カレンダー

カテゴリー

最新のエントリー

 

アーカイブ

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

検索

LKM512
メイトー
協同乳業研究所

02/23
牛乳でおなかゴロゴロ(前半)

先日、初めて乳業メーカーの研究員らしいことをブログにしたら反響が多かったです。
このブログ→「植え継げませんよビフィズス菌は」
http://lkm512-blog.com/2011/02/08/
そういうわけで、もう一つ、一般的にはきっちりとは理解されていないだろうと思われることを書いてみます。

牛乳飲んだらおなかがゴロゴロする、酷い人は下痢をするのですが、この原因をご存じですか?
それは乳糖、英語ではラクトース(Lactose)、の仕業です。
これが消化管内で分解できない人は、おなかがゴロゴロするのです。
細かいメカニズムは置いておいて、まずはこの乳糖とは何者かをお話しましょう。

牛乳中には主要な栄養源として入っており、その濃度は約4.5%です。
すなわち、牛乳1Lあたり、45gも入っています。
そして、牛乳中に入っている炭水化物の99.8%はこの乳糖となります。
牛乳のエネルギー(カロリー)源の約30%は乳糖によるものです。

糖なのに牛乳は大して甘くないと思われるでしょうが、乳糖はあまり甘くない糖なのです。
ショ糖(砂糖)と比較してみると、
ショ糖の1%、5%、10%、20%の甘味度は、
乳糖の3.5%、15%、20%、33%の甘味度に相当する、
と報告されています(Nickerson, 1974)。

一部の植物体に乳糖を含むものが存在するようですが、基本的には名前の通り、哺乳類の乳中に特徴的な糖で、殆どの動物の乳では最優勢な炭水化物です。
当然、ヒト乳(母乳)にも大量に含まれています。
母乳には、牛乳以上に含まれており、約7%です。
牛乳より母乳が少し甘いといわれるのは、こういう理由からです。

"牛乳でおなかゴロゴロ"は、牛乳がヒトに適していない(相性が悪い)からと誤解されている方が多いようですが、牛乳でおなかゴロゴロする人は、当然、母乳でもおなかがゴロゴロするはずです。母乳の方が濃度は高いので、酷いことになるかもしれません。
「どうして赤ちゃんは大丈夫なの?」
と思われた方へ。
つづきは明日です。

02/21
パンダで楽をさせて頂きます

本日の夜遅くにパンダが上野動物園にやってくるそうですね。
多額のレンタル料を支払ってまでパンダが東京に必要かどうかは意見が分かれるところでしょう。
私はどちらかと言えば否定的ですが、なんとなく盛り上がっていますので便乗します。
といいますか、せっかくなので今日は楽をさせて頂きます。

昨年、「パンダの秘密」というブログを2回に渡り書きました。
パンダの腸内細菌について述べたものです。
何故、竹や笹だけを食べる編食で生きていけるのかを書いた内容です。

これを機に、もう一度、これを読んでみて下さい。
科学的な内容です。

http://lkm512-blog.com/2010/06/25/
http://lkm512-blog.com/2010/06/28/

02/18
新着情報も見て下さいね

昨日は、昨年12月にインタビュー形式の撮影をして頂いた古森章斗キャスターが研究所へ来所されました。http://lkm512-blog.com/2010/12/21/
我々がどんな所でどの様に研究していているのかを見学したいということで案内致しました。
というのは建前で、私のファンというだけでしょう(笑)。

冗談は置いておいて、
実は、古森さん、LKM512入りのヨーグルトを食べてから非常に体調が良いということで、これを色々な方に知って頂きたいので、ご自分のブログでもモニター試験をやって下さっているのです。
「頼んでもいないのに、勝手に。」
不思議です。

たぶん、マスメディアを一切使わない、我々のスタイルに共感して下さったのだと思います。
よくわかりませんが、元気な面白い方です。

それで、モニター試験等をやって下さると、今度はそのモニターの方が、ご自分のブログでこのヨーグルトのことをコメントして下さるようで、色々なブログでLKM512入りヨーグルトの事が紹介されて始めているようです。

