06/20
腸内細菌をターゲットとした新たな機能性食品に繋がる知見

メイトーブランドの協同乳業株式会社(本社:東京・中央区/社長:尾﨑 玲)の松本光晴主幹研究員らと、慶應義塾大学医学部の坪田一男教授らのグループは、ヒト大腸内での効率的な水素ガス産生を誘導する食物繊維類(オリゴ糖、糖アルコール含む)の組み合わせを見出し、ヒト試験でこれを含む乳飲料の水素ガス産生能の高さを証明しました。

この研究成果は、International Society for Nutraceuticals and Functional Foodsの公式ジャーナル「Journal of Functional Foods」に公開されました。

詳しい内容はこちらをご覧ください。

by 研究所 | カテゴリ [LKM512ニュース]
前の記事< | トップへ戻る | >次の記事