04/20
日本農芸化学会2016年度大会でトピックス賞を受賞!

「日本農芸化学会2016年度大会(3月27日~30日、札幌)」において
協同乳業株式会社と石川県立大学が共同で発表した、
「腸内環境の酸性化は腸内細菌由来の生理活性物質であるポリアミンを増加させる」が
「日本農芸化学会2016年度大会トピックス賞」を受賞いたしました。
トピックス賞は、社会的意義や科学的レベル等の観点から
大会実行委員会と広報委員会によって選定されます。
今大会では2,131演題の中から本研究を含む28題が対象となりました。

詳しい内容はこちらをご覧ください。 
ニュースリリース

by 研究所 | カテゴリ [LKM512ニュース]
前の記事< | トップへ戻る | >次の記事