場所綱取りでも理解できますが、稀勢の里らしい酷い完敗でしたよねー。
白鵬との星の差2つ、全く理解不能。
これまた基準が曖昧、横綱審議委員会も謎ですわ。

そういえば、学会もよくわからない基準で賞が決まります。
特に若手の奨励賞。
「その程度の仕事でとれるんや~」
と思うこと多々。
(もちろん、ちゃんとした業績の方もいますが)
基準があるようでない。
謎のパワーが働くようですね。


納得できないことは多いですが、
あまり深く考えても無駄なので、
「ふ~ん」
という一言で締めたいと思います。

ふ~ん、ふ~ん、ふ~ん♪ 糞、糞、糞♪
上の1行は意味はありません。書きたかっただけ。

05/30
汚すぎる車

私の車が汚いんです。
20130530.JPG

いや~、どうしましょ。
車内からミラーで後ろを見ると

「霧?」

って思う程、土埃で曇っています。

ドアの開け閉めで、手が汚れます。

洗う気しません。
降参。お手上げ \(´×`)/

今日の午後降るという雨に期待。
頼む、激しく降ってくれ!

05/23
「つぼイノリオの聞けば聞くほど」に2度目の出演

昨日のブログに書いたように、
今日の出演は『うんこ』厳禁!

とにかく原稿通りにということで、非常に簡単。
いや、難しかったです。精神的に。

原稿通り話すなんて大学の卒論発表以来と違いますかね。

「わかりました。その通りやります」
と言ってるのに、皆さん、私がアドリブで変な事を言うのが心配なんですね~。

控室で練習させられる始末です。
日本語は読めるっちゅうに。

「その通りやって下さい」と念も押されるし。

ただ、原稿は頭に入れておかないと自分でも勝手に喋り出す心配はあったので、
直前は真面目に原稿を眺めていました。

その姿、激写されていたようです。
20130523.jpeg

無事終わりましたが不完全燃焼ですね。
次があるなら原稿作りから参加したいです。

私は単純な宣伝はしたくないのです。
それなら、営業系の人間が出演すれば良いわけですから。
わざわざ研究者が話す必要ないのです。

どんな思いで研究しているのか。
一言で「科学的に証明された」と言いますが、
どの様な実験をやっているのか?
研究秘話も含めて楽しく紹介したいのですよね。

ウンコ、うんこ、ウンチ!

今日は我慢したからブログでウンコる。


05/22
また出張

明日、CBC放送「ツボイノリオの聞けば聞くほど」に再出演です。
もちろん生放送。
前回の出演後のリスナーの反応が良かったためということです。
東海地方の方、聞いてくださいね~

しか~し、前回の「ウンコ」発言はあかんかったようで、
既に、厳重注意を受けております。

「それなら俺を出演させなければいいのに?。。。」

昨日のブログのように『妖怪うんこなすり』で連想される私ですよ。
『禁ウン』はカマキリから鎌を奪うようなものです。
つまり、『禁ウン』を貫くことは自己否定そのものなのです。
余りに自分に嘘をつくのが辛かったら、
次回からこの仕事断らせて頂きます(笑、でもマジ)。


更に出張は続きます。
ラジオ出演の後は長崎で大事な打合せ。
中部国際空港からでは夕方には着かないので、
新幹線で大阪に移動して伊丹空港から飛行機です。

出張の打ち合わせは資料の準備が必要です。
やっと市民講座が終わったところなのに、
昨日は夜中の1時まで準備。
しんどいです。

今回の出張を支えているのは、
長崎の美味しい魚と料理!

終わった後の懇親会もセットで呼んで下さる共同研究者に感謝!

05/20
市民講座大成功

昨日開催したました市民講座に参加して下さった皆様、ありがとうございました!
また、スタッフおよび関係者の皆様、お疲れさまでした。

舞台側からホール全体を見上げると(照明で眩しいのですが)、
ほぼ満員でゾクゾクしたのを覚えています。

会場の反応が良かったので、調子に乗って、冗談言い過ぎましたかね?
まあ、わざわざ足を運んで来て下さったわけですから、
少しでも楽しんでもらおうと思った次第です。
20130520.JPG

パネルディスカッションでは早見優さんに来て頂きました。
早見さん、やたらと勉強熱心。
昼食も我々と一緒にされ、今回の講演に関わる質問を連発。

早見さんの隣で昼食を食べているのは変な感じでした。
「俺、今、早見優と飯食ってる????」
って感じですかね。

我々の講演も、控室のモニターではなく、
早見さんは会場に出て来られて生で講演を聴かれていました。
パネルディスカッション前にその時のメモを見せて頂いたのですが、
3~4枚のA4の紙にびっしり。

驚きました。


司会の小林美幸アナウンサーとは2回目ですから、
「それに関しては、俺にふってくれ」は、

アイ・コンタクトでばっちり。
とてもやり易かったです。

我々のLKM512や研究に対する姿勢は聴講して下さった方々に伝わったと信じています。
あとは、皆さんが健康で末永くLKM512と付き合ってくれることを願うのみ。

そうそう、昨年できなかったイイノホールでのマーキング(排便)はできました!

