06/27
大腸癌の新たな治療法や予防法に繋がる可能性

 メイトーブランドの協同乳業株式会社(本社:東京・中央区/社長:尾﨑 玲)の松本光晴主幹研究員らは、横浜市立大学 肝胆膵消化器病学 日暮琢磨診療講師らとの共同研究で、大腸癌患者の大腸癌組織と唾液からFusobacterium nucleatum (F. nucleatum、フソバクテリウム ヌクレアタム)を分離して解析した結果、4割以上の患者で、大腸癌組織と唾液に共通したF. nucleatum菌株が存在していることを発見しました。

 

この結果は、大腸癌の増悪化に関与が報告されている腸内細菌のF. nucleatumが口腔内に由来すること、すなわち、口腔内F. nucleatumが大腸癌に関与していることを強く示唆しています。

 

この研究成果は、英国消化器病学会(British Society of Gastroenterology)の機関誌「Gut」に623(日本時間)にオンライン公開されました。

 

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

by 研究所 | カテゴリ [LKM512ニュース]
前の記事< | トップへ戻る | >次の記事