02/06
腸内常在菌と健康・疾病の関連性の解明に重要な知見


無菌マウスと通常菌叢定着マウスの大腸内容物、大腸組織、門脈血液、心臓血液を
メタボロミクス解析し、各成分の群間濃度比から、大腸管腔内から吸収され血液に移行する
低分子代謝産物を推測しリスト化しました。

本研究結果は、米国科学ジャーナル「PLoS ONE(プロスワン)」で
2017年1月26日(日本時間)に公開されました。

詳しい内容はこちらをご覧ください。
by 研究所 | カテゴリ [LKM512ニュース]
前の記事< | トップへ戻る | >次の記事