カレンダー

カテゴリー

最新のエントリー

 

アーカイブ

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

検索

LKM512
メイトー
協同乳業研究所

03/16
スカンポ

先日、イギリスの環境・食料・農村省が、
イギリス全土で広がっているイタドリの駆除のために、日本のイタドリマダラキジラミを輸入することを決定したというニュースが流れました。

「なんじゃ?」

イタドリとはタデ科の植物で、
19世紀に観賞用として日本からイギリスに持ち込まれ、向こうで大繁殖し、現在では被害を与えているようです。
どうやら甘っちょろい被害ではなく、アスファルトを突き破るなど、年間200億円程度の被害のようです。
つまり、
このイタドリを食べるイタドリマダラキジラミという小さな昆虫を使って駆除しようという作戦を決行するというニュースです。

ところで、このイタドリという植物をご存知ですか?
私も知らなかったので調べたところ・・・、
見たことある植物でした。
間違いなく、"スカンポ"です。
私が小学生の時は、下校時に、皆で奪い合って食べていた植物です。
近鉄奈良線が走っている土手に登って食べていたのを思い出しました。
もちろん生食です。

ポンッと折れ、中は空洞で(つまり竹輪のような形)、
皮をスーっと剥いて(あるメーカーの裂けるチーズのような感じ)、
食べると、繊維質なのにみずみずしく、あの青臭くてすっぱい味が今でも思い出せます。

事前に研究はされたようで、イタドリマダラキジラミが現地の生態系へ影響を与えることはないと判断したようですが、その危険性はゼロではないはずです。
まずは、イギリス人が1日1本ずつスカンポを食べれば良いのではないかと思います。

タデ食う小学生だった者より

前の記事< | トップへ戻る | >次の記事