06/03
研究者の言葉レセプター

昨日、石川県立大でセミナーで話をさせて頂きました。

よかった!

何が良かったとは一言で述べられません。
極めて感覚的なものです。

一般的には、自分の研究を紹介した場合、
それに対する参加者の意見を頂き、
研究のヒントなり、今の方向性の正しさなりの確認などができます。
当然、他人の研究も刺激的で、また気軽に質問できるのも良い点です。

また、懇親会をすれば、それは更に深まり、
新たな人との繋がりができます。
共同研究が始まるのも、こんなきっかけが殆どだと思います

勿論、昨日はそれらは完璧でしたが、それだけじゃないのです。
謎の充実感。

おそらく、似通った価値観を持つ人達と話せるのが良いのでしょう。
研究に対する野望、希望、失望、絶望、願望、(糞望)
私の場合、会社では得られない何かです。

日本全国探しても1ppm(100万分の1)程度の濃度でしか真剣にウンコ研究に取り組んでいる人間はいないわけですから、学会以外の場所で集まれるのは素晴らしいことなんです。

ウンコ話はいつもしているのですが、満足度が違うんです。
ウンコロジーを知っている人、或いは話を聴いてもらって理解して興味を持ってもらった研究者ならではの反応が、私の心を満たしてくれたのだと思います。

たとえ、研究が成功し社内で評価されても得られないものです。
たとえ、ハイレベルなジャーナルに論文が掲載されても得られないものです。

研究者は、研究者の言葉にだけ反応するレセプター(受容体)があるということです。

このレセプターを介して気力が発現しました!

このような機会をくれたシン君
サンクソ ベリー ウンチ!
(バカにしているようだが最上級のお礼)

06/02
誤算

羽田空港第2ターミナルなう。

今日は共同研究者に頼まれ大学にセミナーをしに行くため、
早朝の空港行きのバスで出発し、余裕をもって空港に到着し、空港でプレゼンの仕上げをする予定であった。
予定通り到着したが誤算があった。

ウンコ

である。

5時台に出発、更に余裕のある時間帯での到着予定のため、
朝食は空港でと考えていた。
従って排便も空港で行う予定。

しかし、予定は狂った。

出発直前に便意をもよおしたのだ。
排便。
何とか走ってバスには間に合ったが汗だく。
でも、間に合えば良い。

しかし、
バスの後半に、再び便意をもよおしたのだ。

そう、私のウンコ回数記録表によると、月曜日は他の曜日と比較して統計学的に有意に排便回数が多いのだ。
おそらく、土日にいっぱい食べて、且つ、土日の排便回数が少ないため、
たっぷりウンコが溜まっているのであろう。

バスに便所はある。
しかし、空港のウォッシュレットでしたい!
まだ、余裕があった。

しかし、バスを降りた途端、猛烈な便意。
漏れそうな状態。
走れない位、ウンコが肛門を刺激している。

何とか便所に駆け込んだが・・・、大便所満員。
「なんで、皆、こんな早朝からウンコしてんねん。」
と思いつつ、より端っこの便所へ、膝から下を使ってもがき歩き進む。
羽田空港第2ターミナルの便所の位置は把握している。

着いた。
しかし、ここも満員。空いている便器がない。

絶望&冷汗
漏らすわけにはいかん・・・。

ロビーの反対側の端っこまではいけない状態。
とっさに階下の到着ロビーへ移動することを思い付く。
早朝のため、まだ到着便は無いため、空いていると判断したのだ。

近くのエスカレーターで降りて
間に合った。

05/27
ボケボケ事件

昨日の出来事である。
電話に出たらやたらと声が小さい。
話し慣れた相手(サトシ君)であるが、いつもと異なりとにかく声が小さい。
1分間程話した後、耐えられずに、

私「声小さくて聴こえ難いんやけど?」
サ「こっちもです。」
私「携帯電話?」
サ「いや、板橋(会社本部)のいつもの固定電話からですよ。」
私「まるで○○君(とにかく声が小さい社員)と話ているみたいやねんけど」
サ「ハハハッ」
私「さっきまでは大丈夫やったけど、なんでやろ?」
サ「たぶん風のせいですよ。今日、凄く風が強いんで。暴風です。」
私「電話って風の影響を受けるんか?まあ、ええわ...(なんとか会話できるので)」
(電話線を介しているので、そんなはず無いやろ。台風の時も電話できるし...と思いつつ。)

