カレンダー

カテゴリー

最新のエントリー

 

アーカイブ

2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

検索

LKM512
メイトー
協同乳業研究所

11/25
ちょっとおもしろい実験①―もしも、共通した食事を食べたら?―

「食べ物を同じにすると、皆、同じウンコが出るのか?」

こんなこと、皆さんも、一度は考えたことがあるのではないでしょうか?
少なくとも、私は小さい時から考えています。
ここで言う、ウンコの違いとは、"色"、"形状"、"臭気"、"量"などです。

小さい時は、同じウンコが出ると思っていたのですが、
今では、大腸にはたくさんの腸内細菌が棲んでいることをこの眼で確かめたため、
「同じ食事をしても、腸内細菌の個人差の影響で、違うウンコが出る。
他人と同じウンコなんて出せない。」
と考えています。
理論的には個人差が出るはずです。

しかし、
その差とは何なのか?
その差はどの程度なのか?
・・・わかりません。
おそらく、誰も確かめていません。
誰も確かめようと思わないだけかもしれませんが。

ということで、私がやってあげようではないですか。
実験突入です。

つづく。

11/20
便臭の変動

実は、しばらくLKM512の摂取を控えておりました。
もちろん、研究のためです。
今回は周囲も巻き込んでの人体実験です。

LKM512ヨーグルトを食べるのをやめて2週間、
いつも芳醇な香りを醸し出していた私のウンコが、
とっても臭くなりました。

臭い状態で実験突入。
久しぶりに臭い自分のウンコを回収しましたが、辛かったです。

無事実験も終了し、
LKM512生活を復活させて1週間、
ようやく、"臭い"が"香り"に変わってきました。
復活です!  )*^O^*(

腸内細菌って、本当にウンコの臭いに関連しているのですね。
再確認できました。

ところで、何の実験をしていたのか?
ちょっと面白いエピソードを含めながら、
時間を遡って、明日以降に簡単にお話しようと思います。

11/18
大相撲九州場所(魁皇幕内通算800勝記念)

序盤の主役は魁皇ですね。
ついに、幕内通算800勝を達成しました。
しかも、大関が視界に入りつつある把瑠都を投げてです。
すばらしい!

初めて両国国技館に観戦に行ったのは、もう3年以上前、朝青龍の絶頂期です。
その時に、
「もう、魁皇を見るのは最後だろうな。」
「魁皇グッズでも買おうかな」
と思ったのを覚えています。
すでに、怪我でカド番を繰り返し、苦しそうだったのです。

それから、両国国技館に行くたびに、
「今回こそ、最後だろう」
の繰り返しです。
ところが、3年間その予想を見事に裏切ってくれているのです。
あと7勝で千代の富士を抜き、史上一位というわけですから、すごいです。
幕内在位98場所も、今場所で史上一位になりました。

以前にも書きましたが、私は魁皇と同学年です。
自己紹介では、いつもこのネタを使います。
以前は、「・・・?」という反応でしたが、
最近は、「じゃー、36-7歳か」と理解されることも多いです。
もうここまで来たら、行けるところまで行って欲しいです。

さて、毎回反響が多い、私の勝手な予想です。
まだ3日間しか見ておりませんが、
今場所も両横綱の一騎打ちでしょう。
但し、朝青龍は先に星を落とすと厳しいと思います。
両者ともに把瑠都戦が鍵になると勝手に決めています。
千代大海は苦しそうですが、気力はありそうなので、8勝7敗に
おさまるのではないでしょうか?

またもや、LKM512に関係なく、普通に相撲の話を書いてしまいました (^^;ゞ

11/16
イチロー以上!?

金曜日の延長戦です。

ふと思ったのですが、
イチローは200本安打を打てば、
201本であろうが、220本であろうが問題ありません。
当然、多いほうが高く評価されます。

ところが私は排便512回を超えてはいけません。
513回で終わったら、価値は激減です。
「なんで、1回我慢できなかったの?」
と非難されることでしょう。
530回もやってしまったら、しらけてしまいます。
これは難しい。
明らかにイチロー以上に困難な記録です。
この困難な記録を達成するためには・・・。
もう少しきっちりと計算し、綿密な計画を立てるべきでしょう。

10月18日、午前10時現在、291日間で412回の排便。
つまり、ペースは1.416回/日。
今まで通り、このペースなら、残り74日で104-5回排便してしまいます。
4-5回オーバーになるので、少しペースを落とさなくてはなりません。
この程度なら、ちょっと我慢すればよいのか?

