カレンダー

カテゴリー

最新のエントリー

 

アーカイブ

2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

検索

LKM512
メイトー
協同乳業研究所

11/26
B STRONG

昨日、ボストン・レッドソックスネタを書いて思い出しました。

6月のゴードン会議前日のボストン滞在時、
友人経由でハーバード大学を見学させてもらったのですが、
その際、このような場所を通りました(大学外だと思います)。
20131126.JPG
4月のボストンマラソン爆破テロ事件の犠牲者の一人、
たしか犯人達に射殺された警官が亡くなられた場所と聞きました。
事件からちょうど2ヶ月後だったのですが、多くの花が添えられていました。

このテロ事件を受けて、今年のレッドソックスは
『B STRONG』
のロゴを作成し、ユニホームなどに付けて試合をしていました。
Be strong (強くあれ、強く生きよう)
をもじったものです。
もちろん、この中にはBostonという文字も含まれており、
「ボストンは強い!くじけず強く行こう!」
という意味でしょう。

ゴードン会議に招待された研究者の中には、
このテロ事件により参加を見送った人もいたようです。
遠くアメリカでの出来事なのですが、
グローバル化した現代では決して遠い世界の話ではありません。
実際、事件の後にメール(別件)で質問した際、主催者から
「このテロは終結した。ボストンは安全だ。」
との一文が入ったメールが届きました。
問合せが多かったのでしょうか。

悲惨な事件が多くて、すぐに忘れてしまいますが、
少しは思い出すことも必要かと思って、
今日は訪問時に撮った写真を掲載致しました。

11/25
俺のバッグはボストン・レッドソックス

実は、私の通勤バッグは、これなんです。
20131125.JPG
赤い靴下の絵のみのシンプルなバッグ。
少々汚れてしまっていますが、
ボストン・レッドソックスのバックです。
余計な文字が書かれていないシンプルなデザインが気に入っています。

今年の6月にゴードン会議に参加し、ボストンに滞在した際に、
このバックを購入し、帰国後使っているのです。

実は、2年前のゴードン会議でボストンを経由した時に、
フェンウェイ・パークに行き(参照ブログ:フェンウェイ・パーク)、
レッドソックス vs. ブルワーズ戦を見て以来(参照ブログ:レッドソックス vs ブルワーズ)、
レッドソックスを応援しています。

読売に所属して入る時は嫌いだった上原投手も、
不思議と好きになるものです。

ポストシーズン突入後、
「優勝してくれたらブログ書きやすいな~」
なんて思っていたら、
あれよあれよとワールド・チャンピオンになっていました。

Congratulations!

私も、このバッグのパワーの恩恵を受けて、
あれよあれよと研究成果論文が出るのを期待しながら、
日々努力しております。

実は、原稿を1晩、このバックで発酵させたら、
次の日に原稿中のミスを発見し易くなる気がします。

11/22
秋晴れのもと、研究発表会をやりましょう

今朝の東京工場・研究所の敷地内。
紅葉綺麗で快晴ですね!

昨日負け越した栃煌山幟は少々寂しそうですが、
負け越しても変わらず応援するのが我々のスタイルです。

20131122.JPG
さて、今日は社内関係者を研究所に招いて、
我々のチームの研究成果発表討論会を行います。

昨年から行っている企画で、今回で3回目。

不定期で私の気まぐれで開催される企画です。
普段、社外ばかり見ている私が、社内側に目を向ける数少ない企画です。
もちろん飲み会もセットの企画です。
(個人的には4日連続飲み会です・・・)

これまでは、LKM512の事業化を担っているメンバーを招いて、
10名前後で開催していましたが、
今回は研究所長の意向で規模拡大。
興味をもっておられる役員さん達も参加されます。

ということで、研究チームスタッフは少々ストレス過剰気味。

最大の目的は、
自分のやって来た研究を整理して、他人にわかり易く説明する訓練をすること。
研究員として必須のスキルです。
でも、簡単には身に付かず、繰り返し訓練するしかないスキルです。

そして、我々の研究の意義を社内で理解してもらうことも重要視しております。

研究スタッフはこの準備でこの1~2週間は大変です。
実験はストップしてしまうことは覚悟の上です。
でも、実は、結果的にはこの方が仕事は進むのです。
2ヶ月前に開催日を伝えてありますので、
各自が発表の構成を練ってみると、
「あっ、こういうデータが足りないな」
って気が付くのです。
気が付いたら、慌てて2ヶ月間で追加実験をやる。
私の知らない間に一つグラフが出来上がったりしているのです。