05/14
市民公開講座開催

次の日曜日、5月19日の午後、協同乳業市民公開講座を開催します。
イイノホールで、昨年に引き続き2回目です。

今年は用賀アレルギークリニックの永倉俊和院長をお呼びして、
アレルギーをテーマに実施します。

臨床医の立場から、
アレルギーは何故増えたか?
どのような治療法があるのか
を講演して頂きます。

私はいつも通りのウンコなお話。
昨年のアンケートでは、かなり好評だったので、同じ感じでやろうと考えています。

さらに、歌手・タレントの早見優さんを迎えて、パネルディスカッションも行います。
楽しみです。

「是非来て下さい!」と言いたいところですが、

実は新聞紙面で公募しており、既に定員をはるかに上回る申込みがあるようです。
当選者には抽選で連絡がいっているようです。
ということで、今、これを知って聴講を希望される方は無理です。
誠に申し訳ございません。

と言いたいところですが、当選しても来られなくなる方はいるでしょう。
ということで、特別に、LKM博士枠で、数名をご招待します!
ツイッターで私宛に連絡下さい。
多い時は抽選です。

「その代りにウンコ出せ」とか理不尽なことは言いませんので、ご心配なく。
大相撲ファンを参加できないですね。
ちょうど八日目(中日)ですから。


04/30
さらば、助手K & 助手S

本日をもちまして、正式に助手Kと助手Sが私の所から去ります。

2人同時に。


はい、私のパワハラが原因で・・・、というのは嘘です。
完璧な円満退社です。

助手Kはご両親の願いもあり実家の近くで就職。
ワイン職人になるそうです。
皆さん「???ワイン職人???」と理解できないでしょうが、
成り行きに任せた結果で、色々と偶然が重なったようで、
本人もきっちり説明できないので、深く考えないで下さい。

助手Sは知らん内に彼氏をつくって、結婚を決めて旦那さんを追っかけて三重県に。

2人とも、私が生研センターの研究資金をゲットした際に、
私をフォローするために来てくれたメンバーです。
実は、初めての部下でもあります。
助手Kはプリンを担当していたのに突然の人事異動でウンコチームに。
助手Sは、大学で実験補助をしていたところを、ゲットした研究資金でパート採用。
2009年からちょうど3年半。

生研センターでは最終評価でS評価を頂きましたが、
彼らの活躍が無ければ間違いなく得られなかったでしょう。

助手Kとの仕事をまとめた実績は、論文1報、投稿中2報、特許1つ
助手Sとは、論文2報、特許2つ
(パートでしたが実績はその辺の正社員より断然上)
そして、現在執筆中あるいは実験中のものを合わせると、
将来あと3~4報は連名で論文に名前を載せることになるでしょうね。

んー、勿体ない。
しかし、自分で選んだ道ですから支持します。

最後に、このブログに助手Kと助手Sに関連したベストブログを紹介します。
面白いので読み直してみて下さい。

①助手Kが初めて登場した時のブログ。助手Kが寄稿したものです。
「LKM博士に助手登場!その名もK」

②助手Kネタで最も反響があったブログ
「ウン小話14」
こんな凄い技を使う人はいません。
そして、彼の変態レベルの高さが多くの方に理解して頂ける内容です。

③ブログ登場を恥ずかしがった助手Sが登場した数少ないブログ
「ウン小話12」
いつも、黙々とウンコを集めてくれました。

そして、助手Kへの最後の命令。
「ブログ用に、このアメリカのお菓子を食べている写真撮らせて」
共同研究者に頂いたお菓子です。
参照ブログ:「驚愕のアメリカンお菓子」

20130430.JPG
最後にブログに顔を出したかったようです。たぶん。

本当にご苦労様でした。

04/26
「つぼイノリオの聞けば聞くほど」出演

今朝、CBCラジオの「つぼイノリオの聞けば聞くほど」に出演してきました。
生放送でした。
130426.PNG
原稿があるようでない状態。
つまり大筋はあるのですが、細かいことは成り行きに任せるスタイル。

これが難しい。

企画者の気持ちは、
最低限の事は言って欲しいが、
私のキャラを活かして原稿にない話もして欲しい!
で、持ち時間の3分以上話して欲しい!

というところでしょうか。

私も「決まった原稿を喋るより、こういうスタイルの方がオモロイわ」
と気楽に構えていましたが、本番が近づいて来ると不安になってきました。

「あまり考えるとあかん、もうどうでもええわ」
と開き直った瞬間にスタジオへ誘導。
フワっした感覚で本番突入。

普通に、いや、ちょっとよそ行き気味ですが、自然な会話にはなったと思います。
つぼイノリオさんが上手く誘導して下さったお陰です。
でも、言いたいことは全て言えたわけでは無いので悔しさもあります。

難しい。

とはいえ、好ましくないと言われていたが言いたくて仕方なかった
「うんこ」
という単語は、
「うんち」
に本能的に修正しましたが、言えた点は満足です。

終った際、ディレクターさんに、
「原稿持ってましたよね?」
と聞かれたので、全然違うことばかり喋っていたのでしょう。

結果的に放送時間は6分50秒ということで、
予定の倍以上、LKM512の話題を提供できたようです。

           
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104