08/06
ビッグ・ニューーーーース!!!!!

研究にはお金が必要です。
汎用されている機器類でも数百万円から数千万円はするものです。
車なんて簡単、家1軒建てられる価格の分析機器はたくさんあります。
実験に使う試薬も高いです。
一般の方には信じられないかもしれませんが、
1mg(1gの1000分の1)で数十万円するような代物まであります。
また、研究スタッフもお金がないと雇えません。

「こんなこと調べたいな」
「あの機械を使えば、この現象が説明できるかもしれない」
と思っても、大多数の研究者は金銭的な理由で試すことすらできないのが現状です。
もちろん、中堅企業で細々と実験している私もその一人です。
可能な範囲でベストを尽くすことが大事なことはわかっておりますが、
割り切れない時も多いのです。
「あと1000万円あれば、いやいや100万円あれば・・・、
手伝ってくれる人がいたら・・・あんな研究もできるのに・・・」

あり得ないことを考えたり、愚痴ったりするのは簡単です。
が、余計に虚しくなり、時間の無駄でしかないので、
会社の予算がないのなら、外部の研究資金を獲得してやろうと考えました。

どうするのか?
億単位の研究資金がもらえる競争的研究資金に応募するのです。
競争的研究資金とは、「国や国が所管する独立行政法人が、広く研究開発課題等を公募し、専門家による審査により採択された研究者等に配分する研究開発資金」のことです。
要するに、国が面白そうな研究に資金を与える制度なのです。

当然めちゃくちゃ競争率は高いですし、
そもそも私自身に地力がなかったので、2年間は無理でした。
が、本年度、ついに獲得してしまったのです。
億単位の研究資金を。
しかも大好きな"ウンコ"を徹底的に調べる研究テーマで。└(^へ^)┘

つづく。

08/04
予想的中! 大相撲名古屋場所

大相撲名古屋場所はかなり盛り上がりましたね。
序盤を見てブログ(7月16日)に書いた私の予想は恐い位あたりましたね└(^へ^)┘

琴欧洲は千秋楽まで優勝争いをしているし、
琴光喜は白鵬に勝ってしまうし、
予想したとはいえ、びっくりです。

さらに、先のブログで、
「白鵬の汗が気になる」
と書いていたの、皆様覚えていますか?
なんと、
白鵬 vs日馬富士戦で
日馬富士が立会い一気に押し込んだものの逆転負けした後、
「汗がすごくて滑った・・・」
とコメントしています。
優勝争いの鍵となる取り組みの
勝敗を分けた可能性が高い要因(白鵬の汗)までコメントしていたのです。

自分で言うのもいやらしいですが、
「すごい」
と思います。
複数の方からも予想的中が「すごい」とメールを頂きました。
ありがとうございました。

さて、問題は朝青龍。
"強さ"と"もろさ"が共存していましたね。
でも、白鵬との一戦を見ると、まだまだ強いと思います。
白鵬が左上手を切られる姿なんて滅多に見られません。
それができるのは現時点ではこの力士しかいないはず。
きっちり稽古して、
私が見に行く来場所には強い姿に復活していて欲しいです。

さて、次はまた溜り席を目指すかな。

           
1 2