さて、私も慌てて準備しますわ。

11/21
驚愕のアメリカンお菓子②

アメリカの共同研究者Ryokoさんが、
今年もハロウィンにお菓子を送って来てくれました!
昨年のはこれ⇒(驚愕のアメリカンお菓子

201311211.JPG
これ、何でしょうか?
Peepsと書いてありますが、
peepは①のぞき見する、②(花、星などが)姿を現す という意味です。
よくわかりません。

硬くて甘い、得体のしれないものと推測したのですが・・・
違いました。

一つ食べようと思ったら、8つの顔がくっついていました。
しかも表面はザラザラしているけど柔らかい。
千切ってみました。
201311212.JPG
はい、マシュマロです。
激甘マシュマロです。

ただでさえ甘いマシュマロが、
激甘橙色砂糖でコーティングされています。

皆、"顔"1個で満足だったようで、
大掃除まではこの部屋にありそうです。

恐るべし、アメリカンお菓子。

11/11
発と着

今日はSBS静岡放送ラジオに出演しました。

放送自体は問題なくできたと思います。
20131111.jpeg

しかし、往路は大変でした。
最寄り駅に着くと、人身事故でダイヤが乱れているではないですか。
でも、慌てることはありません。
途中ウンコ下車をする可能性がある私は、
かなり時間に余裕をもって出発していたのです。

そうなのですが、虫の知らせのようなものを感じ、
iPadに転送していたスケジュールで到着時間を確認しました。

「10時09分着」

大丈夫、まだ8:30、1時間40分もある。

・・・

ん?
10時09分着???
ん、ん、ん?
ゲーッ、10時09分に静岡~~~?
ウォーッ、完全に間違っとった~。

はい、私は勝手に東京駅10:09発と思い込んでいたのでした。
発と着を間違っていたのです。

仕方なく関係者に事実を連絡しました。
生放送なので半分諦めながら。
ところが、10時03分の東京「発」に乗ればギリギリ間に合うので、
来てくれということ。

で、昔の生放送番組にギリギリ間に合うアイドルのように滑り込みセーフ。

そんな話をエレベーターで放送局の方にすると、
昔実際に中森明菜さんがこの放送局に高速インターからタクシーで滑り込み、
スタジオに行く間もないので玄関で歌って、すぐに次の現場に向かったとか。

間に合って良かったですが、
途中ウンコ下車分のゆとりに助けられた私でした。

11/08
休むと出ない

ブログ1000回記念を春日野部屋さんから頂き、
「3日間はスペシャルブログがあるので書かなくて良い」と思って過ごしていると、
ブログ脳が完全に止まってしまいました。

ブログ脳とは、
日常生活の中から常にブログネタとできそうな出来事を抽出し、
そのネタを文章として表現するための構成を考え、
執筆するための思考回路、
あるいはそう思考してしまう脳ミソそのものです。

ネガティブに表現すると
日常生活において、ブログを書く義務感に常に圧迫されている精神状態とも言えます。

はい、しんどいですよ~、毎日、毎日。
給料にブログ手当付けて欲しいですわ(笑)

プロスポーツ選手が、
休養日であっても少しは体を動かさなくてはならない。
風邪をひいて1日でも休むと、元の調子を取り戻すのに数週間かかる。
というのと同じでしょうか?

調子が良い時は2週間位先まで脳ミソの中に入っているのですが...。
今は浮かびません。
脳ミソの中にあったものも完全に忘れてしまいました。

「休むと出ない」
タイトルからウンコネタを期待された方、すいません。
私のウンコ色の脳ミソの話でした~。

10/30
999

今朝も出社して最低限のメール対応をして、ブログを書き始めました。
いつもと変わらぬ日のようですが、一点違うことがあります。

今日はブログのネタ探しをしなくて良いのです。
しかも、ず~っと前から決まっていたのです。
おそらく2年10ヶ月前から。

本日、2013年10月30日にどんな特別な意味があるのか?

・・・

(画面で真下に見えないようにタメを作ってみる)
タメ
タメ
タメ
タメ
タメ
タメ
タメ
タメ

しつこいって?
はい、私はそれなりにしつこいです。

タメ
タメ
タメ
タメ

実は、このブログは999回目なのです!!!!!!

思い起こせばスタートは2008年12月15日。
「月に2回程度で良いので書いて下さい」と頼まれ引き受け早5年。
同じやるなら手を抜かず、徹底的にやった方が良いと考え、
2011年1月中旬からは平日は毎日書くと心に誓って2年と10ヶ月。

アメリカからも中国からも
学会発表当日も、休暇中も、
原稿を送り続け、積み重ねる事999回です。

全てのブログ執筆時間を論文執筆に回せば、
滞っている論文が2~3報は完成していたでしょう。
いや、5~6報位はいけるかも。

でも、後悔はしていません。
ブログのおかげで色々な方々と出会えましたから!

