カレンダー

カテゴリー

最新のエントリー

 

アーカイブ

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

検索

LKM512
メイトー
協同乳業研究所

01/22
発表! 2013年 年間ウンコ回数

遅くなってすいません。
年に一度のメイン・イベント
年間ウンコ回数の発表です。

2013年の排便回数は
536回!!!!!
1日あたり1.419回
20140122.jpg

過去のデータと並べてみますと、
2009年 509回
2010年 533回
2011年 508回
2012年 500回
2013年 536回
5年間の平均は517.2回

つまり、2010年の533回を3回上回る最多回数でした。

最多記録でた---っ
って威張りたい気もしますが、
ビフィズス菌LKM512に因んで512回ジャストという崇高な目標がある以上、
この結果は喜べません。
512回との逸脱度では過去最低で、24回もの差があります。

何度か書いていますが、
多ければ多い程評価されるプロ野球選手の安打数とはわけが違います。
はるかに難しいことに挑戦しているのです。

そもそも512回を達成するためにはどうすれば良いのか?
今年のデータを眺めていると、
最高は4月の52回
最低は病気で寝込んだ9月で36回
こういう波を減らして行くのが理想的です。

512回にするには、計算上は
月間42.7回、1日あたり1.4027回
ということになります。
少し希望が持てるのは昨年終盤の10、11、12月のデータがこの値に近いのです。
この3ヶ月の平均は月間43回、1日あたり1.4021回。
明らかに理想的な数値なのです。

つまり、10、11、12月の生活をすれば512回に近づくわけです。
そして、興味深いのが、
昨年10月は9月に初めて体調が悪くなって会社を休んだ直後で、
ここから生活スタイルを少し変えたのです。
睡眠時間は1時間増やしました。
飲み会後のラーメンは完全お断り。

そういう訳で、今年はデータ管理型挑戦で崇高な目標に達成を目指します!
応援よろしクソ

01/16
ここは東京です

こんなお土産頂きました!

20140116.JPG

東京ばな菜の花 バナナシェイク味、「見ぃつけたっ」
という商品のようです。
東京ばな奈「見ぃつけたっ」の期間限定品でしょうか?
あるいは定番の姉妹品。
よくわかりませんが、初めて見ました。
美味しかったです!

でも、これって東京土産ですよね。
すなわち、
東京の人が別の土地に行く際に持って行く土産。
あるいは東京に来た人が買って帰る土産。

もらっておいて書き難いですが、
「なんで、東京都で働いている我々にこれなんや?」

理由は一つ、
ここ(東京都西多摩郡日の出町)は東京ではない
と客人に思われたということでしょうね。

確かに、
東京からは中央線で立川まで来て、
青梅線で拝島まで来て、
五日市線で秋川まで来て
徒歩20~30分
ですけど。


出張後の土産は義務であり且つ中身にも非常にうるさいウンコ研究室の一員より

01/15
平和やったな...、1週間

年明け1月6日の仕事初めから昨日まで
なんと、丸々1週間、外出・出張・講演がなかったのです!

対外的なミーティングは3つ行いましたが、
皆さん、わざわざ東京都西多摩郡日の出町まで足を運んで下さいました。

奇跡です!

実際は、強引に断ったり、こっちに来てもらったりしたからですが ( ̄ー+ ̄)

でも、奇跡です!
ここ数年間はこんな事なかったわけですから。
少し油断して風邪ひきかけるくらい平和でした。

おかげ様で、研究論文系の仕事が稀にみる進展度。
10月からずっと悩んでいた論文審査結果への回答書も完成しました。
審査員3名、合計35個にも及ぶコメント。
徹底抗戦スタイルで、
怒りと泣きの気持ちを抑えて、
完成した回答書はA4で10枚にも及びます。
もちろん英語ですよ~
これでreject(掲載拒絶)されたら、私はグレます。

余りの充実度に次のレポートも書き始めました。

残念ながら、
今日から外出・会議・出張・講演の生活が徐々に復活しそうです。

ウンコブリブリ~ (×_×;)

01/09
肛門洗浄力の好みの多様性

記録によると、今年に入り、既に6回会社のウォッシュレットで排便しております。

このウォッシュレットは「弱」1から「強」5まで5段階なのですが、
毎回座る度に私好みの「3」ではない状態になっているのです。
20140109.JPG
それが幅広く、
痛い位強烈な「5」の人もいれば、
痔じゃなかったら使わんやろと思うゆるゆるパワーの「1」の人もいたのです。
「4」の時もあったし、「2」の時もありました。

全く他人の好みはわかりませんので、一度、本格的に調査したいです。
日によって使い分けているのか?
ムーブ機能は使っているのか?
等々も含めて。

あと、正規分布するのかも知りたいですね。

01/08
閉まる瞬間をみてしまいました!

