カレンダー

カテゴリー

最新のエントリー

 

アーカイブ

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

検索

LKM512
メイトー
協同乳業研究所

03/20
2014年大相撲三月場所いよいよ終盤です

早いもので、春場所ももう終盤です。
少々忙しく、平日の取組は結果のみ把握して、
まだ見ていない録画相撲があります。

日馬富士の予想に反しての連勝のおかげで、
優勝争いは最後まで楽しめそうですね。
静かに綱取りに挑戦している大関鶴竜も調子が上がって来ています。
三つ巴の後半戦を楽しみます。
おかげ様で、我々がプレゼントした14日目の溜席チケットの価値は上がっていると思います。

また終盤は星取り勘定もファンとしては楽しむべきものです。
我々は一言で、勝ち越し、負け越しと言いますが、
勝ち越せば確実に地位が上がり、負け越せば下がる、わかり易いが厳しい世界です。

また8勝(幕下以下は4勝)すると考えるとしんどいですが、
7敗(幕下以下は3敗)しても地位が上がると考える事もできます。

1つの白星あるいは黒星で上がる幅、下がる幅も変わってきます。

怪我で調子が悪く負け越すにしても、
前頭下位の番付の力士の場合、
4勝11敗なら十両転落、
5勝10敗なら幕内に残る
という差が出て来るわけです。

そういう視点で見ていると、
立ち合いから変化して、
どうにか1つの白星を取りに行く姿勢も少しだけ理解できてしまうのです。
もちろん本当は正正堂堂と力の入る相撲が見たいわけですが。

一つの勝ち負けで、力士達がホッとする表情、悔しがる表情を観察してみて下さい。

贔屓の春日野軍団はボチボチですね。
悪くもないが良くもない。
大怪我で幕下まで転落し今場所から復帰した栃ノ心さんは6戦全勝。
格の違いを見せつけております。
幕下優勝目指して下さい。

我々はお腹の中からサポートするだけです。
いつも発送してくれているマイさんが、
「がんばれー」という感じの積み方の写真を送って来てくれたので掲載します。
20140320.JPG

恒例のSumoyogurtプレゼント企画もやっておりますのでご応募下さい。
2014年三月場所『春日野部屋勝ち越し関取の白星数のヨーグルト(箱単位)プレゼント』
では、残り4日間を楽しみましょう。

前の記事< | トップへ戻る | >次の記事