さて、思い出に浸るのは後日にして、
明日の記念すべき1,000回目のブログは
久しぶりにスペシャルゲストさんの登場です。
お願いすると快く引き受けて下さいました。

一緒にお仕事をさせてもらっている方です。

たぶん、皆様の予想は外れると思いますが・・・。

では、お楽しみに~

10/29
今年も日の出産業まつり出店します!

今週の土日(11月2日、3日)に開催されます
「第25回日の出町産業まつり」
に今年も出店致します。

毎年恒例の
『LKM512入りのヨーグルトを箱売り』
今年もやりまっせ!
1箱なんと500円。
通常1個100円のものが、62.5円です。

飲むヨーグルトも売ります。
これ、毎年、一番早く売り切れるんですよね。
他にも「なめらかプリン」も箱売りしま~す。

数に限りがありますので、お早めに~

約70店舗が多種多様な物品を販売あるいは体験企画を実施するので、
お時間がある方、是非、遊びに来て下さい。

今年も私は店舗の責任者をやっとりますので、是非、声をお掛け下さい。
ブログを見てるって言えば、何か特別にプレゼントするかも???
(申し訳ないですが、2日目は法事で奈良に帰るので不在ですが。)

毎年、暖かい日差しの中、
焼きそば、焼き鳥、川魚の塩焼き、そして生ビール
を横目に拷問のような仕事ですが、必死で耐えます。

あっ、そうそう。
念のために書いておきますが、会場は日の出町民グランドですから。
バザールの時の様に工場に来て頂いても何もありませんので。

では、スタッフ一同、皆様のご来場をお待ちしております。

10/28
亀の背中に

大連の国際学会が企画したオプショナル・ツアーで水族館に行ったのですが、
(国際学会ではちょっとした市内観光のようなものが用意されていることが多い)
そこで、こんな亀を見ました。

20131028.JPG

60 cm位の大きなウミガメの甲羅にお札が貼られています。
1元札、5元札、10元札、20元札。
(ちなみに全ての肖像画が毛沢東です)
1枚や2枚ではありません。

何なんでしょうか?

日本でも寺社の池などに硬貨が投げ込まれているのをよく見ますが、
それと同じなのでしょうか?

中国でも亀は縁起の良い動物でしょうから、
幸せを願って貼り付けているのでしょうか?

でも、ここは水族館です。
この亀も生きています。

ん~、さすが中国。
と、まとめるしかありませんね。

10/23
豪華なホテル in 大連

10/15のブログ(参照ブログ:大連の国際学会終了)で少し書きましたが、

大連で会議主催者が手配してくれた豪華なホテルを今日は紹介します。

そもそも大連を中国東北部の小都市と誤解している方が多いのと思いますが、
(私もそうでした)
人口700万人の巨大都市なのです。

間違ってはいけません、「市」のレベルでこの人口ですからね。
日本で一番人口が多い市は横浜市で約370万人ですから、その倍です。
ちなみに2番目の大阪市は約270万人、3番目の名古屋市は約230万人。
大阪府全体の人口が約890万人ですから、
あと5年もすれば大連市は大阪府より大きな市になることでしょう。
(人口は2013年4月現在のデータ)

滞在したホテルの前の街並みはこんな感じでした。
2013102301.JPG

街には高級車が溢れかえっております。

さて、ホテル内。

デカいベッド。
キングサイズらしいです。
縦に寝ても横に寝ても、どんな体勢で寝ても、ベッドから落ちることはありません。
プロレス技の掛け合いをしたい気分になります。
2013102302.JPG

良い椅子が備え付けられたデスクがあり、社長にでもなった気分です。
かなり集中してプレゼンの準備をしました。
2013102303.JPG

バスルームもこんな立派。
映画で見るような長い浴槽と、その隣にはシャワールームが。
シャワーを浴びていたら誰かが入って来て殺されそう(サスペンス系映画やドラマが少々好きな私)。
2013102304.JPG

バスローブもありました。
2013102305.JPG


人生初めてなもので、どう使うのか今一わからず・・・。
映画でハリソン・フォードはシャワー直後に羽織っていたような記憶があるので、
物は試しで風呂上りにバスタオル(これがまた大きくて気持ち良いタオルでした!)で簡単に体を拭いた後、パンツを履かないで着てみました。
ん~、何かええ感じ~ 
でしたね。
似合ってなかったけど。

私は客室の最上階だったので、たぶん非常に良い部屋だったのだと思います。
色々と講演を引き受けるに当たり、駄々をこねたからでしょうかね?

以上、国際会議での高級ホテルレポートでした。

           
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106