カレンダー

カテゴリー

最新のエントリー

 

アーカイブ

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

検索

LKM512
メイトー
協同乳業研究所

01/19
5連勝 栃ノ心!

好調です、栃ノ心関

大関高安と豪栄道を連日撃破しての初日から負けなしの5連勝

差し入れと幟パワーでしょうね!?

今場所はこれが国技館に揚がっておりますので、
是非、記念撮影して下さい。
今の所、現地からの写真差し入れが無いのでデザイン画をどうぞ
(こっちの方が、ある意味、相撲マニアを喜ばすかもしれない)

20180119.jpg

ビフィズス菌にタッチすると御利益ありますよ。
たぶん•••
便秘の人がウンコ出るとか。

ちなみに、日本相撲協会ホームページの最初のページ下方
「一月場所 観戦案内」
の写真に、我々の栃ノ心幟が写ってます!

横綱二人休んで少し寂しいですが、残り10日間、楽しみましょう!

01/17
私が取材を受けた記事が載っていますが・・・2

まさか、このタイトルで続編を書くことになるとは思っていませんでした。

昨日発売の「週刊ポスト」
に私が先日受けた取材内容が記事になっております。

NHKスペシャル「人体」も注目の最新メカニズム
「腸の免疫パワー」の整え方

20180117.JPG

ブログ用に表紙の写真を撮ったのですが、
さすがに企業ブログには適切でないと判断し断念

週刊現代の時と同様に、
アンチエイジング物質として注目されているポリアミンの話題の箇所で登場します。
12文字×約30行と短い内容ですが、
この取材のために1時間半程度が潰れました。

記事になったものを読むと、
色々と小さい間違いはあり、
また私の箇所は、記事タイトルの「免疫パワー」とは関係ないと思いますが、
まぁ、ギリギリセーフでしょう(苦笑)。
記者の方は、一生懸命でした。


こういう雑誌の見出しは凄いですね。
私なんて、
自分のインタビュー記事が載っているこの記事の前に、
大相撲関連の記事を読んでしまいましたから。

01/12
2018年大相撲一月場所が始まります

2018年の大相撲が始まります。

ゴタゴタがありましたが(or しておりますが、と書くべきか?)、
長年のファンとしては、
普段通りの本場所が、粛々と開催されることのみを望んでおります。

さて、白鵬はどんな立ち合いをするのでしょうか?
あれだけ言われれば、本人も意識せざるを得ないでしょうが、
15番中4~5番位は、非難されている立ち合いをしてしまうと予想しています。
もう癖になっているでしょうから、無意識で。
「する」ではなく、「してしまう」です。
やった後、「流れで」という言い訳をすると予想しておきます...。

贔屓の春日野勢は、久しぶりに幕内上位に顔を揃えていない状況
少々寂しいですが、怪我が癒えてくれていることを願っております。
また、改めまして、
栃飛龍関、十両カムバック、おめでとうございます!
夏に一緒にジンギスカンを食べた時に、十両復帰を誓っていた事を思い出します。

今場所は、少々早めにテレビ観戦に入ることになりそうです。

職場も、番付をきっちり貼って、本場所モードに!

20180112.JPG

では、大相撲ファンの皆様、15日間、楽しみましょう!

01/10
違法な自炊?

実は、本日(1月10日)〆切で専門雑誌と専門書から2つの依頼原稿がある。

昨日から取り組み始めた私が悪いが、多量に論文系の仕事が片付かず仕方ない。
しかも、職場ではやたらと邪魔が入るので進みが遅い。
間に合わないことを悟りつつあったので、先程、専門書の担当者には、
「数日、締切を伸ばして下さいませ!」メールを出し、OKを頂いた。

それで安心したのか、ふと、見本で送られて来た雑誌の裏表紙を見た。
医学系の雑誌なので、
治療薬や受託解析の広告が掲載されているのが一般的であるが、
理解不能の広告があった。

違法な
『自炊』
私はしない!

横に若いドクター風の男性が真面目な顔で腕組みしている写真が載っている。

何故、自炊したらいけないのか?
むしろ、医者としては外食より薦めるべき行為ではないのか?
その前に、自炊が違法とはどういうことなのか?
一瞬、違法薬物を自分で調合して吸引することを意味するのかと思った。
しかし、よく見ると、下には「これは著作権侵害です」と書いてある。

頼みのウィキペディアで調べてみた。

なんと、自炊とは、
「書籍や雑誌を イメージスキャナ等を使ってデジタルデータに変換する行為を指す俗語」
だそうである。
この行為を、何故、自炊と表現するのかわからなかったので、更に調べた。

自分でデータを作成してパソコン等に吸いあげる行為なので、
「自吸い」という言葉が使われ、それが「自炊」に変化したようである。

ふ~ん (「なるほど!」なんて全く思わない時の「ふ~ん」)

「自吸い」の方がよい気がする...