昨日の大仏さまの顔は如何でしたか?
(参照ブログ⇒あの戸が開くの知ってました?

では、あの桟唐戸をもう少し近くで見てみましょう。
こんな感じです。
2014010801.JPG

内側から撮影する人はあまりいないでしょう。
こんなのです。
2014010802.JPG

午前8時まで中門が開いている、つまり8時頃にはこの桟唐戸も閉まるので、
どうやって閉めるのか見届けようかと思いつつも、
時間はまだ午前7時半。
「30分も待てないな」と思った瞬間、
少し空いている戸の幅が狭くなっているのに気付きました。
???
やっぱり閉まっていく。
2014010803.JPG

2014010804.JPG

2014010805.JPG


2014010806.JPG


2014010807.JPG


1分以内の出来事でした。

ところで8時と違うの?
大仏さまは明るいのが嫌いなのでしょうか?
それとも夜通し働いていたお寺の方が早く朝飯を食べたかったのか?
よくわかりませんが、7時半頃閉まりました。

電動か?
いや、そうではないようです。
何故かホッとしました。

赤の他人の目撃情報ですが(つまり周囲から聞こえてくる会話ということですが)、
大仏殿の中でお寺の関係者が、
何か鎖のような物を一生懸命引っ張っていたらしく、
周囲にも何かが引っ張られているような、回っているような、
ガラガラガラというかジャージャーというか表現し難い音が響いていましたので
滑車のようなシステムで開閉しているのでしょう。

以上、年明け早々俺は運が良いぞとアピールするレポートでした。

勝手に奈良県観光大使より

01/07
あの戸が開くの知ってました?

正月は春日大社にお参りに行くことはあっても、
同じ奈良公園内でも、東大寺に行くことは殆どありませんでした。
でも、今年は行ってみました。

しかも1月1日の早朝。
何故かって?

この日は大仏殿の外から大仏さんの顔が見られるんですよ。
意味わかります?

東大寺を拝観したことがある方はわかると思いますが、
大仏殿の正面に位置する大仏殿中門はいつも閉じられており、
入場するには左側でチケットを購入し、そこから入堂します。
その中門が、元日だけ開扉されるんです。
つまり、年明けから朝8時までの僅か8時間だけ入堂無料。

その中門から入ると、正面に大仏殿があるのですが、
大仏様の顔の前の桟唐戸(さんからど)が開かれ、
大仏様の顔を大仏殿の外から参拝することができるのです。
(ちなみに桟唐戸が開くのは8月15日の万灯供養会の夜とこの時のみ)

ほら、この通り
2013010701.JPG

もう少しアップにしてみましょう。
2013010702.JPG

さらにアップにしてみましょう。
2013010703.JPG

大仏様のお顔参拝は、時期、時間共に限られているので、
本気を出さないと観光客は見られません。
特に京都や大阪観光のついでに奈良に来る観光客には無理なはずです。
この時ですら、週末の昼間より参拝者は少ない位ですもの。

「たまには本気出して奈良に来てみ~」

以上

勝手に奈良県観光大使より

01/06
午年です。我々の研究でウマと言えば・・・

仕事初めは真面目に研究系の話から始めますかね。
(元旦にブログをアップしておりますので、そちらがまだの方は読んで下さい→
明けましておめでとうんち!

我々はさすがにウマを研究対象にすることはありません。
獣医系の方でウマの腸内菌叢を調べている方等はいますが。

我々のように腸内細菌を研究している者にとって、
最も身近なウマ絡みの物は、
間違いなく、ウマの血液でしょう。

腸内細菌用の寒天培地(微生物のための栄養が入った培養用の寒天。シャーレ内に入れて作ることが多い)にウマの血液を入れるものが古くから使われています。
ですから、ウマの血液そのものが市販されています。
2014010601.JPG


100 mlで5000円程度です。
高いのか安いのか全くわかりません。

ウマ血液寒天培地を作製するにあたっては、
血液を入れるタイミングが少々難しく、
ウマ血液(特にタンパク質系成分)が熱で変性しない温度、
且つ、寒天が固まらないギリギリの温度帯で、
(添加するウマ血液の影響で下がる温度も計算に入れねばならない)、
つまり大体55℃位のタイミングで、
撹拌しながら添加しなくてはなりません。
もちろん、使用前の寒天培地に微生物が混入したらいけないので、
温度計など突っ込みません。
高圧滅菌後の寒天が溶解した液状の培地が入ったフラスコを手で触って判断します。
慣れれば簡単ですが、少々、職人技です。