ということで、LKM512入りヨーグルトに関連するブログがあったら、新着情報にリンクを張りますので時々チェックして下さい。

私には書けない、生の感想や実感を伝えることができるのではないかと思います。

今度、古森さんからウンコ頂こうかな ( ̄ー+ ̄) ニヤリ

02/17
久しぶりに読み直す

ナナホシテントウの羽化はいかがでしたか?
気が付いたら連載も5回目になっており、もう少し書きたいことはあったのですが、自分でも飽きてきたので止めました。

気まぐれな性格なのですねー。

ということで、「5‐6回連載したネタが過去にあったかなー」と思い、調べてみました。

ありました。
2009年6月10日から6月23日まで続いた"国宝 阿修羅像"シリーズ。
合計5回。
(途中に別のメンバーが書いた話が入っており、5話目は「授かったヒント」というタイトルになっておりますが。)

覚えている方はおられるでしょうか?

今読み直すと非常に懐かしいです。
しかも、思ったよりしっかりした内容です!
きっちりと"LKM博士の勝手にベストセレクション"にも入れておりました。

この時期(1年半前)に比べると、現在は5‐6倍以上のアクセス数になっておりますので、最近ファンになって頂いた方は読まれたことがないと思います。
是非ご覧下さい。

国宝 阿修羅像① http://lkm512-blog.com/2009/06/10/
国宝 阿修羅像② http://lkm512-blog.com/2009/06/12/
国宝 阿修羅像③ http://lkm512-blog.com/2009/06/17/
国宝 阿修羅像④ http://lkm512-blog.com/2009/06/18/
授かったヒント http://lkm512-blog.com/2009/06/23/

02/16
ナナホシテントウ蛹ハプニング⑤

前回までのあらすじ)
真冬の朝の畑で採ってきた大根の葉にテントウムシの蛹(さなぎ)がついていた。
助手Kに観察するよう手渡したところ、約30分後に突如羽化が始まり、じっくりと後翅が伸びる様子など羽化を観察できた。

翌朝、段ボール箱を覗いてみると、赤くなったナナホシテントウが、隅っこでじっとしていました。
201102161.JPG
動きません。まさに冬眠状態。
そうです、夜の実験室は気温が低下するのです。
羽化したのは良いのですが、夜中のあまりの寒さに冬眠状態になったのでしょう。
ナナホシテントウは成虫で屋根裏などの比較的暖かい場所を好んで越冬するので、気温が下がればごく自然なことです。

そて、昼前、暖かくなってきたので、逃がしてやろうと思うと、
姿がない~。
どこを探してもいません。
部屋が暖かくなり、また動き出して逃げたようです。
こんな別れ方をするとは...。

3日後。
掃除中に窓際でナナホシテントウが発見されました。
捕獲して、デジカメ写真と比べると、まさにあいつです。
201102162.JPG
これまでの写真と比べてみて下さい。
斑点の形が全く同じですね。
特に頭部よりの中心にある斑点は特徴的な"逆さにしたハートマーク"です。
私には"お尻マーク"に見えますが。

この後、窓際で観察していると温かい昼下がりの外へ飛んで行きました。
201102163.JPG
元気でなーっ。


02/15
ナナホシテントウ蛹ハプニング④(まさに羽化)

昨晩は凄い雪でしたね。でも、ナナホシテントウの話を続けます。

(前回までのあらすじ)
真冬の朝の畑で採ってきた大根の葉にテントウムシの蛹(さなぎ)がついていた。
助手Kに観察するよう手渡したところ、約30分後に羽化が始まったのだが、まだ体が柔らかいと思われる黄色い未熟な状態で歩き回るので、段ボール箱に入れた。

30分毎に観察しようとタイマーを合わせておきました。
ピーッ、ピーッ、ピーッ。
30分しか経っていないのに、覗くと、段ボール箱の壁の上部にくっついて後翅を伸ばして乾かしているではないですか。
201102151.JPG
系統は全く異なるのに、この作業はセミやトンボとも似ています。
"羽化"とはよくできた言葉で、まさに羽を完成させる作業であることを再認識できます。
よく見ると、斑点模様も現れてきました。

