09/30
奈良を眺める

奈良奥山ドライブウェイをご存知でしょうか?
「若草山から春日山原始林を抜けて高円山へ抜ける有料道路」と一般の案内文書には書いてありますが、地元の方以外は、よくわからないかもしれませんね。

そもそも春日山原始林はご存知でしょうか?
春日大社の神山、すなわち聖域として保護され、狩猟と伐採が禁止され、1100年以上も人手の加えられていない原始林なのです。
春日大社はお参りされた方は多いと思いますが、本殿の近くはうっそうとしておりますが、さらにあの奥に位置する森と思って頂ければ良いと思います。
植物の生態学で習った"極相"に達している森で、貴重な生物種も生息しており、
原始林自体が国の特別天然記念物に指定されております。
さらに、古都奈良における文化的景観を構成する資産として世界遺産にも認定されております。

さて、小難しい話は止めにして、暑いお盆、特に何をすることも無かった8月15日、そのドライブウェイを通って、若草山の山頂付近まで行きましたので、その写真を掲載します。
100929.JPG
この通り、古都奈良が一望できます。
綺麗でしょう!
なんとなく盆地であることもわかると思います。
手前の真ん中、木の間からちょこっと見えるのが東大寺大仏殿の屋根です。
金のしゃちほこが見えるのがわかるでしょうか?

中央やや右よりに、広い草原がありますが、あれが平城京跡です。
そう、平城遷都1300年祭のメイン会場です。
よーく見ると、復元された大極殿と朱雀門らしきものが見えるような気がします。
何度も書きますが、あんなつまらない会場に行くよりは、興味がある寺社に直接行った方が良いですよ!

そして、向こう側の山は生駒山。
私はあの麓で育ちました!

以上、私も殆ど行ったことがなかった、ちょっと穴場の観光スポット紹介でした。

勝手に奈良県観光大使より

前の記事< | トップへ戻る | >次の記事