無駄な時間を使ってしまった。
でも、無駄にしないためにブログにした。

01/05
2018年 明けましておめでとうんち!

例年、仕事始めは干支に因んだ研究話をしている本ブログ
今年はイヌネタを考えねばならない。
「イヌは、なかなか研究には使わんな〜」と思っていたら、
一つ思い出した。

イヌの腸内にビフィズス菌LKM512は生きて届くのか?
おなかの中で増えるのか?
を調べた研究が!
少々懐かしい。

イヌは先祖をオオカミに持つ肉食哺乳類
生肉を丸呑みしてきた進化の経緯から、
胃酸がヒトと比較して強力である。
当然、乳酸菌やビフィズス菌も、胃酸の影響をバリバリ受ける。
ヒトを対象に開発されたビフィズス菌•乳酸菌など、
胃内で即死といわれていた。
そんな状況下、ビフィズス菌LKM512で試してみた研究である。

ペットのイヌを募集して、ビフィズス菌LKM512を投与して、
そのウンコを回収して解析した研究で、
既にBebeficial Microbeという欧州の科学ジャーナルにして掲載されている。
(Beneficial Microbes: 直訳すると「有益な微生物」)

市場にはペット用の乳酸菌は存在するようであるが、
ここまで丁寧に行った研究は他にはないと思われる。
要するに、ペットの新鮮ウンコから菌を寒天培地上に分離して、
遺伝子型を指標に菌株レベルで確認した研究はないということ。
少なくとも2015年の執筆当時、比較する論文すらー殆ど見つからなかった。

遠慮深い私ではあるが、研究の質を考えたら、
ペット犬にプロバイオティクスを与えている飼い主の方は、
これを一度は試してみるべきだと思っている。

当時こだわったコンセプトが
「ペットと飼い主に共通して整腸作用のあるビフィズス菌」
「ワンちゃんも、同じものを食べたいよね!」

前半•後半に分割し(実際には疲れて2日に分けて書いただけ)、
しっかりブログにも書いていた。
これです↓
ワンチャンのお腹の中でも生きているビフィズス菌前半
ワンチャンのお腹の中でも生きているビフィズス菌後半

以上の原稿を本社に送ったら、
「こんな商品に繋がってます」
との連絡を受けた。
http://www.dotwan.jp/fs/dotwan/fd/DW-Y001
それなりに売れているようである。

では、今年もよろしくお願い致します。

12/26
よいお年を!

実は、今から出張でして、
明日、明後日と出張。

従いまして、本年は、これをもって、最後のブログとさせて頂きます。

なんで、こんな年末に色々あるのでしょうか?
しかも、色々と準備がしんどい仕事が連発です。
只今の準備完成度10%(12/26 12:00現在)
まあまあ追い詰められている感あり。
新幹線内が勝負です。
頑張ります!


例年、年末ブログは1年のブログを振り返っておりましたが、
今年はその時間が全くありませんわ。

年間ウンコ回数もどんなペースでカウントされているのか、
全くわかりません。
年明けの楽しみとしておきます。

では、みなさま、良いお年を!

12/21
総説が掲載されました(「ポリアミン」 Vol. 4, No. 2, 2017)

学会誌「ポリアミン」の4巻2号(11月号)
に、私が執筆した総説記事が掲載されました!

「腸内細菌由来ポリアミンのアンチエイジング効果」
というタイトルで。

20171221.png

ポリアミンの機能の凄さ
腸内細菌が作るポリアミンの意義
腸内細菌にポリアミンを作らせる食品を創り出そうとする私の試み
等を紹介しました。

色々と原稿執筆の依頼はありますが、
滅多にない「どうぞ、好きに書いてよ。(特にページ制限もなし)」
という依頼だったので、
じっくりと魂込めて書くことができました。
また、改めて文献を調べる良い機会にもなりました。

その分、〆切期限を大幅に過ぎ、ご迷惑をかけてしまいましたが...
編集委員はポリアミン学会で顔見知りの先生だったので、
思わず気が緩んでしまいまして...

