カレンダー

カテゴリー

最新のエントリー

 

アーカイブ

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

検索

LKM512
メイトー
協同乳業研究所

07/30
ロンドンオリンピック開会式を見ていて思うこと

オリンピック、始まりましたね!

基本的に、私は、こういう時だけ大騒ぎするのは否定的なタイプですから、
普段見られない競技を静かにじっくりテレビで見るのが好きです。

陸上競技の中距離なんていいですね。
強い選手が、前半から中盤の間、ずっと最後尾にいるのに、
最後一周の鐘がなると同時にグングン順位を上げて来るようなシーンが好きです。
しかも、よく見ると、走りながらガンガン押し合いしてるし...。
日本人のメダル獲得にのみ興味を持つのではなく、
本当に強い人がきっちり勝つ姿に私は魅力を感じます。

本題です。
私は、土曜日の朝、畑に行く前に朝食を食べている時が、各国の入場行進中で、生中継を見ていました。
入場の順番はアルファベット順です。
ジャマイカの次が日本です。
はい、悲しいことに、この順番で私が思い出したことは論文です。
研究論文を国際誌にWeb上から投稿する際の研究機関の国名を登録するのですが、
多くのジャーナルの国名リストの順がそのまま同じなのです。
当たり前といえば、当たり前ですが、
私は論文Web投稿時しか目にしない物なので思い出すのも仕方ありません。

日本ですから、Jを探して下っていくと、
Italy(イタリア)の次にJamaica(ジャマイカ)が見つかります。
その下にJapanがあるわけです。

そして、その次にはJordan。
「ジョーダン?知らない国もあるものだ」と思いませんでしたか?
私も数年間、ジョーダンという国があるものだと思っていました。
勝手に小さな島国かと思っていました。
しかし、ある時気が付きました。
これ、中東のヨルダンです。
ヨルダンの方、誠に申し訳ございません。
でも、大部分の日本人には、これ、ヨルダンって読めないんです。

そういう国がもう一つあります。

Georgiaです。
「なぜ、アメリカのジョージア州だけ国名と並列なのだろう」と思っていたのですが、
これ、グルジアでした。
栃ノ心、臥牙丸、黒海の出身地です。

さて、修正中の論文がありますので、
オリンピックが終わるころに目処が立つように、コツコツと頑張りますかね。

07/26
「おはようんち!」 という挨拶

私が毎朝、ツイッター上でする挨拶です。
最近、少しずつ定着して来ておりまして、
色々な方から、逆「おはようんち!」を頂くこともあります。
誠にうれしい限りです。

しかし、最初は悩みました。
企業として公式に発信しているツイッターなので。
「食品会社が朝から、"おはようんち!"はないやろう」
という指摘が届くのが容易に想像できました。

そもそも、ツイッター上では
「おはヨーグルト」
というのが流行っていますが、私もそのように挨拶したいなーって思っていました。
でも、「おはヨーグルト」は意地でも使いたくない。
「オリジナル挨拶を作りたい」というので編み出したのがこの挨拶です。

最初は
「おはよウンコ」でした。
しかし、ウンコが強調され過ぎていると指摘され(私は強調している訳ですから当然です)、
平仮名を使って「おはようんこ」になり、
さらに、親しみやすく"うんこ"から"うんち"という表現に変更して
「おはようんち」となりました。
さらに、元気良く朝から挨拶したいということで
「おはようんち!」が完成したわけです。

ということで、それなりに苦労して完成させた挨拶なので、
皆さん、是非使って下さい。

こんなこと真剣に考えないで、もっと研究のこと考えろと言われそうですが...。

07/18
もうヘロヘロですが出発です

現在、7月18日 午前11時。
かなりドタバタしています。
これから北海道帯広市に出張です。

そうです。
先日ブログで紹介しました(参照ブログ:またまた激しい3週間)、
6月末からのドタバタ大忙し劇場の最終章、
英語での大学院生への講義に向かいます。

英語講義の準備で疲労困ぱい。
他の細かい仕事が大量にあり、只今、大混乱中。
珍しく焦っています。

と言いつつ、ブログを書いているのですが...。
但し、これも立派な私の雑用の一つ。

ウンコもしたいのですが、我慢しています。

以上、手抜き、大慌てブログでした。

07/03
連絡が遅くなりましたが、LKM512顆粒タイプ完成!

かなり連絡が遅くなりましたが、
ビフィズス菌LKM512顆粒タイプが完成しました!
正確には、完成していました!!
それでもって、約2ヶ月前から、既に通販サイトで販売しています!!!
でも、まだ大喜びする程は売れていません (→.←) 苦笑
20120703.jpg

「何故、毎日ブログを書いているのに全く宣伝しないのか」って?