ピーッ、ピーッ、ピーッ。
さらに1時間後。
201102152.JPG
全く同じ体勢ですが、模様の色が濃くなってきました。
さらに、後翅が少し伸び、細く透明になりました。
もう羽ばたけそうな雰囲気です。

ピーッ、ピーッ、ピーッ。
さらに1時間後。
201102153.JPG
ついに、後翅を折りたたみ、前翅の下に収納しました。
まだ、色は薄いけど、もう普通のナナホシテントウです。

この後、少し歩いたりしておりましたが、真っ赤にはなりませんでした。
ということで、このままの状態で帰ることにしました。

たぶん、つづく。

02/14
ナナホシテントウ蛹ハプニング③

(前回までのあらすじ)
真冬の朝の畑で採ってきた大根の葉にテントウムシの蛹(さなぎ)がついていた。
助手Kに観察するよう手渡したところ、約30分後に異変が。羽化が始まったのである。

セミの羽化に慣れている私は(http://lkm512-blog.com/2010/08/09/、 http://lkm512-blog.com/2010/08/11/)、蛹の抜け殻に捕まった状態で体を乾燥させると思い、とにかく葉っぱを何か容器に入れて立てた状態に固定しようと思いました。
どの昆虫も羽化は極めて繊細で、完璧に羽化することが大事です。
羽化に中に蛹から翅が抜けなくて死ぬケースも多々あります。
翅が変形して飛べなくなる場合もあります。
前日に、食べ切ったLKM512の入ったヨーグルトの空きパック(もちろん私が食べたもの)がありましたので、そこに葉っぱを入れました。

ところがです、テントウムシはまだ柔らかい黄色い翅のまま、歩き出したのです。
テケテケテケテケ。
ヨーグルトの容器の内側さらには上側の縁を縦横無尽に好き勝手に歩き回っています。
20110214.JPG
「えっ、まさかこれが完成体(羽化後の体の硬化も終わった状態)で黄色いテントウムシ?」
と思いました。
実際にキイロテントウという種は存在するのです。
是非、インターネットで検索してみて下さい。
この写真のテントウムシとそっくりです。

このままだと何処かに行ってしまうと思った私は、空き段ボール箱に、ヨーグルトの容器ごと入れ、上をクリアファイルで蓋をし、しばらく放っておいて仕事をすることにしました。

気が付けば、部署のみんなもテントウムシを一緒に観察していた...。

02/10
ナナホシテントウ蛹ハプニング②

(前回までのあらすじ)
畑の大根の葉についていたテントウムシの蛹(さなぎ)を助手Kに渡しただけでした...。

その約30分後、助手Kと真面目な実験の話が終わって数分後、
無口な助手Kが、小さな声で何かを訴えています。
よく聞くと、
テントウムシが・・・
何かを言っています。
(念のため説明させて頂きますが、助手Kは普段から声が小さくて早口で、1m以上離れると話していることが殆ど聞こえないのです。)

何を言っているか理解できない私は、少し怒り気味に、
「そやから、ちゃんと何か容器に入れて置いておけ。」
と指示したと思います。

ところが、助手Kがまだ何やら訴えているのです。
今、羽化しています。
「...、はあーっ!」

やっと理解できました。
蛹の殻が破れて、黄色いテントウムシが中から出てきていたのです。
20110210.JPG
左側の黒いのが蛹の抜け殻です。こんなに早く羽化すると思っていなかったので、蛹状態の写真はありません。

既に変体(幼虫から成虫の体への変化)は終わっていて、あとは気温が上昇するのを待っていたのでしょうか。
氷点下の畑から、10℃前後の車の荷物置き場を経由して(約30分間)、20℃前後の研究室(約1時間)と、気温の上昇を感じて春と思ったのでしょうか。

とにかく羽化が始まったのです。

つづく

02/09
ナナホシテントウ蛹ハプニング①

真冬の朝の畑は極寒です。
畑一面が霜柱といっても過言ではありません。
バケツに溜まっていた水の上層部は厚さ3センチ位の氷になっています。
全ての葉が凍っているように見えます。
冬の野菜が甘く美味しいのは、凍結を防止するために植物体内で糖分を産生しているからであるというのは教科書レベルで理解しておりますが、
改めて、その生命力とその神秘性を感じることができます。

と、そんな極寒の中、蛹で冬を過ごす昆虫たちも多いです。
どうして凍え死なないのでしょうか?
蛹の成分は、殆どがタンパク質だと思うのですが、野菜同様に糖分が多いとか?