先人達が、どうしてウマの血液に行き着いたかは不明ですが、
試行錯誤の努力の賜物であることに間違いはないと思います。
不思議なことに、寒天培地にウマ血液を入れると、
培地の上に生育する腸内細菌は、種類ごとに色や形状に差が出てきて、
識別し易くなるのです。
2014010602.jpg


これ、私の腸内菌叢をウマ血液添加するBL培地(Blood-Liverの略で血液と肝臓エキスを主成分とする培地)というもので培養したものです。
大きさ、形状、色が異なる多種類のコロニー(1個の菌から増殖した塊)が生育しているのがわかると思います。
もしウマ血液を入れないと、全部、白いコロニ―になって識別困難になるのです。

また、ウマの血液を入れないと生育しない菌種もあるようです。
おそらく、ある菌種にとっては増殖因子になる成分が含まれているのでしょう。

近年は、DNAを使って菌種解析するので出番は少なくなっておりますが、
腸内細菌をウンコから分離するためには必要なものです。

今年は、いつも以上に血液を抜き採られるウマに感謝して、
ウマ血液を使いたいと思います。

01/01
明けましておめでとうんち!

2014年、のっけからふざけたタイトルですいません。
でも堅苦しいのは嫌いですので。

年始の挨拶位は、ふざけないできっちりしろと、
真面目な社員には怒られそうですが、
新たなステージに羽ばたくLKM512にとっては、
これまでの「殻を破る」ことが大事なのです。

ということで、
一発目のブログは「殻を破った」この画像から始めたいと思います。
20140101.JPG
少々、ピントがずれており申し訳ございません。
動きが早いものですから。

これ、脱皮直後のハサミムシです。
まだ表皮が固まっておらず、触るとふにゃふにゃです。
光沢のある赤黒~黒色の体が特徴のハサミムシが、
脱皮直後は神々しい位に真っ白であることはご存知でしたか?

停滞している仕事は、このハサミムシのように、
思い切って殻を破って挑戦する必要があると思います。
そしたら、全く違う色の発想が出て来るはずです。

本年もバシバシ書きますので(しんどいけど)、
このブログ&LKM512&メイトーを
よろしく    ┌(゚ロ゚)┐
お願い致します!!  ┌(_ _)┐↓

12/27
2013年もありがとうございました!(心に残っている事)(後半)

昨日の続きですが、もう一つ番外がありました。

【番外】職場便所のウォッシュレット化
これは素晴らしいの一言に尽きます。
ただ、ウンコを回収することが多い我々は、
採便がやり易い和式便所をそのまま残してもらいました。
ある雑誌の取材でこの話題になった時、
「会社の便所改装工事に博士個人の意向が反映されるのですか?
信じられない。さすがウンコ博士」
と驚かれました。


【第5位】今年も市民講座開催!隣は早見優!
今年もイイノホールほぼ500人満席で開催できました。
ご来場下さった皆様、誠にありがとうございました。
ゲストは早見優さん。
非常にまじめな方で、パネルディスカッションをするにあたって事前に色々お話しておきたいと、
昼ごはんから同席されました。
「隣に早見優が座って会話しながら飯食ってる????」って変な感じでした。
他にも、生島ヒロシさんともお酒を飲んだのも良い思い出です。


【第4位】ブログ1000回突破
2008年に立ち上げて5年弱で1000回突破しました。
1000回の記念ブログには春日野部屋さん(マネージャーさん)より頂きました!
誰にもわからないでしょうが、これ、最もしんどい仕事の一つです。
広報する部署にいるならともかく(それでも無理と思いますが)、本業は研究ですから。
「ぼちぼち面白かった話を抜粋して本にしてもええんとちゃうか」と言ってますが、
誰も相手してくれません。
来年末までこのペースで続いたら、
ウィークデー連続執筆記録1000回を突破するんじゃないですかね?
数えてみなければなりません。


ここからベスト3です。
正直、順位が付けられません。同率1位って感じです。
全て初体験ものです。

【第3位】ゴードン会議で招待講演
権威ある国際学会「ゴードン会議」のポリアミンセクションに招待されて講演しました。
光栄なことです。
この会議に招待される日本人がどれ位いるか?
自分のやってきたことに自信を持つと共に、英語力の無さを痛感させられました。
また、良い出会いもありました。
あのレベルの英語力でゴードン会議でスピーカーを務めた人間は私位でしょう。
詳細はここ↓
7/25海外出張報告 ―ゴードン会議出席①―
7/26海外出張報告 ―ゴードン会議出席②―
7/29海外出張報告 ―ゴードン会議出席③―

【第2位】春日野部屋軍団とインフォマーシャル撮影&ちゃんこ初体験
これはまだ記憶も新しく、強烈に脳裏に焼き付いています。
改めてコメントするより、直後に書いたこれらのブログをご覧下さい。
詳細はここ↓
12/11ちゃんこ頂きました!
12/13インフォマーシャル撮影(前半)
12/16インフォマーシャル撮影(後半)

私と絡んだ方は皆さん出世する傾向が強いので、栃煌山関の大関昇進に期待!
とにもかくにも、来年も全力で応援します!