1分後に要件を確認し、電話を切って子機を置くと、バタン。
? 倒れた?
???
??????
「うわっ、反対や」

受話器(話を聞く部分)を口側に、送話器(話をする部分)を耳側にしていたようである。
まるで志村けんのコントではないか!

15分かけて作成した解説図
20140527.jpg
どうやら私、少々お疲れのようです。
優しく接して下さい。

05/22
お薦めの焼肉屋紹介

大阪の市民講座の前日に関係者を集めて行ってきました!

私の学生時代の先輩が経営している焼肉屋です。
『焼肉工房つるまさ』
大阪府内に2店舗ありますが、先輩がいるのは2店舗目の塚本店。

隣の研究室の先輩で、
朝は比較的強い私はアパートからモーニングコール
その代わり、先輩は私をアパート~研究室間を車で送迎
という共生関係を形成していました。

(信じられないでしょうが、その研究室は教授より遅く研究室に着くと実験の相談すらしてもらえないという色々な意味で恐ろしい環境だったので、教授より早く出研(※)せねばなりません。さらに手強いことに、教授は早朝7時頃には出研するのです。従いまして、我々は毎日6時半には起きて出研せねばなりません。我々はあり得ない位早朝から勉学に励んでいる大学院生だったのです。)
※研究室に来ること。出社と同じように使う(私の造語)

土曜日はかなりの頻度で一緒に近くの温泉に行っていたのですが、
「どこまで不潔に耐えられるか!」
と水曜日位から風呂に入らず耐えるというようなバカなこともよくやったものであります。
金曜日の午後とか体中が恐ろしい位、痒くなるわけです。
しかし、これを耐えて入る温泉は至福の快楽を味わえるのでお薦めです。


先輩だからというのではなく、とにかく安くて美味い。

タンは牛の舌と認識できる厚切り!
チェーンの焼肉屋で薄いタンに慣れている方は、タンって気が付かない位の分厚さです。
コース料理に出て来る野菜は凄まじい量。
目玉はこのハラミ。
20140522-1.JPG

伸ばすと、60~70cm位ありますかね。
20140522-2.JPG

おかげ様で、腹いっぱい食べた私は、
次の日のウンコはたっぷり4回でした。

05/21
一時的に悪いニュース

ある米国の研究者が、
「米国内の研究資金に申請するのだが、その研究内容がかくかくしかじかなので共同研究をしてくれ」
と言って来た。
正確には『言って来た』のではなく『メールを送って来た』である。

かくかくしかじかな内容はもちろんブログで公表できないが、
我々が損をすることは無さそうなので、申請書の準備に協力した。

1ヶ月後、
落選を示す内容のメールが届いた。

しかし、そのメールのタイトルが素晴らしい!
Temporarily bad news about our project
『我々のプロジェクトに関する一時的に悪いニュース』という意味である。

「ヘイ,ミツハル! 半年後にまた挑戦するのでヨロシクッ!」
で締めくくられていた。

なんて前向き...。
不思議なもので、何故か落選したことすら感じない。

というか、落選したことすら明確には述べられていない。

私の英語力がなく、「採択されたので、半年以内に実験データを出そう」
という様な内容だったらどうしようと、何度も読み直した程である。

05/19
市民講座へのご参加ありがとうございました!(大阪編)

