カレンダー

カテゴリー

最新のエントリー

 

アーカイブ

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

検索

LKM512
メイトー
協同乳業研究所

01/14
LとKとM

「ビフィズス菌LKM512」なんてややこしくて覚えにくい名前が
このプロバイオティクスにはついています。
よくKLMって間違えられるんですよね。
特に海外の研究者には、KLMオランダ航空のせいか、
正しく言ってくれる人がほとんどいない(≧ヘ≦)
KLM Royal Dutch Airlines、
オランダ語ではKoninklijke Luchtvaart Maatschappijと言うらしいです。

この名前、深い意味は無く、単純に当研究所での管理ナンバー。
Laboratory of Kyodo MilkのLとKとM、菌株管理番号512番。
味気ないので商売っ気のある名前に替えるか・・・?

でも、プロバイオティクスは菌種でなく菌株レベルで機能性が異なる!
すなわち、この菌株名が極めて重要で、効果を保証するものなのです。
多くの健康促進機能をLKM512という名のもと、
国際科学ジャーナルで発表してきたことから(http://www.meito.co.jp/laboratories/report/index.html)、
商売上もあえてこの名前を使っていくことに決定!

後付けにはなりますが、意味をつけてみました。
LはLove(愛)
KはKindly(思いやりのある)
MはMarvelous(驚くべき)
意外と良いかも・・・。
「愛を込めて研究され、体にやさしく、驚くべきパワーをもったプロバイオティクス!」

ちなみにLKM博士のLとKは、上と全く同じです。
Mも飲み会などでは驚くべきパワーを発揮するのでMarvelousで良いかもしれませんが、
Makezu-girai(負けず嫌い)のMでもOK?

前の記事< | トップへ戻る | >次の記事