多くのチョウは年に数回世代交代をするのですが、春に成虫になるタイプ(春型=蛹で越冬)と初夏以降に成虫になるタイプ(夏型:秋に成虫になるものも含む=蛹で越冬しない)と区別することが多いです。
何故、区別するのかと述べますと、
不思議なことに、蛹で越冬する春型は、夏型と翅の模様や形状などが変わることが多いのです。
私は、この現象は越冬するために体内で作られる成分の影響ではないかと思っています。
申し訳ないですが、虫好きですが専門家でないため答えは知りません。

話は横道にそれましたが、
先日、朝、畑で収穫してきた大根の葉に、ナナホシテントウの蛹がついていたのです。
そのまま研究所の外に捨てても春には羽化するでしょうが、
せっかくの機会なので、助手Kに、
「春まで置いておいて、羽化を観察するように!」
と指示しました。
羽化シーンがデジカメで撮れれば、2日分のブログネタにはなります。
助手Kは小さく2回ほどうなずき、極めて小さな声で、
「はい...。」
彼は私に逆らうより、従った方が楽であることを本能で知っているのです。

ところがです、その30分後に事態は急変したのです。
つづく

02/08
植え継げませんよビフィズス菌は

講演などしていると時々こういう質問を受けます。
「市販ヨーグルトの一部を牛乳に入れて温めるとヨーグルトができるのですか?」
色々聞いていると、各人の知り合いに一人くらいはそういう方がいるようですね。

温度が適正で、環境中の雑菌が入っていなければ、殆どのヨーグルトはできると思います。

基本的に、ヨーグルトとは、
Lactobacillus delbrueckii subsp, bulgaricus (ラクトバチスル・デルブルエッキ 亜種 ブルガリカス)という乳酸菌と、
Streptococcus thermophilus(ストレプトコッカス・サーモフィラス)という乳酸菌の2種類で発酵させて作ったものをいいます。

味や風味が各メーカーのヨーグルトで異なるのは、これらの2種類の菌の性質が異なるためです。(香料を入れた商品も多いですが、プレーンでも乳酸菌の性質により異なります。)
酸味が強くなる菌株、マイルドになる菌株、粘性が出る菌株等、使い分けているのです。

ですから、この2種類の乳酸菌がきっちりと入っていれば家庭でもある程度のものができるのですが、何度か植え継ぎを繰り返せば、次第にバランスが崩れてくると思われます。
そうなると、味が変化し、発酵不良が起こるでしょう。
また、最初の添加量が少なかったり、乳酸菌に元気がなかったりすると、
発酵で乳酸が作られる前に、雑菌が増殖し、完成したのは腐敗乳というリスクも高いです。

このように、リスクはあるものの、ヨーグルトの植え継ぎができないことはないのですが、
ビフィズス菌は決して植え継げません。
ビフィズス菌は偏性嫌気性菌といって、酸素がある環境では生育できません。
さらに、酸にも非常に弱いです。
乳酸菌が作る乳酸も苦手なので、ヨーグルト中でも少しずつ数が減ってきます。
元来、動物の腸管内に生息している細菌です。
乳の中で進化してきた酪農用乳酸菌とは異なります。
各メーカー、選び抜いた菌を使っておりますが、それでも、牛乳の中で乳酸菌のように増えるビフィズス菌はありません。

「ビフィズス菌入りヨーグルトを植え継いでも、ビフィズス菌は増えない!」
豆知識として、是非、覚えておいて下さい。

           
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104