カレンダー

カテゴリー

最新のエントリー

 

アーカイブ

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

検索

LKM512
メイトー
協同乳業研究所

09/28
2010年大相撲秋場所の感想

白鵬、白鵬、白鵬、連勝、連勝、連勝、と白一色でしたね。
それは後でコメントしましょう。

まずは、大関魁皇、なんとか勝ち越しましたね。
見ていて疲れました。これであと2場所はこの大関を見られると思うとうれしいです。

9月17日のブログでも紹介した栃煌山は予想通りの大活躍でしたね。
日本人力士というちっぽけな視点での話ですが、
何だかんだ言っても、幕内上位で勝ち越す日本人は魁皇だけでしたが、
いよいよ世代交代ができそうな予感がプンプンします。
期待しています。

雅山、十両優勝は逃しましたが、12勝3敗の成績で、場所前の予想的中でした。http://lkm512-blog.com/2010/09/10/
星数をぴったり当てるとは、なかなか私も見る目があると自画自賛です (^v^)V
やっぱり、豊ノ島にしても、豪栄道にしても十両力士とは力の差がありましたね。

それから、岩木山、ご苦労さまでした。
小脳梗塞ということで志半ばでの引退。残念ですが、良い親方になって下さい。

さて、白鵬の話題。
本当に69連勝を抜きそうな安定感ですね。
実は、この連勝のスタートである初場所14日目の一番は、私は生で観戦しておりました。
そう、朝青龍の最後の優勝を決めた日と同じ日です。
あれからずっと勝っているのかと思うと、凄いの一言です。
ただ、やっぱり、取組み前にあの汗だけは拭いて欲しい。ヌルヌルで相手がすべるでしょう。
昨日の朝日新聞の天声人語によると、
白鵬は昨秋の巡業中、全盛期の双葉山と一番をとる夢を見たそうです。
「結果はしばらく、私の中の宝物として封印しておきたい」と語っているそうですが、
なんと相撲熱心なのだろうかと思われるエピソードです。
が、実は、
私は夢で、その白鵬と相撲をとったことがあります。2ヶ月程前でしょうか。
その結果は...、永遠に私の中に封印しておいた方が良いと思います。

前の記事< | トップへ戻る | >次の記事