昨日(5/18)に開催致しました市民講座へご参加下さった皆様、
誠にありがとうございました。
m(μ_μ)m

初めての大阪での開催ということで不安でしたが、
約550名の方に来て頂けたということでホッしています。
20140519.JPG

場所がわかり難かったようで、多くのご来場者の方には大変ご迷惑をかけし、
誠に申し訳ございませんでした。
m(*д*)mお許しを...
それにしても迷路みたいな建物でした。
あるエレベーターに乗ったら会場のある2階には止まらないとか・・・
綺麗で近代的なのは素晴らしいのですが・・・。
案内役を配置しておりましたが、500名を超える大人数を賄い切れませんでした。

今回のパネルディスカッションは香坂みゆきさんに参加して頂きました。
早見優さんとは、また違う雰囲気。
自然体で、思ったことをスパッとお話される方でした。

不思議なのは、1週間前に東京での市民講座と同じ内容でパネルディスカッションを行ったのですが、話の内容が全く異なったことです。
事前の打合せは5~10分程度で、「こんな質問をします」
とだけ言われているのですが、話す内容はいちいち考えていません。
従って、流れに任せて思いついたことを話すのですが、
あそこまで内容が変わるのは驚きです。

終わってから、自治医大の早田邦康先生、司会の小林美幸さんとも、
「先週と全然違ったね~」
と、自分たちが一番驚いていました。
ちょっとした香坂さんと早見さんの反応の違いが影響したのだと思います。

05/13
注目の論文に選ばれました!

4/2にブログで紹介しましたNature姉妹誌Scientific Reportsに掲載された論文が、
2014年4月の「注目の論文」として選ばれました!
(参考ブログ⇒我々のアンチエイジングに関する論文が公開されました!

各月に掲載された論文の中から1~数報選ばれるようで、非常に光栄です。
これがそのページの写真です。
20140513.jpg

日本語の要旨まで付けて頂いておりますので、
是非ご覧ください。

注目の論文(日本語要旨)

ネイチャー・パブリッシング・グループ様、ありがとうございました。

これで、ポリアミンの素晴らしさがより多くの人に伝わるとありがたいです。

ただ、「注目の論文」に選んでくれる位なら、
もう一つ上のレベルの姉妹誌をリジェクトしないでよ!
って少し思った次第であります(笑)。

05/12
市民講座へのご参加ありがとうございました!

5月10日(メイトーの日)に開催致しました市民講座へのご参加下さった皆様、
誠にありがとうございました。
m(μ_μ)m

おかげ様で快晴で(晴れ男なので自信は持っておりましたが)、
700名と満席になり、主催者一同、非常に喜んでおります。

正直、会場を大きくしたのは良いが、
果たして昨年の500名を超えるお客様が来場して下さるのか心配しておりました。
が、杞憂に終わりました。
20140512.JPG

パネルディスカッションには早見優さんにも参加して頂きました!
昨年に引き続き2回目ということでお互いにリラックスし、
昼食からご一緒させて頂き、楽しく過ごす事が出来ました。
昼は英会話の話をしていましたかね。
元祖バイリンガルアイドル、現在も英語番組を担当されている方との英会話の話。
うらやましいでしょ?

休憩時間には我々の「恋するフォーチュン クッキー 協同乳業60周年記念バージョン」を流したのですが、
舞台横で控えている時、早見さん、横で恋チュンを歌っていました。
生歌も聴いてしまいました!

以上、個人的に楽しんだという自分勝手レポートでした。

とはいえ、この市民講座が良かったかアカンかったかは、
来場して下さった皆様が評価することで、
主催者が「盛り上がりました!」なんて報告するのは、
おごり以外の何物でもありませんので控えます。

私は全力でやったということしか書けません。

さて、大相撲五月場所も始まり忙しいけど、今週末は大阪。
晴れますように!

