カレンダー

カテゴリー

最新のエントリー

 

アーカイブ

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

検索

LKM512
メイトー
協同乳業研究所

06/19
正しいエプロンの着け方(栃春日&香富士編)

先日、仕事のついでに、
栃春日さん、香富士さん達とジンギスカンを楽しみました!

ジンギスカン特有の鉄板で焼かれ羊肉からは、
溶け出した脂が容赦なく跳ね飛んで来るにも関わらず、
香富士さんの使い捨て紙エプロンは、こんな状態。

20180619a.jpg

ひざ掛け状態です。
いや、よーく観察すると、ほんの気持ち分、腹にも掛けているようです。
果たしてこの着け方で脂を防ぐ効果はあるのでしょうか?
なぜ、首から掛けないのでしょうか?

その答えは、私には俄かに信じられないものの、それなりに説得力のあるものでした。

「首に巻いたら、すぐに汗でエプロンの紐が溶けるんですよ」
だそうです。

爆笑wwwwwwww

熱い脂でも溶けない素材なのに、汗で溶けるんかい?!!!

紙エプロンメーカーさん、強靭なものを作ってあげて下さい。

記念に栃春日さんと一緒に、正しい着け方と香富士流着け方でポーズ

20180619b.jpg

素晴らしい笑顔です!

ところで、読者の皆さん
香富士さんの顔に見覚えありませんか?
あまりディープではない大相撲ファンの方にとっては、
「何か見たことある顔」ではないかと思います。
こういえばわかるのではないでしょうか?
栃ノ心関の付け人です。
栃ノ心関からは絶大な信頼があるようです。

ですから、栃ノ心の取組前後の花道だったり、
支度部屋で髪を結われながらインタビューを受けたりしている時、
NHKの全国ネットで流れる顔なのです。

来場所以降、テレビで見かける度に思い出して下さい。
「紙エプロンが汗で溶ける人や」って。

前の記事< | トップへ戻る | >次の記事