【第1位】初めての病欠
1997年に入社して一度も病欠したことなかったんです。
職場が風邪で壊滅状態でも、全く大丈夫。
家族がインフルエンザに罹っても、全く大丈夫。
風邪ひかない=俺ってアホ?
って位に。
それが、初めて病欠したのです。
8月最終週から11月第2週まで土日は講演ばかり。
倒れる直前は19日連続勤務でしたね。
疲労で抵抗力がなくなっておりました。

これは来年は厄年を迎える私にとっての警告と思い、
病欠後は仕事を1時間早く終わるようにして、睡眠時間を30分間増やしています。
仕事以外の飲み会は、
自分が楽しいと感じる人以外とは行かないようにしています。


以上、企業ブログに書ける、2013年に私が印象に残っている事でした。

1年間、どうもありがとうございました!
暴飲・暴食して腸を酷使する方は、帰省先、旅行先にもLKM512をお忘れなく!

では、皆さん、良いお年をお迎えくだ採便管!

12/26
2013年もありがとうございました!(心に残っている事)(前半)

今日と明日で、私個人の2013年を10大ニュース風に振り返り、
今年のブログを締めたいと思います。

10大と言いながら11位から。

【11位】古いメンバーとの別れと新メンバーの登場
変態助手Kと電撃結婚助手Sが私のもとを去り、
助手A♀ともう一人の助手(強烈過ぎて未だブログに登場していない)が加わりました。
助手A♀のダイエット企画は社内では人気企画に成長しつつありますが、
会う人会う人、そのネタばかりなので本人はイラついています。


【10位】原著論文は1報のみアクセプトと苦戦
めちゃくちゃ苦戦しました。
受理された1報はYahooニュースに取り上げられる等、注目を浴びたのですが、
(参照→2013年4月ニュースリリース
他の論文は今なお苦戦中です。
でも、挫けず実直に執筆活動はしております。
現時点では審査中2報、審査後の修正中1報、放浪中1報です。
私がCorresponding author(責任著者)あるいはfirst author(筆頭著者)ではなく連名で掲載されたものは2報ありましたが、個人的には評価対象には入れていません。
来年は爆発する予定。必ずや!!!


【第9位】講演、講演、講演。執筆、執筆、執筆。
何回講演したかわかりません。
手帳を調べればわかるでしょうが面倒です。
工場見学を合わせると月に5~6回はやったのではないでしょうか。
年60~72回か。
依頼原稿も多かったです。
総説や解説依頼が10報近くありましたかね。
もう良くわかりません。
年末には英語の本(1章分を担当)も初体験。
手元にあった総説・解説が掲載された雑誌です。
20131226.JPG

【第8位】ラジオ生出演。後で怒られ、もう少しで出入り禁止の刑
好きに喋れと言われたので台本を無視してウンコネタを話したら、
放送後、結構大事になったようです。
大人の事情はよくわからん。
ただ、同じ放送局で何度かラジオCMにトライしてみましたが、
この回の反響が一番強かったのは言うもでもありません。


【第7位】春日野部屋とのコラボ企画で大相撲本場所溜席プレゼント企画発足
これは自画自賛の企画です。
大相撲のファンにとってはあり得ないほど魅力的なはずです。
土日の正面の砂かぶりをペアでプレゼントなのですから。
感謝のお手紙を頂いたこともあります。
・・・・・・
しかし、現在、存続の危機にあるのです。
現時点では、これだけしか申し上げられません。


【第6位】東京工場・研究所敷地内でバザール開催
これ、当日の記憶があやふやになる位に凄まじかったです。
運営方法、そして駐車場を含めた安全面が今後の課題です。
ただ、メイトーを知ってもらう、或いはお客様と触れ合うには素晴らしい機会だったことは間違いありません。
担当した講演会では、アシスタントまなみのCBKSDMNEWDNNKKSSDに頼って、どうにか凌いだという記憶しかありません。


ベスト5は明日に致しますが、一つ番外を紹介

【番外】日の出町でLKM博士として人気上昇中
地元の皆さんを招待して工場見学&講演企画を実施しているもので、
結構顔を覚えられているようです。
産業まつりに不在だったら、「あれ、ウンコ博士は今日はいないのですか?」
アメリカから帰国して、どうしても寿司が食べたくて、
日の出イオンモールで一人で回転ずしを食べていたら、
「あれ、ウンコの先生じゃないですか?」
と、声を掛けられる始末。
人気者はつらい。

では、続きは明日。

           
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104