02/06
腸内常在菌と健康・疾病の関連性の解明に重要な知見


無菌マウスと通常菌叢定着マウスの大腸内容物、大腸組織、門脈血液、心臓血液を
メタボロミクス解析し、各成分の群間濃度比から、大腸管腔内から吸収され血液に移行する
低分子代謝産物を推測しリスト化しました。

本研究結果は、米国科学ジャーナル「PLoS ONE(プロスワン)」で
2017年1月26日(日本時間)に公開されました。

詳しい内容はこちらをご覧ください。
by 研究所 | カテゴリ [LKM512ニュース]

04/20
日本農芸化学会2016年度大会でトピックス賞を受賞!

「日本農芸化学会2016年度大会(3月27日~30日、札幌)」において
協同乳業株式会社と石川県立大学が共同で発表した、
「腸内環境の酸性化は腸内細菌由来の生理活性物質であるポリアミンを増加させる」が
「日本農芸化学会2016年度大会トピックス賞」を受賞いたしました。
トピックス賞は、社会的意義や科学的レベル等の観点から
大会実行委員会と広報委員会によって選定されます。
今大会では2,131演題の中から本研究を含む28題が対象となりました。

詳しい内容はこちらをご覧ください。 
ニュースリリース

by 研究所 | カテゴリ [LKM512ニュース]

01/21
「春日野部屋稽古見学&ちゃんこ」ツアー キャンペーン中!


≪ツアー日程≫ 2016年2月13日(土)

≪ 集 合 ≫
 JR両国駅改札 午前8:00(解散は正午頃を予定)

≪ 当選人数 ≫
 ペア10組、20名を予定
     (1名様での応募も可能です。下記応募要項をご確認の上、ご応募ください。)

≪ 応募要項 ≫

1.協同乳業(メイトー)の商品を下記の応募期間中に税込500円分以上購入し、
  そのレシートの写真を下記メールアドレスまで送付してください。
  また、購入合計金額もメール本文に記載をお願いいたします。
  応募用メールアドレス:asachanko@meito.co.jp
2.応募期間:~2016年1月31日(日)
  ※1月31日中にメール必着
3.お一人様、1応募に限ります。
  (ペアではなく、1名でのご参加希望の方はその旨をメール本文にご記入ください
4.当選発表:ご当選者には、2月1日(月)にメールで返信する形でご連絡差し上げます。
  ドメイン指定受信を設定されている方は、上記アドレスからのメールが受信できるように
  設定の変更をお願いいたします。
5.スーパー、コンビニ等で他の商品も一緒に購入された場合には、メイトー商品が識別
  できるよう赤ペン等で目立つように囲んでください。
  また、他の商品をマジック等で塗りつぶしていただいても構いません。
6.全ての商品(牛乳・ヨーグルト・アイス・プリン等)、レシートが発行される販売場所
  (スーパー、コンビニ、ドラッグストア等)が対象です。尚、現在発売中の
  協同乳業の商品一覧はコチラに記載しています。
7.レシートは何枚になっても構いません。
8.メイトーオンラインショップで対象期間中にご購入いただきました方は、ショップから送られる
  「ご注文ありがとうございました」メールを、また定期購入の方につきましては、ショップから
  送られてくる「定期購入商品を準備いたしました」メールを、上記応募用メールアドレスへ
  転送いただくことで応募受付といたしますので、レシートは必要ありません。


≪ 注意事項 ≫

1.春日野部屋の稽古は極めて厳格な雰囲気で行われています。携帯電話・スマートフォンの
  電源オフはもちろん、私語や立ち歩き等、力士の集中を乱す行為は控えていただきます。
  また、そのような行為が確認された場合には、ご退席をお願いすることもございます。
2.JR両国駅までの往復交通費は、ご当選者の負担となります。あらかじめご了承ください。

≪ その他 ≫
1.抽選は、購入額に関わりなく公平に実施いたします。
  但し、当選後の見学時の席順は、購入額を考慮し決定させていただきます。
2.当日は栃煌山関をはじめ関取衆も参加予定ですが、急用等で不在になる場合も
  ございますのでご理解下さい。
3.稽古後、関取衆には写真撮影やサインに応じて頂ける予定です。
  サインが欲しい方は色紙やペン等を各自でご用意願います。

お問い合わせは、上記応募用メールアドレスにお願い致します。

一度は行ってみたいけれど、少々敷居の高い相撲部屋。
本場所とは違う厳しい稽古の様子を、わずか数メートルの距離で見学できます。
また、見学後は部屋特製のちゃんこをご馳走になる非常に貴重なキャンペーンです。
皆様からのご応募を、お待ちしております!

by 研究所 | カテゴリ [キャンペーン情報]

09/10
ビフィズス菌LKM512がイヌの腸内に生きて到達、腸管内で増殖することを確認!