腸内細菌が産生するポリアミンが健康に与える影響
腸内細菌のポリアミン濃度をコントロールできる食品を創り出す価値
などが伝わればうれしいです。

学会員でなくても、フリーで読むことができますので、
是非、ご一読下さい。
http://pa.umin.jp/PolyamineVol4No2%2020171205.pdf

学術誌なので少々難しいと思いますが、悪しからず。

12/12
ザクロです

職場の近くを歩いているとザクロが生っていた。

子供の頃、実家に生えていたので懐かしく、
少々便意をもよおしていたが、リスクを顧みず立ち止まって眺めた。
独特の光沢のある赤黒い実は美しい。

さらに便意を押し殺し、鞄からデジカメを取り出してパシャッ

20171212.jpg

大して美味しくはないが、酸味のある懐かしい味が脳裏に蘇る。
25年ぶり位に確かめたかったが、手が届かず断念

ちなみに、私のひーばーちゃん、或いは、ばーちゃんによると
ザクロは「人の味」だそうだ。
毎年、この解説を受けた記憶がある。
幼い頃の私は(味云々の前に)、
「今は人を殺して食べてはいけないが、昔は食べてよかったのだ」
と、少々、恐怖を感じていた。

今はインターネットの時代である。
調べてみた。
どうやら、仏教系の伝説がもとになっているようである。

ザクロはそんなこと知る由もなく、
雲一つない冬空のもと、鳥が種子を運んでくれるのを待っているようであった。

私はこの後、強烈に高まった便意により、
お気に入りの便所に到達する前に、寒い便所で用を足すことになった。

12/08
第22回 【大相撲溜席ペアチケットプレゼント企画】 at 2018年一月場所

一連の出来事に関係なく、初場所の前売りチケットは即完売だったようです。
多くのファンは、これまで通り、大相撲を楽しみたいのですから、
当然の結果なのでしょう。


我々も、いつも通り、プレゼント企画を準備しております。


溜席(砂被り)チケットをペアで2組様
にプレゼント致します!(A賞)

観戦日は以下の日になります。
⇒ 初日(1月14日、日曜日) 
⇒ 中日(1月21日、日曜日)

共に、正面席です。

応募締切:12月24日(日曜日)(24日23時59分59秒発注分までが対象です)
抽選後、当選者の方には電話でご連絡を差し上げます。
週明け26日の当選通知になる予定です。

これが、その当選チケット!!!!!


20171208.jpg


いつも通りB賞も用意しております。

B賞:春日野部屋特製Tシャツのプレゼント!(2名様)
希望者には関取サインを付けます
(栃煌山、栃ノ心、碧山に、再十両の栃飛龍:おめでとうございます!)。


詳しくはコチラをクリック

・・・本当はここで締めたいが、前回同様、最後に一つお願い。

皆さん、この素晴らしい企画を自分だけの秘密にするのはできるだけ控えて、
SNSで拡散して下さい!!!


では、よろ四股お願い致します。

12/04
栃煌山幟写真賞発表(2017.11月場所)

大相撲ファンの皆様、九州場所、お疲れ様でした。

何故か、学術的な集まりの場で(もちろん休憩時間や懇親会時)、
一連の出来事に関するコメントを求められることはありますが、
基本、「よくわからないです」と答えてます。
敢えて意見を言うなら、
「普段、大して大相撲に興味を持ってない人がコメントし過ぎ。」
でしょうかね。


さて、栃煌山幟写真コンテストの結果発表です!
ストレート負け越しの時はどうなるかと思いましたが...。
今場所は、会場前でインタビューが多かったので、
時々、テレビの画面の奥でも風に揺れているのを確認しておりました。


最優秀写真賞はこれ

好角家見習いおけいぼ(@iyanbanker)さんのこれ

20171204-1.jpg

「1日観戦楽しかった。帰るぞ」感がいいです。
櫓と一緒のショットも貴重です。


優秀賞は以下の2枚

杉岡みどり(@sugimido)さんのこれ

20171204-2.jpg

秋空と幟が良いです。
好成績だった二人の関取に挟まれて、微妙に肩身が狭そうですが...。


かぢかづ(@kajikaz)さんのこれ

20171204-3.jpg

弊社の社員のようなアップ写真ありがとうございます!
また、殆どの方が、この黄色いイラストを「キャラ」と表現するのに対し、
かぢかづさんは「菌」と表現して送って頂いたことも、
私的には非常によろこんでおります。


当選者の方は、
おなかにおいしいヨーグルト
ミルクde水素
の詰め合わせをプレゼント致します。
最優秀賞の方は量多め+α(通販担当者の気分次第)で。

本企画へのご参加、誠にありがとうございま下手出し投げ!