答えは簡単、これ宣伝用のブログではなく、
また、虫ネタ、野菜ネタ、大相撲ネタにウンコネタと結構書くこと多くて、
書くタイミングが無かっただけです。

でも、今日は書くことが思い浮かばなかったので書きました。

特保ヨーグルト100 g分の2倍以上のLKM512が1包に入っています。
何より素晴らしいのが、常温で持ち運びできるということ。
出張が多く、ヨーグルトを箱単位で買っても食べ切れないという皆様には便利です。

このビフィズス菌の機能性は、結構有名になりましたので、今更書きませんが、
「お腹からの若返り」を目指す方は、しばらく続けて頂けると何か起こるはずです。

私は認めていませんが、
弊社社長はLKM512のアンチエイジング効果で、
髪の毛の量が増え、艶がアップしたようです。

マウスと同じ効果が出ているではないか・・・???
(参照:http://www.lkm512.com/contents/PLoSOne.pdf
残念ながら、私には、その効果が出ないようである・・・(┘-└、)
負けず嫌いなので書くが、肌年齢はマイナス10歳である。

お求めの方は、メイトーオンラインショップから→http://www.meitoonline.com/
損はさせません!

06/29
またまた激しい3週間

時々、えらく仕事が忙しくなるのですが、7月前半から中盤に山があります。
実際は今日6月29日から7月20日までですが、
非常に激しく外出や出張を繰り返します(外出と出張の識別は基本的には距離です)。
平日に、職場である研究所に丸一日いる日は今の所4日間位です。

きっちりとした準備が必要な研究の打ち合わせもありますし、
情報交換や顔を合わせることがメインの打ち合わせもあります。
嫌ですが参加しなければならない外部会議もあれば、板橋本部での会議もあります。
久しぶりに自分が話さない学会にも参加します(半分仕方なしに)。
大学での講義もありましたね。

さて、問題は畑。
出社前の畑作業がベストなのですが、極端に頻度が下がります。
トウモロコシも収穫が始まる時期に入りますし、大問題。
また、私は晴れ男。
出かける日は殆ど晴れるので、関東地方は空梅雨にならないか心配しています。

さらに、大相撲名古屋場所が始まります(毎場所大相撲の時期は忙しいような...)。
皆さんご存知のように、場所中の私は一つ仕事が増えたような状況になります。
自分でやり出した企画なので苦ではないですが、sumoyogurtの関連作業は恐怖です。

そして何回お酒を飲むことやら。
会う人、会う人、皆さん私と飲みたいようで、午前ではなく午後、そのまま飲み会に直行しそうな時間帯に設定されているものも多いです。
これも研究を進める上で極めて大事な仕事ですし、好きなので大歓迎ですが...。

脈絡なく書きましたが、私の心もまとまりのない状態で激しい3週間に突入します。
とにかく、在宅勤務などをフル活用し、移動時間の無駄を省いて対応します。

ラッキーなのはこの締めが北海道ということ。
ちょっぴり観光でもしてこようかと悩み中。

06/28
思いがけないところで...

協同乳業の研究所の分析機器室で「あーだ、こーだ」とデータを見ながら話した後、
居室に戻ろうとした時、ふと何かに視線が止まりました。
なんと、電話の横にせんとくんがいるではないですか!
20120628.JPG誰かの計算機の裏側ですね。

たぶん、これは2年前の平城京遷都1300年祭開催時に買ってきた、私のお土産です。
これです→「おみやげ
ブログの写真の一番右の肉厚のシールセットですね。
さらに、目を凝らしてみると、左手を腰に右掌を下に開き気味のポーズなので、
最上段の左のシールですね。
すり減ったり、傷ついたりしていない、かなり質の良い状態でした。

少しうれしくなってデジカメ撮影してしまいました。
せんとくんパワーで、この計算機の持ち主の実験がうまく進展していることを願いながら。


勝手に奈良県観光大使より

06/19
困った...、引き受けてしまった...

ある大学から特別講義を依頼されました。

「協乳の腸内環境の研究はオリジナリティーが非常に高く、
最先端の研究成果だと思うので、是非、学生達に聞かせてやって欲しい」
と教授に頼まれました。

嫌な気分はしません。
また、2ヶ月以上前に頼まれているのでスケジュールも十分余裕があり、
さらに、遠方でスケジュールさえ合えば休暇をとって周辺の観光もできるため、
断る理由が無く引き受けることにしました。

