カレンダー

カテゴリー

最新のエントリー

 

アーカイブ

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

検索

LKM512
メイトー
協同乳業研究所

05/21
栃ノ心関、全勝ターンおめでとうございます!

表題の通り、おめでとうございます!
全勝で中日での勝ち越し
優勝争いも単独トップ
怖い位の素晴らしい展開です。

しかし、初場所で優勝を経験済みだからでしょうか?
私の心は極めて平静を保っております。

20180521.jpg

写真は、TOMOZOO様からTwitter経由で頂いた写真です
いつもの高級カメラで撮影してくれたのでしょう!
ありがとうございます。

隣は、昨日の対戦相手の逸ノ城の幟です。
素晴らしい熱戦でした!

おかげ様で、この幟がよくテレビに映っております!
もし、私が研究員でなく、広報の担当者なら、
高く評価されているのではないかと思う位に・・・

05/17
結構人気あるやん、このブログ(続編)

先週のブログ「結構人気あるやん、このブログ」を読んで、
一通のメールが届いた。

メールタイトル
「先生のブログが女子高生に人気です」

まさに、あのブログで紹介した女子高生の所属する生物部(?)を指導していた先生(厳密には大学院生)からである。

以下に原文の一部をそのまま転記する。

====================================
彼女にブログの件を伝えたところ、
以前から友人の間で松本先生のブログが話題になり、
JK読者が増えているそうです。
ウンチングコアタイムの話に共感しており、さらに最近便秘気味の人が多く、
ミルクde水素を飲んでみたいとの声もあるとのことでした。
====================================

凄いやん、オレ!

人気に火が着いたらどうしよう~

女子高生が共感してくれたブログは2年前のこれでしょう。
このメールにあるウンチングコアタイムという素晴らしい造語を使用したのは、
これだけのはずである。

「狂ったウンチングリズム」

ちなみに、本物の女子高生と会話をする自信はない。

05/11
2018年 大相撲五月場所が始まります!

日曜日から大相撲五月場所が始まります!

横綱稀勢の里は休場のようですね。
ちなみに私は休場肯定派なので、しっかり治して下さいという心境です。

当然ですが、
今場所は栃ノ心の大関挑戦ってことに注目せざるを得ないです。

迷いましたが、今場所は優勝した先々場所と同じデザインの幟を用意しました。
幟提供者として、験を担ぐという選択をしたということです。
つまり、今場所は、このデザインのものが国技館に揚がっています。

20180511.jpg
(これは先々場所の写真です)

ちなみに、幟は同じデザインであっても新調します。
縁起物なので使い回しません。

少々マニアックな幟裏事情は私の過去のブログを参照下さい。
これ ↓
「大相撲の幟」

初日に勝って、序盤を4勝1敗位で切り抜ければ、現実味を帯びてくると思います。
そうなった場合、私の周囲もざわついてくるでしょうから、
(初場所の後半は騒がしかった)
猛烈にタイトなスケジュールが詰まっている5月を私は乗り越えられるのか
少々心配です。

それと...、
オーザンもダニエルも頑張れよ!

では、15日間楽しみましょう!

05/10
寂しいパスワード変更

セキュリティー強化ということで、
昨日より、社内のパソコンのパスワード設定のルールが変更された。

それに伴い、これまで使って来たパスワードが使えなくなった。

新しい無秩序な英数字からなるパスワードを覚える苦痛より、
慣れ親しんだパスワードを使えなくなることが、
とてもさみしい...。
さみし過ぎる。


さようなら~

05/09
結構人気あるやん、このブログ

GW前であるが、東大にお邪魔した。

すると、なぜか大学(訪問した研究室)に来ていた女子高生
(たぶん高校の理科部とかに属している生徒で、大学院生が指導していると思われる)
に、「ブログ読んでます! おもしろいです」って声掛けられた。

ビックリだぜ!


その後、知財関係の方と打合せをしていると、
別れ際に、
「あのブログを書いている本物に会えました」
って言われた。

再ビックリだぜ!