いやいや、12月の忘年会などで飲みすぎると下痢になることもあるので、
もう少しペースを落とした方がよいのか?

既に10月18日から20日経っているので、
そのデータを追加して考えないといけないか。
計算やり直し?
・・・ ( ̄~ ̄)ξ

こんなこと考えていたら、便意を催しました。
ややこしいので自然に任せましょう。
では、行ってきまーす。お便所に!

11/13
残り100回、カウントダウン?

正月からこのブログを読んで頂いている方は
覚えていますか?
今年の私の目標は、排便回数を数えることです。
そして、3月に途中経過を調べたら、
年間507.35回のペースで、512回になれば
面白いとコメントしました。
(1月5日と3月18日のブログを見て下さい。)
その後、どうなっているのかと思いチェックしました。

その結果、
10月18日の朝10時に
いつも間にか、残り100回(通算412回)を
突破していました。

この時点から計算すると、残り74日で100回排便すれば
512回になるので、
1.35回/日のペースでいけば良いことになります。

何やら、イチローの安打数みたいで、
結構、格好良いではないですか?
世界初、ウンコ回数カウントダウンでもしてみるか。

11/10
即身仏(続き)

お久しぶりです。
この2週間、非常にドタバタしておりまして、
私の手元にほぼ完成しているブログは幾つもあったのですが、
アップするのをサボっていました。
まさに、便秘状態!

ずっと前に書いた「即身仏」(10月22日)の続きをアップします。
そう、生きながら仏になる僧侶のお話です。

==========================

住職さんのお話で、驚いたことは、
即身仏になるという行為は、遠い昔の話、
つまり江戸時代までの行いのような気がしますが、
明治時代になっても行われていたそうです。
昭和初期まで、木食行は行われていたと聞きました。
地中で成仏するのは法律上できなくなり、行われなくなったと説明を受けました。

また、即身仏になるお坊さんが出ることは、
その集落にとって名誉なことなので、
修行中は色々なお布施がもらえるそうです。
つまり、今で言うスポンサーがつくという状態です。
生まれ育った集落のために、
体を張って稼ぐという意味もあったそうです。

メタボロームの話をして約2時間後の出来事なので、
最初は
「木食行をすると、どんなウンコになるのだろう?」
「腸内細菌もほぼ壊滅したのかな?」
なんて脳ミソが勝手に考えながら聞いていましたが、
最後は、只々、過酷な修行の世界に圧倒され、
研究の成功を祈願して寺をあとにしました。

11/04
マーキング

野生動物はもちろん、ペットの犬や猫も、 自分の尿や糞を使って、自らのテリトリーを主張しているのはご存知でしょう。 この行為をマーキングといいますね。 私の場合、初めての場所(建物、駅など)に行くと妙に便意を催すのです。 もちろん"大"の方です。 おそらく少し緊張するからでしょう。 とにかく、新しい場所ではいつも便所で用を足します。 この行為を、私は"マーキング"と名付けています。 先日、通勤経路に新しいコンビニができました。 早速、立ち寄りマーキング。 ウォッシュレットで最高でした 8(≧▽≦)8 朝は、会社に着くまで車で1時間10分。 毎朝、便意と戦いながら通勤している私にとって、 通勤の質を向上させる貴重な便所の登場です。 とにかく綺麗な便所なので、 ウンコに頼ったマーキングでなく、 勝手にLKM512トイレットペーパーでも備え付け、 完璧なマーキングをしようかと企んでいます ( ̄ー+ ̄) ニヤリ。 toilet.jpg 以前にも紹介しましたが、これがLKM512トイレットペーパーです。 イベント等で配布中!

10/30
負傷

昨日お話しました、名古屋・広小路商店街での説明は、
ノートパソコンを椅子に乗せて、
スライドを映しながら、
骨密度測定の順番待ちの4-5人位に対して、
並んでいる7-8分間を利用して喋るのです。
それが終わると、また新しいお客さんが並んでいるので、
そちらの方々に話をする。
つまり、お客さんが来る限り、休みが無いのです。

そして、お客さんは椅子に座って待っているので、
目線をあわすため、
私はずっと膝を曲げて腰を下ろして、踵を上げて爪先立ちの姿勢です。
いわゆる蹲踞(そんきょ)の姿勢、
相撲や剣道で、試合直前に相手と向き合った姿勢です。