しかーし、依頼メールをよく読むと、
「英語でお願い致します」
博士課程の留学生も聴きに来るというのが理由でした。

それは困る。
それは困る。
それは嫌や。

で、焦って丁寧に断ったのですが、
結局、熱心に頼まれまして、引き受けざるを得なくなりました。

ということで、準備しなくてはなりません。
いつもみたいに、前日の夜の準備では対応できません。

まあ、自分を鍛えるのは大事なことですから、前向きに頑張ります。

とか思って過ごしている内に、講義まで1ヶ月を切りました。

ヤバい (>_<)

06/15
鹿煎流せんべい

春に奈良土産「鹿のデカうん」を紹介しましたが、
今日は鹿煎餅ならぬ、「鹿煎流せんべい」を紹介致します。
先日の奈良での講演の後、近鉄奈良駅すぐの東向商店街で発見しました。

20120615.JPG


「人間専用」と書いてあるように、鹿煎餅風のせんべいです。
鹿には絶対に与えてはいけないようです。

食べ方の作法として、
①もらう時は、おじぎをしてもらいましょう。
②鹿の食べ方をまねしないで下さい。
とあります。

面白い!
衝動買いし、職場の土産にしました。
他にも奈良銘菓の直径16 cmの三笠(関東ではどら焼きと呼ばれる和菓子)も職場土産に、
たなかの柿の葉寿司(何度も書いているが「たなか」でなくてはならない)を家族用に
購入していたので、かなりの出費になりました。

さて、挨拶とお礼が不得意な助手Kに渡してみますかね。
お辞儀してくれるかもしれないです。

"勝手に奈良県観光大使"より

06/05
連続記録は

今日は虫ネタの予定でしたが、
写真を入れたUSBメモリーを忘れてしまうというハプニング発生。

困った、困った、書くことが浮かばない。
午後から出掛けるので心のゆとりもありません。

で、ウィークデー(平日)のブログ執筆連続記録は何回になるのか数えてみました。
といっても、引き算するだけですが...

『338』
今日で、平日338日間連続執筆です。
私が有給休暇の日にも世間が平日なら書いています。

元日にもブログを掲載しているので、
厳密には1~2回位ずれているかもしれませんが、大体こんな記録です。

青葉城、高見山、衣笠祥雄、金本知憲、この方々には到底およびませんが、
いやー、よく頑張ってますねー、オレ。

「ブログは毎日更新した方が、見てくれる人は増えるよ。」
とある方のアドバイスから始めた連続ブログ執筆。
奇しくも、明日から3日間実施される外部講師を招いての社内研修で、
その方に久しぶりに会うと思います。

その方から今朝も攻撃メールが届いていました。
「先週が締切りとなっておりました事前課題レポート、いつ提出されますか?」(`〆´)

「・・・ 」(ー゙ー;)

06/04
プレゼンは難しい

プレゼンテーション。
略してプレゼン。

人前で発表することの総称ように使われているが、
語源はpresent(プレゼント)ということなので、
発表者側が聴く側に対し、心を込めて贈り物をするような気持ちでのぞむべきである。
確かに、英和辞典でpresentationを調べると贈呈、紹介、披露と書いてある。
仕事で嫌々やるプレゼンは厳密にはプレゼンではない。

私の場合、研究成果をPowerPoint(スライド)を使って人前で話すことが殆どであるが、
研究者にとって自分の研究分野を紹介できることは喜ばしいことなので、
語源を意識して正しい気持ちでプレゼンをしている。
少なくとも数十人から数百人の時間を無駄にしてはいけないと考えている。
従って、対象者、前回の反応、持ち時間によって、内容は毎回変わっている。

場馴れによりプレゼンも上手になると言われるが、
単純に人前で話すことに慣れるというわけではなく、
過去の反省を活かすことでプレゼン内容が進化しているのである。

保存されているスライドを数えてみると、
2011年は18回、
2011年は5月末時点で17回やっている。
(学会の一般演題は別のファイルに保存しているので含まない)
そして、スライドは2010年のものと比較すると、半分以上が新しいものに変わっている。
スライドは進化しているのである。
にもかかわらず、プレゼン後の自己採点は上がったり下がったり、乱高下している。
5月12日の市民講座より、5月31日の奈良の講演は明らかに点数が低い。
点数は直観でつけているが、
聴講者との一体感が生まれた時は高い点数、生まれなかったら低い点数となる。
ウンコの話をしても、非常に喜んでくれる会場もあれば、
シラーッとした雰囲気になり奈落の底に突き落とされたように感じる会場もある。
未だにコツが掴みきれない。
プレゼンは難しい。

さて、今週と来月は、私が最も苦手としている大学でのプレゼン(講義)がある。
学生相手にするのは2年ぶりである。
ただ単位を取るためだけに出席している学生に対し、
どれだけのプレゼンができるのか。
2年分の成長を自分で測定するよい機会と捉えている。

           
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104