05/07
休みの終わりはハードワークのスタート

ゴールデンウィークは如何お過ごしでしたか?
私は暦通りでした。

4月中に意地でも終わらすと決めていた論文原稿(日本語で作成済み)の英訳を、
一日遅れですが、5月1日に終了できたので、「良」としましょう。
ただ、5月1日は本気を出し、
午前9時から午後10時まで、トイレに1回立っただけ、
あとはずっとコンピューターの前で英訳し続けるという
ストイックな1日を過ごしました。
その間、口にしたのは水500 mlとおにぎり2つのみ。
集中すれば空腹感は無くなります。
これ位自分を追い込まないと、論文を書くという難行は、いつまで経っても終わりません。

さて、この先1か月間は、今週末の市民講座を皮切りに、
毎週ちょっとヘビーなプレゼン(講演)が多数予定に入っております。
場所も東京を飛び出すことも多く、広島、大阪、名古屋、石川にも行きます。
求められているプレゼン内容が異なるので準備が面倒。
土日に2日間きっちり休める週がありません。
そして、大相撲五月場所も始まります。

とはいえ、
やる前からストレスを感じても仕方ないので、
「目の前の仕事を一つずつ片付ける」作戦で臨みます。

全て飲み会はセットなので、それを頭の中心に置いて臨みます。
地の酒と肴を頂き、食べ過ぎないことを心掛けます。

移動時間は読書を楽しみます。
移動中に読む本は、既に3冊購入済み。

ドーンと来い、この先1ヶ月。

05/02
「恋するフォーチュン クッキー」 踊らされた... つづき

昨日、ブログを書くために自分達の恋チュンを数回繰り返し見て、
再び脳裏にこびりつくあのメロディー。

恋するフォーチュンクッキー~ 
未来はそんな悪くないよ♪♪♪♪
Hey! Hey! Hey!♪♪♪ ・・・

「俺、この部分を踊りたかったわ」、なんて思いながら疑問が。

ところで、フォーチュンクッキーって何やねん?

調べました。
ウィキペディアによると
「フォーチュン・クッキーまたはおみくじクッキー (fortune cookie) とは、その中に運勢が表記されている紙片(おみくじ)が入っている菓子である。アメリカ合衆国・カナダの中華料理店において食後に提供されることが多い。」
とあります。
ただ、元来は日本の神社で配られていた辻占煎餅に由来するものらしいです。

へー、ふーん。
まあ、どうでもいいですね。

この歌詞の中にはお気に入りの部分がありました。
「ツキを呼ぶには 笑顔を見せること」
意識的に笑顔を作ることが無い私には、それなりに心に響きました。
これからはスマイルで行きましょうかね。

「人生捨てたもんじゃないよね あっと驚く奇跡が起きる」
ここはその人の生き方に依存すると思います。
目標持って日々努力していたら奇跡も起こるでしょう。
でも、普通に過ごしていても奇跡なんて起こらないというのが私の持論です。

ただ、「恋するフォーチュンクッキー」というタイトルですから、
基本的には、恋愛というものを運をキーワードとして前向きに捉える歌だと思います。
従って、恋愛以外の物も対象に含めて「運を味方につけるには努力が必要」と考えるのは筋違いかもしれません。
失礼しました。

さて、練習中にはAKB48が歌っている姿をYou Tubeで何度も見ました。
これまで意識して見たことはありませんでしたが、
実際に踊ってみて彼女達は凄いと感心させられました。
一部分の踊りを覚えるだけでも大変な我々ですが、
彼女達は歌いながら大人数で揃えて踊っています。
しかも、とびっきりの笑顔できっちりカメラも意識して。

よく言われるんですよ、私。
撮影中に「カメラをもっと見て」とか反対に「インタビュアーだけを見て」とか。
「もう少し笑顔で」、そして頑張って笑っても「もっと笑顔で」って。

AKB48の個々人を識別するのはまだ困難なのですが、
「どの女の子が一番いいですか?」
と練習中に聞かれて、データを眺めるように恋チュンの映像をじっくり見て
「彼女!」って指したのは、
柏木由紀さん、だそうです。

今後LKM博士は、『ゆきりん』派でいきます。

           
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105