22日は昼から大盛況で、なんと3時間近く、
蹲踞の姿勢を続けたのです。

すると23日朝、膝に水が溜まっているではないですか \(>。<)/゙
私はずっと中学校から大学まで体育会で剣道をしていて、
少し調子がおかしい日は、稽古の後、激しく踏み込む右足の膝に水が溜まる癖がついていました。
ここ5年ほど、剣道をしていないので忘れていたのですが、
全く同じ感覚で、膝がパンパンです。
足が疲れた記憶はありますが、喋り過ぎで喉の方が痛く、
そんなに負担がかかっていたとは気付きませんでした。
次回から、プレゼンの方法を少し変えた方が良さそうですね。

そうそう、
次は11月1日(日)10:00~15:00、千葉県船橋市の「ふなばし健康まつり2009」にLKM512チームは参加します。
LKM博士ファンの方、「メイトー健康ブース」へどうぞお越し下さい。

10/27
営業をする研究者

新着情報にも載せましたが、
10月22日、23日に名古屋・広小路商店街で
「メイトーさわやか健康フェア」を出展し、私も参加しました。

研究している人間が、そんな所に出向いて何をするのか?
もちろん、末端の消費者の方に直接LKM512の素晴らしさを説明するのです。

骨密度測定の順番待ちで並んでいる方々に、
興味があろうが、無かろうが、
一方的に話し掛けるという荒業です。

全く興味もない方々を相手にするわけですから、
それはそれは、想像以上に辛い仕事です。
研究者は、普段、学会など、自分の仕事に興味を持っている人の前でしか話をしません。
素人参加のシンポジウム等でも、自分の話を聞こうとしてくれる方が対象です。
ですから、興味も無く、専門知識も無い方々の前で喋るのは、
全くの別物で、武器を持たずに戦争を仕掛けるようなものです。
私も最初は戸惑いました。
殆どの方に迷惑な嫌な顔をされますから、話し掛けること自体が怖くなります。

ただ、何度か経験して、どうやらコツは掴めたようです。
話のつかみは、ウンコ話をすれば良いのです。
ニコニコして且つ自信満々に"爽やか系ウンコ話"をすれば、
不審に満ち溢れた表情が、みるみる興味津々の顔に変化します。
そうなればこっちのもの。
特に、商店街は話の途中に自分勝手に割り込んでくるおばちゃんが多いので、
そのおばちゃん達と掛け合い漫才のように話を進めていけば、
自然と人が集まって来るのです。

絡んで来ない時は、こっちから余計なことを言えば、10回中7回は成功します。
私「おはちゃん、便秘やろ?」
客「えーっ、いややー。なんでわかるのー?」
私「そんなん簡単や。俺、プロやから。」
客「うそーっ。さすが研究してはる人は違うわー」
って具合に
(注)関東では標準語で返ってきます。もちろん私の台詞は変わりません。

広小路商店街で話を聞いて下さった皆様、ありがとうございました。

10/22
即身仏

皆様、即身仏ってご存知ですか?

説明が正しいか若干不安ではありますが、
民衆の苦しみを救おうと、僧侶が厳しい修行の末、
自らの肉体を生きながら仏(ミイラ)として残したものです。
現存する即身仏は、国内に16体程あるようですが、
その内、約半数が山形県、それも庄内地方にあるそうです。
せっかく、訪鶴しましたので打ち合わせ後に会いに行きました。

向った先は、鶴岡市内の南岳寺です。
ここには鉄竜海上人が祀られています。
訪問すると、住職さんが詳細に説明して下さりました。

説明を聞いて驚いたのは、
自らミイラ化するために厳しい修行をされていたということです。
それも極寒の出羽の山の中でです。
つまり、ミイラ化の大敵である腐敗の原因となる
体内の水分や脂肪を極限まで落とすために、
五穀・十穀断ち(タンパク質や脂質を極力摂取しない)の
1千日間の木食行(木の実や草の根しか食べない)をされたようです。
植物の細胞壁の主成分であるセルロースは、
ヒトの消化酵素はもちろん、腸内細菌ですら殆ど分解できません。
いわゆる不溶性の食物繊維です。
そのため、食べたものの大部分が分解・吸収されずに排泄されていたことになります。
この修行で、ほぼミイラと同じ体型になるそうです。
(この段落は科学的観点から記述しているので、ミイラと表現しました)

この話を聞くまで、エジプトのファラオなどと同様に、
高名な僧侶が、死後に弟子達による防腐処理により残されていると思っていた私は、
強いショックを受けました。
木食行の後は地中に入り、節を抜いた竹筒で空気穴だけ開けて、
鉦を打ち、お経を読みながら成仏されたそうです。
鉦の音の停止が、成仏された合図だったとか・・・。

           
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107