ビフィズス菌LKM512がイヌの腸内でも生きて到達し、腸管内で増殖することを明らかにしました。当社はこれまでの研究で、ビフィズス菌LKM512がヒトのアトピー性皮膚炎軽減に有効であることや、マウスの寿命を伸ばすことを確認してきましたが、本研究結果はLKM512がイヌにとってのプロバイオティクスになり得る可能性を示唆しています。また、本研究結果は、オランダのジャーナル Beneficial Microbeに掲載されました。

詳しくはこちらをご覧ください。

リリース
by 研究所 | カテゴリ [LKM512ニュース]

06/08
日経ヘルスムック本「下腹ぺったん!腸スッキリダイエット!」にLKM博士が登場しました。

日経BP社 日経ヘルスムック本「下腹ぺったん!腸スッキリダイエット!」(6月2日発売)の

腸の専門家3人が腸の不思議を語る「腸の正しいアンチエイジング」に

弊社研究所 松本 主任研究員が腸内細菌研究者の代表として登場しています。

是非ご覧ください。

by 研究所 | カテゴリ [LKM512ニュース]

03/03
ビフィズス菌LKM512の摂取で肌の敏感度が低減する傾向に!

 敏感肌もしくは敏感肌の傾向がある20~50代の女性を対象にビフィズス菌LKM512摂取試験を行ったところ、ビフィズス菌LKM512を摂取することで肌の敏感度が低減する傾向が認められました。

詳しくはこちらをご覧ください。

プレスリリース

 

by 研究所 | カテゴリ [LKM512ニュース]

12/24
Anti-Aging Medicine 2014Vol.10 No.6に掲載されました

日本抗加齢医学会雑誌 Anti-Aging Medicine2014 Vol.10 No.6に掲載されました。
 
連載「日本発!アンチエイジング産業」の第4回に弊社研究所 松本主任研究員の
「ビフィズス菌LKM512を用いた腸内環境改善による健康寿命伸長効果」が掲載されました。

 

by 研究所 | カテゴリ [LKM512ニュース]

10/14
生物工学会誌 2014年92巻9号に解説記事が掲載されました。

プロジェクト・バイオというコーナーに弊社研究所 松本主任研究員の解説記事「健康寿命伸長のための大腸内ポリアミン増強食品の開発 ―狙った生理活性物質を腸内細菌に産生させることができるのか?―」が掲載されました。

この研究を実施するにあたり、良い(研究に適した)糞便を得るための苦労話等も紹介した内容で、読み物としても楽しめます。

 

 

by 研究所 | カテゴリ [LKM512ニュース]

09/11
2014年東京工場バザール開催案内

昨年に引き続き、東京工場(東京都西多摩郡)にてバザールを開催いたします。

日時:2014927日(土)10001600(荒天の場合は、翌日に順延)

場所:協同乳業㈱東京工場敷地内(東京都西多摩郡日の出町平井20-1
     (地図はこちら 

駐車場:約120台あり

入場無料

主な内容:

 ・牛乳、ヨーグルト、プリン、アイスクリーム、飲料等のメイトーブランド商品の販売


 ・多摩地域酪農家のみから集乳した新鮮な牛乳、『東京牛乳』で作ったソフトクリームの販売


 ・工場見学及び東京牛乳講習会(事前申し込み不要)                                                                    ※但し、混雑する場合は入場を制限させていただく場合がございます。


 ・LKM博士による「腸内環境と健康」に関する講演会(当日事前申し込み必要)                                                  ※1030~、1130~、1300~、1400~、1500~の合計5回、各回45分・定員60名となります。                                                                                               

・骨強度、腸年齢測定

・ヨーヨー釣り

問合せ先:協同乳業株式会社お客様相談室0120-369817(9:00~17:00)

たくさんのご来場お待ちしております。

 

 

by 研究所 | カテゴリ [イベント情報]

08/05
米国アレルギー・喘息・免疫学会の学術誌8月号に掲載されました

米国アレルギ-・喘息・免疫学会の学術誌「Annals of Allergy,Asthma&Immunology」8月号に

ビフィズス菌LKM512による成人型アトピー性皮膚炎の症状改善効果が掲載されました。

本研究は、医薬品の臨床試験の実施基準(GCP)に準拠した治験となります。

 

詳しい内容はこちらをご覧ください。

http://www.lkm512.com/contents/20140805.pdf

by 研究所 | カテゴリ [LKM512ニュース]