こんなウンコなブログにファンがいるのなら、
ちゃんと更新しないとアカンな~と思いつつ、
まぁまぁ多忙につき、
さぼり気味なのを反省している今日この頃である。

05/02
解説記事が掲載されました(機能性食品と薬理栄養)

解説記事掲載のお知らせです。

機能性食品と薬理栄養という雑誌に、私の解説記事が掲載されました。

20180502a.jpg

『腸内環境のマネジメントと健康長寿』
という特集への掲載です。

今回は、
「メタボロミクスを利用した腸内ポリアミン増強型機能性食品の開発と応用」
という、ちょい長なタイトルです。
探索から応用までの紹介をリクエストされた場合、このようになってしまいます。

20180502b.jpg

実はこの特集は、昨年12月の日本機能性食品医用学会でのシンポジウムの演者がそのまま講演内容を記事化したものです。

講演はメモしていても忘れてしまう、或いは完璧には理解するのが難しい別演者の方の講演内容が解説記事で再確認できるのは、結構素晴しいことだと思いました。

04/27
グッド スプリング! 2018

「おはよう!」と言いたいところだが、何か違う。
「グッド スプリング」
が適切であろう。

アマガエルが5ヶ月間の冬眠から目覚めた。

今年は-10℃近くになる極寒の日もあったので少々心配していたが、
無事、眠りから生還した。

20180427a.JPG

今年は暖かいためであろう。
目覚めは早く、約3週間前に寝床から顔を出しているのに気付いた。
ぼちぼち体の試運転も終わった頃であろうと判断し、
夏用の飼育場所を整えて引っ越しさせた。

引っ越し直後の体色は寝床色であった(左上)。

04/23
2018年度版 野菜作ってます3

今朝は出勤前に畑に寄って、
葉物野菜の収穫をしてきました。

今年最初の収穫です。

20180420.JPG

実際は、収穫というか、間引きに当たる行為です。
今年は暖かい日が多いので、例年より初収穫が1週間位早いです。

サイズは小さいですが、これ位が一番柔らかくて美味しいのです!
小松菜もこのサイズなら、生野菜としてむしゃむしゃと楽しめます。

04/13
解説記事が載った本が出版されました(『腸内細菌の応用と市場』)

少し前ですが、
『腸内細菌の応用と市場』(シーエムシー出版)
が出版され、私が執筆担当した内容も掲載されております。

担当内容は
『腸内細菌と認知機能』

通常、完成した本が1冊、手元に届くのですが、
この本に関しては、
高額少部数という理由により無し。
下の様な抜刷というものが、
たったの2部、届きました。

20180413.JPG


出版社さん、せこい(苦笑い)

他の著者の内容もわかれば、このブログでも紹介・推薦できますが、
これでは無理です。
価格は税抜で9万円!!

04/09
3年目のアスパラ

今日は、自宅のアスパラガスを紹介する。

芽が出てきた!

201804091.png

これは、鉢植えのアスパラガスである。

紫色であるが、1~2日後には20cm程度の緑色の見慣れた姿になり収穫できる。
ちなみに、緑の細い物体は分葱。
球根が残っていて勝手に生えて来たもので本日の主役ではない。

アスパラガスは多年生の植物である。
つまり、晩秋に地上部は枯れるが地下には栄養を溜めた根が残り、
春に再び地上部を茂らせる。
これを何年間も繰り返し、私が調べたところ十数年間は生存するようである。

このアスパラガスは3年目にして、食べられる太さの芽を出した。
つまり、株が成熟してきたという証拠である。
もう一度、上の写真をみて頂きたい。
10本程、枯れた茎があるのに気付くであろう。
これは昨年の茎(私が秋に枯れた後に切った残骸)であり、
明らかに今年の茎の方が太いのがわかるであろう。

鉢植えでも、上手に育てれば何とかなるものである。

まだ、若い株なので、大きなダメージを与えないよう、今年は3本だけ収穫した。
新鮮アスパラガスの味はスーパーものとは全く違って、衝撃的に味が濃い!

残りの芽は株の成熟用に残す。
うまくいけば、この先10年間は安定して多量に収穫できると信じ、それを目指す。
来年は5~6本、それ以降は10本以上を収穫したい。
畑で培った知識を活かしてはいるが、アスパラガスは未経験。
独学で鉢植えに挑戦しているので、計画通り生長する保証は何もない...。
問題はプランターの大きさの限界である。
根が張り過ぎた後に、どうなるかである。

参考までにお見せしよう。

201804092.png

2年前は、高さ20~30cm、株の太さは2~3mm程度のヒョロヒョロであった。
随分と立派になったものである。

株の成熟用に残した芽は、放置1週間程度でこんな状態になる。

201804093.png

既に高さ地表から1メートル程度になっている。
このエネルギーが詰まった芽を収穫直後に食したわけであるから、
濃い味にも納得である。